RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Drumline Soundtrack」
drum.jpg

Dallas Austinを題材とし、Nick Cannonが主演を務めた映画のサントラ『Drumline Soundtrack』を御紹介。Nick Cannonと言えば“第二のWill Smith”と呼ばれた若手人気俳優で、MCとしてソロアルバムも出している人物。ここ最近ではMariah Careyとの電撃結婚で有名になりましたよね。僕は映画の方はまだ観ていないのですが、本作は購入。参加している面子が豪華ですし、Dallas Austin関与となれば期待もしますし。
それではどういった楽曲が収録されているかというと……まず幕開けを飾るのはDallas Austin製作の「Been Away」で、Q "The Kid"なる人物にJermaine Dupriをゲストに招いた一曲。マーチングバンド風のイントロから流れ込むサウンドは、ちょっとDallas Austinっぽくない硬派なトラックで驚き。しかし途中でMichael Jackson「I Wanna Be Where You Are」をぶつ切りで引用する辺りの、その遊び方がDallas Austinっぽいのかなぁと。続く「I Want A Girl Like You」もDallas Austinが製作、ここではJoeが主役を務めゲストにはJadakissを選択。Whodini「I'm A Ho」をサンプリングした軽快に疾走するライトな曲をJoeが艶っぽく、Jadakissが荒く演出していてグッド。「Blowin' Me Up(With Her Love)」は’NSYNCでJustin Timberlakeと共にリードヴォーカルを務めたJC Chasezのソロ曲、Dallas Austin製作の南国っぽいフルーティーなトラックも途中で色々転調を起こす面白い癖のある一曲。僕はJC Chasezの男っぽい力強い歌い口も大好き、Justin Timberlakeに負けずもっとソロで活躍して欲しいです(熱望)。「Club Banger」はなんとも濃く暑いフロウが魅力のPetey Pabloが登場、Focus製作のべコベコなサウストラックが重くてグッド。「Faithful To You」はSyleena Johnsonの楽曲、これは彼女のアルバム『Chapter 2 : The Voice』で既出。続くAlicia Keysも既出曲ですが、ここでは相棒のKrucial KeysがRemixを担当した「Butterflyz(Krucial Keys Remix)」を提供、やはりAlicia Keysの打ち出す世界観はディープで黒いですねぇ(感嘆)。Monica登場の「Uh Oh」はDallas Austin製作曲(ソングライティングはKandiが担当)、シンプルな電子音で跳ねるこの曲、MonicaとDallas Austinが流石の相性の良さを魅せつけます。爪弾くギターにオルガン(?)っぽい音が絡むあまりにブルージーなRaheem Devaughnの「My Own Thing」なんかもイイ感じ、クレジットが無く製作が誰かは不明ですが、Raheem Devaughnのコクと深みが出ていますよね。「What You Waitin' For」はNivea、「Peanuts」はMC集団のNappy Roots、「I'm Scared Of You」はNick CannonがRon "Amen-Ra" Lawrence製作のトラックでラップ。どれも良いですが個人的にテンションが上がるのが、Too ShortとBun Bが組んだバキバキ暴れる「Shout It Out」。Too Shortのちょっとオトボケな声とは対照的に、Bun Bの骨太な声が好き、製作がDallas AustinとJazze Phaというのも異色。

こういうサントラにしか収録されていない楽曲ってのも良いですよね、普段は聴けない組み合わせがあったりして。そういう意味ではそんな目新しい驚きの人事ってのはないですが、Dallas Asutn関与というだけあってなかなか普通に素敵な一枚です。映画も観たいんですけどね、てか観なきゃですよね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment