RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Havoc「13」
NSD158.jpg

90年代の東海岸Hip Hopシーンの立役者であるMobb Deepの片割れ、Havocのソロ通算三作目となる『13』を御紹介。もはや東がどうの西がどうの、南だ中西部だなんて地域性は無くなったHip Hop界、なんですがやはり僕世代はNew Yorkの王権復古を望んでいる訳でして。そんなNew YorkはQueens出身のHavoc、Mobb Deepとしても有名ですがProducerとして数々の楽曲を制作してきたベテランでもあります。最近はTwitterをハッキングされて、相棒であるProdigyを口撃されるなど、Mobb Deepが果たしてうまくいっているのか分からない節もありましたが、今年でMobb Deepがデビュー20周年という事で、揃ってツアーを行うなど本格的再始動をしている模様。しかしこのジャケットがたまらなくカッコ良い、今年リリースされたHip Hop作品の中でも一、二位を争うクールさだと思われます(個人的見解)。
それではザックリ簡単に内容を御紹介・・・・・・まず制作に関しては当然Havoc自身が全曲のトラックメイクを担当、でなければHavocのソロ作品を聴く意味はありません。まず「Gone」からして荘厳でシリアスなメロディが吹き荒ぶ感触がザラザラ耳に残る、Havocのちょっとキー高めのラップがひたすらビートと共に吐き出される(鬼気)。ベインベインと弾くベース弦の旋律に、ザクザクとキックする硬質なビートがハードコア度を高める「Favorite Rap」も神懸かりな格好良さ。しかも客演にはStyles P.とRaekwonという鉄人が揃い踏み、雨に濡れたアスファルトみたいにギラギラ厳つく輝くゴツゴツのトラックに乗せて、硝煙みたく焦げ臭くゆらゆら揺らめく三者のマイクリレーが鼓膜に風穴を空けます(一撃)。「Life We Chose」でも玄人ウケ間違い無しなLloyd Banksが客演参加、ゆったりと蹴るビートはどこか水中に沈みながら聴く泡の音のようなエコーを含んでいて、その円やかでカーヴィーなビート&メロディにLloyd Banksのしゃがれてスモーキーなキナ臭いラップが静かに火を吹く感触がたまらない。要注目の男性シンガーMasspike Milesが客演参加したメロディアスな「Colder Days」、ズブズブと蹴り込まれるドープなビートに滑らかにグラインドするメロディが氷雨のようにドラマチックに降り続く一曲。シンプルなフックループ構成が90年代を思わせる「Get Busy」も、繊細で冷徹なピアノ旋律をバラバラに散りばめた、いかにもHavoc流なシリアスで刺々しい一曲でグっとくる。ピコポコした電子音をポンピングさせながらどろーっと電子音を垂れ流すアメーバチューン「Eyes Open」は、Twistaの相変わらずキレキレな神風ラップが聴き手を切り刻む援護射撃が味噌ですね。「Tell Me To My Face」ではこれまた実力者Royce Da 5'9"が客演参加、こういうメロディ主導のドラマチックな楽曲でもバッチリきめてくれます。再びMasspike Milesが客演参加して甘酸っぱくもソウルフルなヴォーカルで妖艶に煌めく「This World」も、細やかなストリングスを多用しつつ、ラグジュアリ且つ艶っぽく流麗に仕上げるスマート過ぎるミッドでたまらない(昇天)。無骨なドラムパターンに夜霧のように冷たく広がるシンセが鼓膜を覆う「Already Tomorrow」、アジアンなメロディが絢爛に巡るオリエンテッドなドリーミーミッド「Hear Dat」。90年代のHip Hopが背景にしていたNew Yorkの荒涼としたストリートの喧騒や殺伐さを含んだ、モノクロ仕様の「Gettin' Mines」の格好良さは神の領域、涙に似たしょっぱい潤いを含んだHavocのラップが鼓膜にビンビン刺激をくれる一曲。最後はどことなーくKanye Westがやりそうな電子音の歪みとビートとドリーミーさをマーブルに混ぜ合わせた「Long Road (Outro)」。最後を締め括る「Can't Sleep」はボーナス曲扱いの様、しかもこの曲だけあのStatik Selektahが制作を担当しております。硝子細工のように繊細で青白く輝くピアノ鍵盤の音色をループさせ、Havocの燻し銀な45口径ラップが撃ち放たれるド渋い一曲。

抜群の安定感、目新しさなんか無いけれど、この燻し銀でゾクゾクする感触はここ最近じゃ味わえない(懐古)。Havocのトラックメイクのセンスも衰えていなく、聴いていてあの頃のHip Hopを思い出させてくれる鋼の楽曲の連続。そこにいかにもHavocが好きそうな通なゲスト陣が華を添える、硬派なHip Hopリスナーなら涎を垂らさずにはおれない布陣でそこもナイスでした。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment