RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Will Smith「Willennium」
will-willenium.jpg

五本の指に入る程の人気俳優といってもけして過言ではないWill Smithのソロ通算二作目『Willennium』を御紹介。僕は俳優としてのWill Smithも大好きですし、勿論MCとしてのWill Smithも大好きです。だからこのアルバムも当時はかなり聴き込んでいたのを思い出します、今でもお気に入りの一枚で御座います。
それでは内容に触れてゆきますと……まずはTra-Knoxなる人物をゲストに招いた「I'm Comin'」で幕開け、Rob Fusari製作の荒涼トラックがWill Smithの二枚目っぷりを強調していてグッド。続く「Will 2K」は本作からのヒットシングル、制作はTrack MastersことPokeとToneのコンビが製作。The Crash「Rock The Crush」を下敷きにした激アッパーなパーティーチューンは完全にWill Smithの独壇場で僕は乗らずにはいられない、。、邪道だという方も居るかもだけど、これもHip Hopの醍醐味だと僕は考えます。しかもこの曲ではあのK-Ciが熱くしゃがれた歌声をガッツリ披露、これも僕の中での高得点に繋がっています。その勢いそのままに流れ込む「Freakin' It」のパーティー加減もたまらない、PokeとToneのこういう作風も素敵じゃありませんか。「Da Butta」はなんとあのNaughty by Nature のKay Geeが製作を担当、元ネタはL.T.D.「(Every Time I Turn Around)Back In Love Again」で御座います。超ゴキゲンなトラックにファニーなWill Smithのラップと、“Queen Of Bitch”ことLil' Kimの貫禄あるラップも絡む豪華曲。「Who Am I」ではRodney "Darkchild" JerkinsとHarvey Mason, Jr.(製作チームThe Underdogsの片割れ)による共同制作、ゲストに女性シンガーTatyana AliとMC Lyteが参加。爽やか夏仕様の蒼メロウなトラックに絡む三人がリラックスしてて気持ち良い、一聴すると一時期のSwizz Beatzを髣髴とさせるトラックも好き。Sauce製作のアダルトな香りプンプンの「Afro Angel」も違った印象を生んでいて格好良い、コミカルなWill Smithも好きですがこういうしっとりしたトラックも好き、Will Smithの声って低くてカッコイイから。「So Fresh」では盟友DJ Jazzy Jeff(A Touch Of Jazz所属)がスクラッチ&製作で参加、そのうえこの曲にはBiz MarkieにSlick Rickと伝説MCが勢揃い(興奮絶叫)。これでQ-Tipなんかが参戦してたら僕的には最強でした(残念)、Slick Rickが途中で「Sukiyaki」出す辺りが痺れますよねぇ(笑)。続く「Pump Me Up」もDJ Jazzy Jeff(製作&スクラッチ)との最強タッグ、これはもうただ頭振って音楽を楽しむ以外ない、DJ Jazzy Jeffの早業スクラッチに失神寸前になります(神憑)。DJ Jazzy JeffはKeith Pelzerと共に「Can You Feel Me?」も製作、Michael Jackson「Working Day And Night」を下敷きにしたこれまたゴキゲンに疾走するスピード感は痛快、そのうえあのEveがカッコ良いラップを聴かせているんだから間違いない。あとはStringsにLarry Gold参加のDJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince名義で製作の「Potnas」、DJ Jazzy JeffとDarren "Limitless" Hensonの共同製作曲で女性シンガーBreezeを招いた「No More」なんかが注目曲。しかし最も注目なのはあのJill Scottをゲストに招いた最後曲「The Rain」、製作は先述のDJ Jazzy JeffとDarren "Limitless" Hensonコンビ。Deniece Williams「I Believe In Miracles」を下敷きにした悲しみを含みながらも瑞々しく美しいトラックは極上の出来、そこにJill Scottの慈愛に満ちた歌声が優しく重なってより感傷的な気分になるナイス過ぎる一曲(眩暈)。でもやっぱりテンションが最も沸点に達するのは同名映画のタイトル曲「Wild Wild West」でしょう、陽気にダンサブルにノリで突き進む西部劇っぽいトラックはRob Fusari製作。このトラックだけでも良いんですが、そこに僕の大好きなDru Hillの歌声が絡むからも~うハイテンション(興奮)、ちょっぴり使ったKool Mo Deeも面白くて好きですよ。

なかなか侮れない内容に、再び聴き直した僕自身が驚きました(笑)。製作陣もゲスト陣もなかなか豪華ですし、DJ Jazzy Jeff & The Fresh Prince時代からのファンでも楽しめる一枚に仕上がっているんではないでしょうか。これからもWill Smithには多くの作品を(音楽にしろ映画にしろ)ドロップして頂きたいものです。
スポンサーサイト



Comments

No title
Jazzy Jeffはアルバム出しましたけど前に一緒に組んでたFresh Princeはいつまで経っても出さないですね~。ウィルスミス関係ないですが・・・。

でもなぜかハンコックは見たいです・・・。
No title
ん?Fresh PrinceはWill Smithの当時のMCネームですよねぇ?

あ、もしかしてWill SmithではなくFresh Prince名義でもう一度活動して欲しいという意味ですかねぇ、まぁどちらにしろDJ Jazzy Jeff & The Fresh Princeでの活動も再開してくれたら良いのにですね★

僕もWill Smith映画のファンです(とは言ってもそんな観てませんが)、一番のお気に入りは『Hitch』で御座います。

Leave a Comment