RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「You Got Served」
b2k-you.jpg

B2KとMarques Houstonが主演した青春ダンス映画のサントラ『You Got Served』を御紹介。この映画はB2KとMarques Houstonが所属(というかMarques Houstonは副社長)するレーベルT.U.G.(The Ultimate Group)が製作、監督を務めたのは社長のChristoper B. Stokesなんです。この映画自体もなかなかダンスシーンなんかは凝ってて見応え有りで僕は大好き、ストーリーも分かり易くハッピーエンドですしね。
そんな映画も僕的にはナイスだったサントラはと言いますと……これが殆どB2Kの新作と呼べる程の新曲揃い、B2K愛好家だった僕には嬉しい一枚となっています。まず幕開けを飾るのはB2KにFabolousが加勢する「Badaboom」、製作はTonny ScottとMarques Houstonが共同で担当。アジアン異国情緒漂うトラックにギターが絡む様は完全にR.Kelly流儀、なんですがまぁここは愛嬌で乗り切りましょう。ゆったりしたグルーヴに、Fabolousの余裕たっぷりなラップが絡むなかなかの一曲。続く「Do That Thing」では映画にも出演していたLil' Kimが参加、制作はJazz Nixonなる人物。浮ついたトラックに起用に絡むOmarionは巧者、こういうトラックも単純にノレて好きですけどね。しかし本作で最も好きなのはやはり地面を揺らす爆弾トラック「Take It To The Floor」、製作はBig Tankが担当。Omarionの早口歌唱でグイっと巻き込まれ、そのままグイグイ引きずられブッ飛ぶアッパーな一曲で、これはかなりテンション上がりますよ(鉄板)。Ishmael L. WindleyとDexter Simmonsが共同制作した煌きスムージーな「Sprung」も最高に溶けます(惚)、こういうセクシーな楽曲もサラリと歌えるOmarionが好き、というかバラードの方が上手いと思います。この繊細で少しひんやりとした感触のあるトラックも素晴らしい仕上がり、かなりポテンシャル高いです。アダルトな色気たっぷりにしなやかに歌い上げる熱情溢れる「Out The Hood」はAdonisが製作、この曲もしっとり濡れたバラードでどろりと深みに嵌ってしまいます(溺)。「Streets Is Callin'」はPruvenと、Ne-Yo周りで仕事していたRon "Neff U" Feemsterが共同で製作を担当。乾いた風を抱きながら心地良く駆けるトラックは、とてもストリート賛歌には聴こえなかったり。B2Kのラップ担当だったLil Fizzのソロ曲「Fizzo Got Flow」はJ Classic製作のギュイギュイ歪んだ電子音が軋む鋭いトラックが秀逸、こうやって聴くとLil Fizzも魅力あるラップしててカッコイイです、ソロでも充分に光ってる。Jheneなる可愛い女性シンガーを主役にB2Kがfeat.された「Happy」はTony ScottとMischkeの共同制作、Jhaneの声質はもうモロにCassieとソックリで驚き。B2Kの兄貴分であるMarques Houstonは「Smile」で登場、製作はMarques HoustonとTony Scottが担当。ファルセットとシャウトを織り交ぜ駆使するMarques Houstonはやはり上手いと思う、もっと評価されてもいいと思うんだけどなぁ(不思議)。Tony Scott製作の「Smellz Like A Party」はOmarionの実の弟(?)であるO'Ryanのアッパー曲(Rufas Blaq客演)、Precison製作の「The One」はATLなる男性グループの楽曲(Johnta AustinがBackground Vocalで参加)、「Can I Get It Back」はTone & Poke製作でXSO Driveなる女性グループ(?)でfeat.としてあのRed Cafeが参加。最後には劇中で使用されていたM.O.P.の代表曲「Ante Up(Robbin Hoodz Theory)」も収録。

車の運転中なんかにサラッと聴くにはうってつけの一枚なんではないでしょうか、B2Kは充分に実力があったから文句無しのクオリティを誇っているし、他のアーティストもしっかりした実力で単なる一派の顔見せって感じではないから良いです。僕的にオススメなのはやはり「Take It To The Floor」と、意外とカッコイイ一面を魅せたLil Fizzのソロ曲「Fizzo Got Flow」で御座います(不意打)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment