RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Elliott Yamin「Wait For You」
elliott-wfy.jpg

米人気オーディション番組“American Idol”を勝ち上がり、瞬く間に人気を獲得した男性シンガーElliott Yaminのデビューアルバム『Wait For You』を御紹介。皆様もう御存知の蒼い眼のシンガー、黒人音楽好きの僕が取り上げるのは珍しい白人男性で御座います。しかし彼に関してはあの名曲「Wait For You」であっという間に虜になり、ずっとこの国内盤が発売されるのを待っていたんです(長)。ここ日本でもかなり大々的に取り上げられていて、もう所持している方もかなり多いのではないでしょうか。
そんなこんなでかなり期待をかけていた本作なんですが……素敵な歌声とメロディの詰まった優しい一枚に仕上がっています。まずは幕開けを飾る大ヒット曲「Wait For You」で幕開け、冒頭から琴線に触れるピアノ旋律で涙がじんわり、この刹那系のメロディを手掛けたのがあのStarGateという事で即納得。恋に破れながらも恋人を心の奥底で待ち続けるその女々しい詞が僕にはピッタリ(笑)、こういう失恋があるからこそ相手を大切にしようとも思える訳で、大きな糧ですよね。正統派なしっとりのメロディ展開が、Elliott Yaminの率直で柔らかコクのある歌声と相俟って美しい、本当に涙がポロリと零れそうになります(濡)。そのまま流れ込む「One Word」もStarGate製作のシングル曲、こちらは奏でるギターがちょっぴり清涼感も与える一曲で、やはり素晴らしい仕上がり。普段からあれやこれやと言葉を羅列しては回りくどい僕にとって、Elliott Yaminの歌う“この気持ちを伝えるには、一言で充分♪”というシンプルな詞がグッと心に染みました。その一言で誰かに物事や想いを伝えられたならどれだけいいだろうと、この曲を聴くといつも考えてしまいます。StarGateはこの二曲だけで参加、もう一曲ぐらいあったら嬉しかったけれど、それは贅沢か。でもそれ以外の楽曲もどれもがElliott Yaminのソウルのこもった歌声を活き活きと表現出来ていて素敵、最も多くを手掛けているのはJosh Abrahamなる人物なので、彼の楽曲から触れます。「Find A Way」はDJ Lethalとの共同製作で、真っ青な空から陽光降り注ぐかのようなゴスペルチック曲。続く「Movin’ On」も同じくDJ Lethalとの共同製作、こちらはかなり黒い音使いでソウルフルまっしぐらで僕の好物なトラック。フックでの重ねられた歌声がたまらなくカッコイイし、こうやって聴いてもElliott Yaminの歌声はコクがあって格好良いです(惚)。直球なタイトルが思わずニンマリの「You Are The One」はひたすら愛に満ちていて美しい、真っ黒な曲も大好きだけどたまにこういう清涼感溢れるバラードにも触れたくなりますね。哀愁漂う「I'm The Man」、パーカッションに電子音が絡むディスコ調なグルーヴ曲「Alright」もEW&Fっぽいノリが心地良い。あとはDerek Brambe製作のブルージーな「Train Wreck」も、Michael Mangini製作の自由に飛び回る曲調が爽快な「Free」も素敵。Michael Manginiは最後のピアノバラード「A Song For You」も製作、これもElliott Yaminの歌声にどっぷりと浸かれる一曲で荘厳ながらも美しいです。国内盤にはこれらに加えて「In Love With You Forever」「Believe」の二曲を追加収録、カラッと南国風が吹き抜ける前者も、希望に満ち溢れた弾き語り曲の後者なんかもキラキラ眩しくて大好きです。

毎日と黒音楽を聴いていると、たま~にこういう白く爽やかな一枚が欲しくなるんですよねぇ。でも彼のソウルはすごく感じ取れる曲仕上がりでとっても渋くて素敵、晴れた日のドライブなんかには最適なんじゃないでしょうか。これからは自身でソングライティングなんかもするのかな、是非とも頑張って頂きたい、でもまたStarGateとは共演して欲しいですね(願望)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment