RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fantasia「Side Effects Of You」
fantasia-side-effects-of-you-thelavalizard1.jpg

大人気番組“アメリカンアイドル”出身にしてGrammy受賞シンガー、Fantasiaの通算四作目となる『Side Effects Of You』を御紹介。音楽活動は順風満帆そのもの、実力に違わぬ人気を誇るのも難しいトレンド重視な音楽業界の中で見事に生き残っていますね。ただプライベートでは不倫が報道され、自殺を図るも未遂に終わり病院に搬送されるなんて事件も起きましたね。真偽の程はわかりませんが、2011年には男児Dallas Xavier Barrinoを出産(父親は公表されていない、ハズ)などおめでたいこともありましたっけ。まあ、そんな下世話な話は音楽語るうえでは無意味ですね、見事に刈られた横髪がワカメちゃんみたいで面白いですね。
それではザックリ中身を御紹介しますと・・・・・・まず本作を語る上で外せないのが製作陣、なんと本作はH-MoneyことHarmoneyがほぼ全曲を制作しているのです(拍手)。R&B愛好家としてはこのH-Money全面関与というのは、かなり大きな魅力だと思うんですが(自己見解)。まずはあのBig K.R.I.T.を客演に招いた「Supernatural Love」で華々しくもドぎつくスタート、いかにもFantasiaな図太くて厳ついメロディが漆黒のグルーヴを唸らせてツヤ光りする一曲。サンプリング無しなんですが昔のファンクナンバーを彷彿とさせる火の吹き様、Big K.R.I.T.のバフバフしたソウルフルなラップもバッチリお似合いで最強のコンビネーション魔法(一撃必殺)。冒頭はどことなくレゲエテイストなマッタリまろやかなメロディの垂れ流しがセクシーな「Ain't All Bad」も、途中で一気に絢爛なシンセがキラキラ降り注ぐ転調が華麗で、そのネットリ感とシャイニー感の対比が素晴らしく面白い。Fantasiaのヴォーカルスキルが発揮されている「If I Was A Bird」も、ヅタヅタッと硬く打ち鳴らすビートとひらひら花弁のように舞うピアノ旋律(あとストリングスもまるで映画さながら)が、正反対ながらもゆっくり巧く絡み合い、結果とんでもない華麗さを放つミッド。「Without Me」ではKelly RowlandとMissy Elliottという才女二人を呼び寄せた、最強クールなアマゾネススロウを展開。のっけからいきなりデロンデロンなスクリューをお見舞いし掴みはOK、でもって洞窟内に滴るポタポタミネラルみたいな透明なピコポコ音が妖艶に輝くんだからハマる(溺)。ジッパーみたいにギュイギュイ言う効果音やドゥバドゥバ言わす口音など、Timbalandを擦ったようなトリッキーなサウンドが飛び出る飛び出る(笑)。しかし一番の魅力はやっぱり、こんなシットリ静寂系のトラックに合わせて淡く歌えているFantasiaの力量。生バンド演奏を伴ってファンキーにスウィングしまくる「Get It Right」のはっちゃけ感は痛快、思わずツイストしながら叫んでしまうノリノリゴキゲンな一曲(死語)。ソングライトにEric Bellingerが関与しているのも見逃せない「So Much To Prove」でも、ボムボムと投下して炸裂する爆弾ホーンを切り抜け滑走するFantasiaが格好良過ぎて痺れてしまいます。じっとり湿気混じりな電気弦音の唸りが鼓膜にへばり付いて離れない「Change Your Mind」も艶やかファンクを構築していて神懸かり、でもここでもフックでは煌びやかで清涼なメロディを絡めてキャンディみたいな甘さも入れちゃう憎さ。「Lighthouse」では突然とFantasiaがラップ調の歌をこねくり回し、ポップでガーリーなトラックを転がす飛び道具もアリ。まるで70年代か80年代みたいな爽快エレクトロサウンドを柔らかく絡めた、紺碧アクア仕様な潤いたっぷりミッド「Lose To Win」も巧いの一言に尽きる。と思うのもそのハズ、ここではH-MoneyベテランのAndrea Martinと共同制作しているのですから(懐)。サラサラとした繊細なメロディ&ヴォーカルが綺麗な「End Of Me」や、アクアブルーな海に思い切りダイブしたような爽快感とスプラッシュ感がスロウモーションで脳内に過る「In Deep」での、水面波紋みたいにじわじわ浸透するFantasiaの歌声もどれも素晴らしい。あとH-Money以外で一曲だけ、Naughty Boy制作(ソングライトにはEmeli Sande)の悲壮バラード「Side Effects Of You」もありまして。これがいかにもこのタッグ制作なドラマチックで壮大な、悲しく冷たく凍えそうな氷結バラードで、Fantasiaの痛々しくも圧倒的なヴォーカルが炸裂する強く美しい一曲(感動)。

素晴らしい、僕はそこまでFantasiaの歌声は得意でないのですが(素直)、ここはH-Moneyのサウンドが素晴らしくてかなりツボりました(溺)。という訳で、トラックのみで考えた場合は本年度のR&B五指に入りかねない出来映えで御座います。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment