RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tyrese「Alter Ego」
tyrese-alt.jpg

超実力派シンガーながらも俳優としても活躍するTyreseの通算四作目となる『Alter Ego』を御紹介。アルバムタイトルに“別人格”と銘打ってある通り、本作ではTyreseがBlack-TyなるMCとしての楽曲も収録した豪華二枚組となっております。彼の歌声に惚れ込んでいる僕からすれば、彼のラップを聴きたいとはそんな思わないんですがねぇ、まぁ楽しみにしましょうね。
そんなこんなで本作の内容紹介なんですが……まずはTyrese名義(R&B曲)のDisc 1から御紹介しましょうかね。まず幕開けを飾るのはThe Underdogsが製作した「One」、もうこの曲で僕の心はドロドロと溶けてしまいましたよね(惚)。美しい、Tyreseの甘ったるくないのに甘さも兼ね備えたジェントルマンな歌声がたまりません、素晴らしい声の持ち主。続く「Lights On」は最近のR&B流儀のプカプカの浮かぶスペーシーなトラックで、製作はC. "Tricky" Stewart(ソングライティングにはSam Salter)という事ですんなり納得の出来栄え。「Turn Ya Out」は驚きのLil Jonが製作&ゲストで参加、カラッと乾いたギター旋律を交えたトラックは上質メロウながら、後ろで鳴り続けるパーカッションはやはりLil Jon趣味で一味違って面白いですよねぇ。「Come Back to Me Shawty」は再びThe Underdogsが製作を担当、伸びやかで煌いたフックが清清しくて気持ち良い神秘曲でかなりツボで御座います(輝)。そのThe UnderdogsとTankが共同制作した「Better To Know」も上質中の上質な一曲でどっぷりと溺れてしまいます、これでTankとのデュエットだったりするともっと熱かったのに(我侭)。イントロの哀愁ピアノ旋律ですぐに彼のソレと分かってしまう「Gotta Get You」は、御存知Bryan-Michael Coxによる製作曲。これはまるでMarques Houston「Circle」の焼き直しの様に酷似してますが、これがBryan-Michael Cox節なんだから、僕はコレで良いと思います。しかし心を切なくギュッと締め付けて離さない悲しさがこもってて、詞が分からなくても涙が出そうになってしまいます。「Morning After」はAntonio DixonとEric Dawkinsによる共同制作曲、ゆらゆらと揺らめきながら深海を漂っているかのような不思議な感覚が癖になる、セラピーメロウな一曲でこれもグッドです。空間を活かしながらフックで歌声を多重に重ねた水滴音もナイス配置の「Hurry Up」は、天才R.Kellyが製作を担当した一曲。この曲の持つ圧倒的な魅力(存在感)は流石はR.Kellyといった仕上がりで圧巻、こういう秀逸トラックをすんなり他人に提供してしまうR.Kellyも凄いですよねぇ(感服)。続く「Signs of Love Makin'(Part II)」もR.Kellyが製作(Co製作はBryan-Michael Cox)で、ここではゲスト参加して歌声も貸しています。ここでの歌いまわしなんかはモロにR.Kelly流儀で彼の独壇場、でもどちらも良い掛け合いで素敵、期待はけして裏切りません。最後を締め括る「Better Than Sex」は再びAntonio DixonとEric Dawkinsによる共同制作曲、ここでのフックでのTyreseの熱く熱情込み上げる歌い方が最高に艶っぽくて鳥肌モノ(失神寸前)、夜に恋人同士で居る時にこんな曲が掛かったら……もう愛し合う以外に手は有りませんね(妄想)。
とここまでがTyrese名義、続いてはBlack-Ty名義であるDisc 2を御紹介。ここでは流石はTyreseという人脈で豪華なゲスト陣が脇を固めていて、完全に喰われている気がします(苦笑)。Scott Storchが相変わらずのダークで重苦しいビートを構築した「Get It In」ではMethod Manが参加、まるでFat Joeが出現しそうなトラック上で煙たく舞うMethod Manはやっぱり燻し銀な格好良さで耳奪われます。久々に聴くとScott Storch節も悪くない、てか僕は元々好きなんですけどね。Siegeなる人物が製作したシリアスな「Get Low」ではToo ShortにSnoop DoggにKuruptの西海岸の超ベテランが勢揃い、ここまでキャラの立ったMCばかり揃えてしまうと(特にSnoop Doggのあの気だるくユル~いフロウが絡むと)勝ち目無いですよね。Wali Ali製作のちょっぴりRaggae風味の混じったサウスバウンスな「U Scared」では、David Bannerに若手Lil Scrappyが参戦。あの灼熱暑苦しいDavid Bannerが相変わらずの存在感、Lil Scrappyはまぁまぁの仕上がりかな。Mannie Fresh製作の「What It Is」なんかはトラックが完全に暴走、このトラックは俄かMCのBlack-Ty(Tyrese)には勿体無さ過ぎる(惜)、流石は面白いトラックメイク。Snoop DoggとKuruptが参加した「Roll The Dice」も二人が前面だし、The GameとKuruptが参加した激メロウな「Ghetto Dayz」なんかはThe Gameの新たな一面を魅せた一曲、この曲に関してはTyreseが現れてスムーズな歌声を披露しているから好きです。Black-Ty単独の楽曲では「Roses」が好き、Siege製作のGladys Knight & The Pips「The Makings Of You」使いのソウルフルトラックが光るばかりですが(断言)。

Tyreseは今まで通り大好きですが、僕的にはBlack-Tyはそんなどうでもいいかなぁといった印象でした(笑)。でもDisc 1、つまりTyrese側面の方は申し分なく素晴らしい仕上がりで流石、R.Kellyの参加も功を奏していて良かったです。ルックスも申し分の無いシンガーですからね、これからもどんどん歌声を披露して頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment