RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ghostface Killah「Twelve Reasons To Die」
12_reasons_1[1]

カンフー映画『Mystery of Chessboxing』に登場する悪役“Ghost Faced Killer”が名前の由来である、Ghostface Killahの通算十作目となる『Twelve Reasons To Die』を御紹介。言わずと知れた武闘派MC集団Wu-Tang Clanの一員で、デビュー当時はステージネームも相俟ってか白い覆面で暗躍していたGhostface Killah(一説では当時警察に追われていたから、顔を隠さざるをえなかったとも)。Wu-Tang Clanの中でも一番目立って露出の多いMethod Manよりも、Ghostface Killahの方が多くの作品をドロップしている辺り(つまりWu-Tang一派で最多)、彼の実力と人気を窺えますね。本作は同名のアメコミをモチーフに制作されたようですが、僕は全く知りません。あとこのジャケットワークでは、久々にGhostface Killahが顔を覆い隠しているのと(笑)、飛び散った血痕がWu-Tang Clanのシンボルマークを象っているのが印象的かと。
それではザックリと適当な感想を書き連ねますと・・・・・・まずは本作のExecutive Producerを務めるのは、Wu-Tang Clanの頭脳であるThe RZAという事で驚き。しかし実質のトラックメイクはAdrian Youngeが手掛けていて、本作のジャケットにも大きく“Adrion Younge Presents”と銘打つ程のがっちりタッグ。まずは昔の白黒アニメを観ているかのような女性コーラスが被さる「Beware Of The Stare」でスタート、ちらりちらりと鈍い光がのぞくトラックにGhostface Killahの分厚くソウルフルなラップがジワジワ。一つの鍵盤をブアアアアと曇らせ鳴らすメロディに、冷酷無比なドラムスがヅカヅカと叩かれる「Rise Of The Black Suits」も、闇夜に紛れて暗躍するモンスターのようなGhostface Killahの焦げ臭いラップがナイス。オペラのような、はたまた女性の悲鳴のようにトラックを切り裂く歌声がゾクゾクさせる「I Declare」ではMasta Killaが客演参加。ここではJust Blazeなんかが繰り出しそうな電子鍵盤のザクザクした鳴りが格好良く、Ghostface Killahの灼熱ラップと違って、落ち着き払って冷たく尖ったMasta Killaのラップが好対照でナイス。これぞGhostface Killahな泥臭くてファンキーな突破が聴ける土煙上げるアッパー「Blood On The Cobblestones」では、これまたU-GodとInspectah Deckという手練二人を召還。ちびっと聴こえるホーンと途中で挟まるコップを拭き上げる様な細かいスクラッチが面白い、だけれどスピード感はMAX振り切れていない気が。「The Center Of Attraction」では盟友Cappadonnaが客演参加、荒野に吹き荒ぶ木枯らしみたいなトラックは荒涼として殺伐、ビートが無いだけに二人のラップが直接鼓膜を吹き抜ける感触。「Enemies All Around Me」ではWilliam Hartが客演参加、これもまた映画のワンシーンを切り取ったかのような奥行きと情感が滲む生温かい一曲で、老俳優の語りのように渋いGhostface Killahのラップがじわじわと五臓六腑に聴いてきます。再びInspectah Deckが援護射撃をぶっ放す「An Unexpected Call (The Set Up)」はギョピギョピ鳴る鍵盤音をアクセントに、どこかオリエンテッドで艶かしい琴仕様なメロディが滑らかに鳴るミッド。Masta KillaにKilla Sinとキラーが揃い過ぎている「Revenge Is Sweet」は、咽び泣くようなヴォーカルで始まり、そのままグオーングオーンと揺らいで響く寺院の鐘のようなメロディが荘厳としていてグッド。U-God、Masta Killa、Inspectah Deck、Killa SinとWu-Tang Clan一派が揃い踏みの「Murder Spree」は、せっかくこれだけの面子が揃いながらもどこかインパクトに欠けるというか、もっと迫力あって大暴れするトラックが無かったかと惜しいばかり。裸足で裏路地を駆け抜けるような疾走感がある「The Sure Shot (Parts 1 & 2)」は途中で転調あり、最後の「12 Reasons To Die」はインストのみ。

うーーーーーん、僕的にはちょっと物足らなかったかなー。Ghostface Killahらしいド渋くて格好良い一枚なんだけど、なんというか破壊力というかソウルフルさが不足していたような(困惑)。RZA監修という事ですが、彼のテイストは皆無だった気がする。なんというかGhostface Killahには疾走して欲しいというか、彼がラップをした時に感じる追い風や旋風を感じられなかったなー(涙)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment