RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Changing Faces「All Day, All Night」
cf-adan.jpg

Cassandra LucasとCharisse Roseによる美人デュオChanging Facesの通算二作目となる『All Day, All Night』を御紹介。このChanging Facesでいえばまず特筆すべきはあのR.Kellyが大きく関わっているのでも有名、なんですが……やはり男性陣からすれば彼女達のその美貌に酔い痴れてしまうところ、本当に歌声に負けずそのルックスが素晴らしいんです(誉)。
そんな見目麗しさに負けない内容はどうなっているか……まず本作は一枚なんですがキッチリ半分で“All Day”サイドと“All Night”サイドで構成されています、そういう造りからして僕はもうツボ。まずは前半の“All Day”サイドから、幕開けからR.Kelly製作の「G.H.E.T.T.O.U.T.」の登場。ゆったりしながらもどこかHip Hop空気も感じるナイスなスターター。「My Lovely」はJamey Jaz製作曲、爽やかに煌くトラックにChanging Facesの透き通る歌声が重なる蒼曲。「Thinkin' About You」はBryce Wilsonが製作を担当したちょっぴりHip Hop風味の聴いたミッド曲、街中でラジオ(有線)からこんな曲が流れ出したら一発で楽しい気分になります。二人以上の重ね声が聞こえて不思議になる「I Apologize」はRonald PittsとRon Kigoreによる共同制作、こういうとろ~り溶けそうなグルーヴィーさがたまらなく心地良い、素敵。Robert PalmerとHaward McCraryによる美しさ際立つ「Time After Time」なんか名曲中の名曲、Cyndi Lauperの同名曲のカバー。しっかし原曲も素敵だけれど、このChanging Facesのハーモニーに包まれた「Time After Time」は殊更と秀逸で素晴らしいですね。僕が個人的に楽しみにしていたのが、King Of N.Y.ことJay-Zが参戦した「All Of My Days」。製作もR.Kellyという事で息もピッタリ、ほんのりダークなトラックにJay-Zのフロウが光冴える好楽曲。そんなR.Kelly製作の「All Day, All Night」はもうどっぷり浸かり溺れてしまう深みのあるスロウ曲、やっぱりR.Kellyの作るスロウには色気が尋常なく漂うんですよ。続いては“All Night”サイド、Robert Palmer製作の「My Heart Can't Take Much More」の優しく澄み切ったメロディも、Reese Jackson製作の怪しげな「Goin' Nowhere」も、これまたReese Jackson製作のクールに踊りだしたくなる「No Stoppin' This Groove」も、Kiyamma Griffin製作でOne Two Three「Don't Cross Me」を下敷きにしたファンキーな「All That」とどれもクールでカッコイイ。しかし中でも格好良いのはAllen "Allstar" Gordon製作の「I Got Somebody Else」で決まり、奥底から響くベース音で始まるこのトラックはThe Average White Band「Person To Person」をサンプリング。この曲でもうひとつ特筆すべきはVocals ArrangeでAndrea MartinとIvan Matiasの二人が関わっている点、とにかく格好良いグルーヴに包まれます。

こんなに素晴らしい女性デュオはそうそう現れないでしょうねぇ、しかもこんな美人なんだから凄まじいクオリティですよ(奇跡)。ここ最近はまったく名前を聞きませんが、何処でどうしているんでしょうか、また是非この素晴らしいハーモニーを聴かせてもらいたいです(熱望)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment