RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Boyz II Men「Cooleyhghharmony +6」
cooley.jpg

世界を代表する実力派ヴォーカルグループ、Boyz II Menの記念すべきデビューアルバム『Cooleyhghharmony』の後発盤『Cooleyhghharmony +6』を御紹介。Nathan Morris、Michael McCary、Shawn Stockman、Wanya Morrisの四人で結成され、あの老舗レーベルMotown Recordsが送り出している時点で実力は折り紙つき。今なお最前線で活躍しているベテラン勢で、彼らの曲はどんな人だって(たとえ洋楽に馴染みの無い方でも)一度は耳にした事のある曲ばかりではないでしょうか。
そんな彼らの傑作デビュー盤ですが……もう書いてしまったけれど傑作で御座います(絶賛)。まずは早速Billboardの歴史を塗り替えた珠玉のバラード「End Of The Road」が登場(涙)、製作はL.A. ReidとBabyface(Co製作はDaryl Simmons)の黄金タッグで御座います。この曲がロングヒットを放っている頃、僕はまだR&Bを聴いたりしておらず、かなり後になってこの名曲に出逢いました。この曲に関しては本当にメロディも詞もハーモニーも、全てが素晴らしい美しさで輝いていて、聴いているうちに自然と涙腺緩んで涙がじんわり滲んでしまいます……

道筋の終わりの方に来てしまったけれど
それでも諦められない
離れるなんて不自然だよ
君は僕のもので、僕は君のもの


……何度も繰り返し歌うこのフックに、何度と心を打たれたか(刹那)。Babyfaceは多くの名曲を誕生させていますが、この「End Of The Road」がもしかしたら歴代第一位の傑作といってもけして過言ではないでしょう(大絶賛)。続く「Please Don't Go」はDallas Austin製作曲、これはDallas Austinの甘過ぎずにほんのり爽やかハーブなメロウ側面が押し出されたミッド曲。雷鳴の轟きと共に別れ際の恋人の会話から始まる「Lonely Heart」もDallas Austin製作、ここでは悲しくも切ない大人なほろ苦さの詰まった失恋曲を提供、聴いているだけで悲しい気分になります(落)。ちょっぴり煌く柔らかな「This Is My Heart」もDallas Austin製作、こうやって聴いているとやはり黄金期のDallas Austinはイイ仕事してます(惜)。冒頭からBoyz II Menの濃厚なコーラスワークを堪能できる「Uhh Ahh」はBoyz II Men製作曲(Co製作はFred Jerkins)、歌える上にこういうメロディセンスも兼ね備えているのも彼らの魅力のひとつ。そして僕のお気に入りの一曲でもあるのが「It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday」、製作は再びDallas Austinが担当。この曲はほぼBoyz II Menのアカペラで進行、彼らのコーラスワークの神業をじっくりどっぷり溺愛する事が出来ます。彼らの魅力を最大限に引き出し、且つ心の琴線に触れる切なくも美しい失恋メロディを編み出したDallas Austinの素晴らしさに拍手。続いてもBoyz II Menのハーモニー炸裂のアカペラ曲「In The Still Of The Night(I'll Remember)」、これはBoyz II Men製作という事で彼らがやりたかった王道(シュデュ♪シュビデュ♪)スタイルなんでしょうね。Dallas Austin製作の「Under Pressure」は、出だしこそ静かですが途中からDallas AustinらしいHip Hopテイストのダンスチューンでちょっぴり本作では異色。「Little Things」「Your Love」はTroy TaylorとCharles Farrarから成るThe Charactersが製作を担当、前者はちょっぴり可愛く跳ねた音で、後者は跳ねながらもどこかアダルトな雰囲気を醸し出す艶かしいサウンド。彼らのルーツを織り交ぜたタイトルもカッコイイ「Motownphilly」はDallas Austin製作、この曲の疾走感もカッコ良くて昔から好き。「Sympin」もDallas Austin製作で、あの映画曲「James Bond Theme」を大胆にサンプリング、格好良いですよねぇ(惚)。

兎にも角にも素晴らしいバラード「End Of The Road」が収録されている時点で、購入しなければ不味い珠玉の一枚となっています(断言)。というよりも他にも素敵な曲がいっぱい詰まっていますので、所持して絶対に損しません。や……っぱりBoyz II Menって素晴らしいグループですよねぇ、これからも末永く歌い続けて欲しいです(懇願)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment