RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Soulja Boy Tell 'Em「Souljaboytellem.com」
Souljaboytellemdotcom.jpg

一気にスターダムへとのし上がった当時弱冠17歳のSoulja Boy Tell 'Emのデビューアルバム『Souljaboytellem.com』を御紹介。このSoulja Boyは本当に当時はかなりヘヴィーに掛かってましたよねぇ、もう何処に行っても皆が彼のダンスを踊っているという(笑)。彼は本当にトレンドを取り入れるのが上手かった、あの集団でのダンスは病み付き若者続出、遂にはあのBeyonceまでもが踊ってましたから。デカデカのTシャツに修正ペンで名前書いたサングラスも奇抜、面白い奴です。
そんな流行に乗っかって購入した本作……今更こんな所で記事にしている僕もどうかと思いますが、まぁ予想通りの内容になっていましたよね。Exective ProducerがあのMichael "Mr. Collipark" Croomsとなっていますが、収録曲の殆どをSouljaboy自身が製作しているというのには驚き、なかなか頑張っています。そんなSoulja Boy製作曲から触れますと、やはり本作を語る上で外せないのは「Crank That(Soulja Boy)」。“ゆ~ん♪”と指パッチン、スッカスカのトラックに呪文の様に繰り返すフロウ、そしてあのユルユルで覚え易いダンス、現行Hip Hopの売れる要素をガッツリ取り入れた17歳らしいアプローチが憎めない。つんざめく電子音にピコポコな電子音が絡む“え~~~~~~~あ~”がちょっとやかましい(笑)「Snap And Roll」、クラスメイトだというArabをfeat.したこれまた音数の少ない「Bapes」、スナップスに銃声を鳴らしてビートを構築した疾走系の「Let Me Get Em(Shootout)」、ドンドン言って勢いで乗り切ろうとする「Donk」、Rich Boy「Throw Some D's」のフレーズを引用した重量級の「Report Card」、途中途中でYing Yang Twinsばりの囁き加減も混ぜ込む「She Thirsty」と、Soulja Boy製作曲はどれも一本調子に感じてしまい、ちょっと飽きてしまうかもってのが難点。彼以外の製作曲は、The Package StoreとMr. Colliparkが共同制作した胸焼けしそうな「Sidekick」、Arabが製作&客演で参加した「Pass It to Arab」、再びThe Package StoreとMr. Colliparkが共同制作した早回し系の甲高い声が面白く響き渡る「Don't Get Mad」と、これまたどれもが可もなく不可もなくな仕上がりでガッカリ(肩落)。でも中でも唯一のメロウ系となったLos Vegaz製作の「Soulja Girl」は良かった、この曲が無かったら本当にただノリだけを先行したつまらない一枚で終わってたかもしれません。ここで歌声を披露するI-15はどこかT-Pain的な歌い回し、“こんな風にステップ出来たら、君はもうソウルジャガールさ♪”と歌うフックも僕は単純に好き。

僕も大概ノリでHip Hopを聴いていますが、ここまでノリ重視になるともう疲れる、そこまで若くありません(腰痛)。Soulja BoyはもしかしたらProducer側に回った方が上手くいくのかもしれません、エッセンスの取り込み方は若いだけあって上手い。あの大御所Ice-Tが苦言を呈すのもなんとな~く分かる気もしますが、これも今のHip Hopの形なんですよね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment