RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Timbaland & Magoo「Under Construction Part II」
tim-magoo.jpg

奇才ProducerのTimbalandと彼の高校時代から旧友Magooで結成されたTimbaland & Magooの通算三作目となる『Under Construction Part II』を御紹介。90年代を代表するだけでなく、今でも現役最前線で素晴らしい楽曲を提供し続けるTimbaland、そのTimbalandの素晴らしさは言わずもがなですが、僕はこのMagooのラップがかなり好きで聴いてしまう一枚なんです。
それでは内容はどんなものなのか……ここはもうTimbaland御得意のドロっとしたビートを堪能できるディープで奇怪な世界、Timbalandの創り出す音がキワモノ扱いされていたのはいつの話やら。という訳で当然ですが全曲の製作をTimbaland自身が担当、Timbalandは全曲でラップを披露しておりまして、僕個人としては彼の声質も格好良くて好きなので楽しみのひとつ。まずは盟友Missy Elliott女史をfeat.した奇天烈爆発の「Cop That Shit」からTimbaland節炸裂、この三組の相性も抜群でしっくり来るのはやはりファミリーだからでしょう。「Shenanigans」では白人MCのBubba Sparxxxが参戦、このBubba SparxxxとTimbalandの声があまりにソックリで聴き分けがかなり難しい、よ~く聴くと違うんですがね。このBubba SparxxxはTimbaland一派でしたが、今はOutKastのBig Boi率いるPurple Ribbon Recordsに所属している模様。Timbaland一派として最近名前も売れているAttitude参加の「Leaving」、べコボコうねる変態ジャングルビートが妙に懐かしい「That Shit Is Not Going To Work」、SebastianとRaje Shwariをゲストにピーヒャラと鳴る笛音に思わずニンマリしてしまう民族音楽エッセンス強めの「Indian Flute」、細かく刻む打楽器ビートに思わず足バタバタのTimbaland趣味「Can We Do It Again」、カラスの鳴き声がこだまするEminem風味のオカルト曲「Throwback」、早回しの様な声が中毒起こさせる一筋縄ではいかない「Hold Cuts」、誰の曲かは分かりませんが「I Need Your Love」なる美曲をサンプリングしたメロウ路線の「I Got Love 4 Ya」(この曲に関してはあのHeavy Dが製作に関与)と、どれもTimbalandらしい一癖ある中毒性の高いトラックばかりで、もう途中で酩酊してしまいます(意識朦朧)。しかしなんといってもTimbaland & Magooの魅力は、Timbalandの創るトラックではなく二人のラップ、Timbalandの男らしく太い低音とMagooのスーッと伸びる鼻声高音が絶妙なハーモニーでグッドです。あとは面白いゲスト陣でいけば、顔に似合わず綺麗で透き通ったクリアな歌声が美しい(失礼)Brandy参加の「N 2 Da Music」も良いし、あのWyclef Jeanが参加した憂いを帯びた哀愁トラック「Hold On」なんかも最高の仕上がり。というかWyclef Jeanとの合体はかなり驚きなんですが、これが絶妙なマッチ加減で素敵、やっぱWyclef Jeanって雰囲気が良いなと再認識。あと最後の「Naughty Eye II (Hips)」にはBeenie Manが参加、これはTimbaland十八番の細かく刻み続ける打楽器ビート流儀がBeenie Manにうってつけな感じですんなり、Beenie ManもあまりRaggae風味にならなければ好きです(我侭)。

トラックもではありますが、やはり純粋にTimbalandとMagooの掛け合いを楽しみたい一枚ですよね。僕はMagooが特に好きです、結構好き、彼がソロアルバムを出せばきっと購入します(断言)。最近のTimbalandサウンドも良いですが、やはり真骨頂はこういうドロっとジャングル民族っぽいサウンドだと思います、最近のTimbalandに飽きたら聴いてみる価値ありです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment