RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Snoop Lion「Raincarnated [Deluxe Edition]」
Snoop-Lion-Reincarnated-Artwork-700x700.jpg

長きに渡りHip Hop界をゆるーく牽引中のSnoop Doggが、新たにSnoop Lionを名乗って制作したレゲエデビュー作(?)『Reincarnated』を御紹介。西海岸よりギャングスタとPファンクを融合させたG-Funkを背に、一気にスターダムを駆け上ったSnoop Dogg。あの頃はもうギラギラと鋭い目つきで睨みをきかせていたSnoop Doggも、様々な客演をこなしながら(ある専門家の研究では、最多の客演数を誇るのがSnoop Doggとの結果も)Hip Hop界の長老的存在に(個人的見解)。そんなSnoop Doggがデビューから二十年を経て、まさかのレゲエ作品を制作しました。なんでも自分はBob Marleyの生まれ変わりだと信じているらしく、極めて大真面目なプロジェクトなので御座います。僕はレゲエに全く興味ないので完全スルーしていたんですが、夏真っ盛りを迎える前に勢いで買って寝かせておりました(笑)。
それでは無知なのでザックリ感じたままにつらつらと・・・・・・まず本作を取り仕切るのはかのMajor Lazerが担当、全曲にMajor Lazerが絡んで他のProducerも関与という制作スタイルの模様(なので制作に触れる際は、Major Lazerは出さずに進行)。まずはDre Skullが制作を担当した「Rebel Way」、ドローリドローリと重たくズシンと垂れ堕ちるSnoop Lionのヴォーカルが妖しくも美しい。レゲエ特有の明るさなんかは皆無で、真夜中の海面に大きな満月が写り込むような、一種の空恐ろしさというか冷たさが滲む一曲。Angela Hunteが客演参加した「Here Comes The King」はAriel Rechtshaidとの共同制作、ティンパニ的なメロディにブーンブーンと擦れるモーター音を重ねて、隙間スカスカでユルーくすかす一曲。Dre Skullとの共同制作でMavadoとPopcaanが客演参加した「Lighters Up」は、ブオンブオンと轟音を立てるチューバみたいなホーン音とザクザク刻む弦音が、穏やかながらも殺気立って聴こえる大振りながらシャープな一曲。ANgela Hunteが客演した「So Long」「Get Away」なんかはモロにレゲエな常夏楽園チューン、Snoop Lionのハバナ葉巻をモクモク燻らすようなまろやかなヴォーカルに思わず伸びをして昼寝したくなくリラックスムード満開。Ariel Rechtshaidと共同制作した「No Guns Allowed」ではDrakeとCori Bが客演参加、こういうメロディで突っかかるようなリズムでラップするDrakeになんだか安心するHip Hopリスナーな僕(苦笑)。Major Lazerらしい歪で機械的なダークシンセがつんざめくノイジーチューン「Fruit Juice」は面白くて好き、やっぱりビート勝ちしているトラックだからかな。Mr. Vegasを相手取りながらも、Snop LionがここばかりはSnoop Doggなズルズルフロウで聴き手を煙に巻く感じがホット。Akonが制作&客演で登場した「Tired Of Running」はメロディを構築する音要素こそ少ないけれど、あの海に沈む夕陽を思わせる情感漂う淡くブルージーな曲調は健在でグッド。John Hillが共同制作した「Torn Apart」ではRita Oraが客演参加、ブブブブとブブゼラみたいな音色が漏れ出るもわんもわんな熱気チューンだけど、Rita Oraのポップで鮮麗なヴォーカルが打ち水効果で涼しさを演出してます。あのMiley Cyrusを客演に迎えた「Ashtrays And Hearbreaks」で驚くのが、Miley Cyrusがこのレゲエ曲を完全に乗りこなし異彩を放っていること。ちょっぴり擦れて挑発的なヴォーカルは鮮烈でいて艶やか、これは完全にMiley Cyrusが喰っている気がする。とここまでが本編の内容で、豪華盤には加えて4曲のボーナス曲が追加されておりまして。しかし僕が取り上げるのは一曲のみ、Chris BrownとBusta Rhymesが揃って客演参加した「Remedy」です。ユッタリ歌っちゃってるSnoop Lionはよそに、Busta Rhymesはいつもの機関銃(だけど大砲並みの破壊力)ラップで聴き手を蜂の巣にしてしまう痛快さ。

いやー夏にこそピッタリのアルバム、レゲエを聴く方って年中聴いているものなのかな(疑問)。Snoop Doggのマッタリゆるーい空気感が完全マッチングしている本作、やっぱりSnoop Doggがレゲエを愛しているからこそのマッチングなんでしょうね。しっかし長ーく聴くからはまだ不明、海沿いをドライブする時なんかに流すと心地良いんだろうな。というか、今年はあまり海に行けていないんだけど、行く時にはこれをマッタリ流していました。でもね、やっぱりSnoop Doggにはラップして欲しいです(切実)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment