RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Joe「Doubleback: Evolution Of R&B」
o0500050012588380821.jpg

90年代を代表する屈指の名バラードシンガー、Joeの通算十作目となる『Doubleback: Evolution Of R&B』を御紹介。スキンヘッドでここまで格好良いシンガーは他にいないですね、いつまでもデップリと肥える事もなくスッキリした爽やかな歌声をソウルフルに伝えてくれているのも嬉しい限り(貴重)。本作はかのKedar Massenburgが新設したレーベル“Massenburg Media”からのリリース、そしてタイトルには“振り返り”“進化する”と銘打つ訳だから、もう興奮するほかないですよ(垂涎)。すべてを脱ぎ捨てまっさらな裸身を褐色の背景に溶け込ませた、このシンプルなジャケットも100点満点ですよ。
それでは能書きはほどほどにして感想をちょこっと・・・・・・まずはJoeが制作した楽曲からズラリ紹介、半分にあたる自身で手掛けております。まずは冒頭を飾る「Something For You」は、スプスプと擦られたスクラッチにまろやか滑らかなホーン、幾重にも織られたシルクの如きJoeの歌声と、どこを切り取ってもエレガントなソウルで彩られた素晴らしい一曲。穏やかな中にもファンクっぽい気丈さも見え隠れ、絶妙な匙加減ですね。もうこれ以上ないって程に澄み切った微炭酸なメロディが甘くほんのり香る「Magic City」、ポロリポロリと爪弾くアコースティックギターを聴かせたメロディが柔らかふくよか、ちょっぴりヴォーカルエフェクト施したJoeのアクア仕様なヴォーカルも見事にはまっております。古き良きソウルマナーをこれでもかと踏襲しつつ、Joeらしいしとやかさとラグジュアリ感を芳しく漂わせるバラード「Sexy」は最高にセクシー(腰砕)。洗い立ての真っ白なシーツを纏って男女が肌を絡ませる様な、そんなスベスベした心地良さがふんわりと香る華麗なメロディ、Joeの甘くてそっと触れるようなフェザータッチのヴォーカルは鳥肌モノ。闇を纏い美しくも妖しく輝く月灯りのような、じっとりとした色香を漂わせる弦音がたまらなくそそる「Mary Jane」も素晴らしい。Joeでしか出せないアダルトで官能的なムードがむわっと蒸せ返るような温度と、それでいて甘くてゆったりリラックスしたマーブルグルーヴを紡ぎ出す不思議な艶やかミッド(昇天)。ラストを飾る表題曲「Double Back」もJoe制作曲、雨のような陰鬱とした湿り気を含んだメロディに、遠くで鳴る細い雷みたいなストリングスが折り重なる、とてもドラマチックで濃厚なR&B曲でハートにしとしと降り注ぐ感触に倒れてしまいそう(溺)。Joeの次に多くの楽曲を手掛けているのはDerek "DOA" Allen、なので彼の制作した楽曲を次は紹介しますと。まずストロボライトみたいに華やぐ、眩いホーンの滑らかな音色がスマートに響き渡るオシャレ爆発なミッド「Easy」、美しい女性と煌びやかにステップを踏んでダンスするようなドレッシーな一曲でグッド。最近のトレンドであるスクリューをバッチリとあしらった「Baby」も蓋を開ければ正当なシルキーR&Bで安心、何度も繰り返す“べびべびべいびー♪”のフックが愛の虜感を増長させてムズムズ感に拍車をかけてくれる、ナイスなジリジリ温度上昇バラード。「I'd Rather have A Love」は真っ正面から歌い上げる王道ソウルナンバーで、指スナップを効かせて歌う感じがまるで星空みたいなキラキラ感を演出しています(夢心地)。それこそ70年代のソウルを復刻させた、Fantasiaとの素晴らしい極上デュエット曲「Love & Sex」は上品でいて官能的という魔法のようなスロウジャム。とにかくFantasiaとの相性も抜群で睦まじくてとっても甘美、あとはもうメロディの鳴りがどれも懐かしくてウットリ胸ときめく(死語)ソウルチューンに仕上がっております(浄土)。あとはあのToo Short(Too $hortではなくなったのかな)が飛び道具的に客演参加した「1 To 1 Ratio」は面白い、Too Shortのモッサリした気の抜けたラップがいなたく滑る感じがナイス。あとは野太いベース音を響かせファンキーに(でもしっとり上品に)スウィングするミッド「Compromise」をStarGateが制作、真夜中に都市高速を滑走しながら聴けば一気にセクシーなジェントルマン気分を味わえるであろうメロウ&クールな一曲。

流石はJoe、本作はほぼすべての楽曲をJoe自身が制作しているのでやっぱりグッとくるんですね(感動)。ここ最近はあちこち外部のProducerに楽曲提供してもらっていたし、それが悪いとかいう訳でもないのですが、やっぱりJoeはJoeが創った音で歌って欲しいのが本音ですね。“進化”についてはちょっと分からないけれど、きっちり“振り返り”R&Bリスナーに原点を魅せて引き戻してくれるナイスな一枚、やっぱり三十目前の僕はこういうサウンドに安心してしまいます(再燃)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment