RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

'NSYNC「No Strings Attached」
No Strings Attached [Bonus Tracks]

Justin Timberlake、JC Chasez、Chris Kirkpatrick、Joey Fatone、Lance Bassの白人男性五人で組まれたヴォーカルグループ'NSYNCの通算二作目となる『No Strings Attached』を御紹介。今となってはJustin Timberlakeが時の人となっておりますが、その以前はこの'NSYNCがスーパーグループでした。メンバー全員が歌声も完璧、踊りも完璧、ルックスも……まぁ完璧(笑)、いやというよりこのちょっと庶民派な感じも取っ付き易かったりするんですよ。白人アイドルグループと侮るなかれ、かなりの強力曲揃いで御座います。
そんな期待を煽りながらの内容紹介ですが……まずはやはり幕開けを飾る大ヒットシングル「Bye Bye Bye」ですよね、製作はKristian LundinとJakeなる人物が担当。自分をずっと裏切り続けた恋人への別れを叩きつける痛快曲、トラックもどこか骨太で荒々しいんですが、どこか寂しさも入り混じるトラックが最高に痺れる。やはりこういうポップ曲も良いもんですね、この曲で魅せる彼らのダンスもかなり特徴があって面白い(ちょっと変わったダンスも'NSYNCの売り)。Ramiなる人物が製作した「It's Gonna Be Me」も僕の超お気に入り、Justin Timberlakeで始まる歌い出しも最高にカッコイイし、フックでのあのキャッチーなリズムぶつ切りは耳に残る(一発)。“君がいつか誰かを愛せるようになった時、相手はきっと僕だよ♪”っていう強気に口説く詩も真っ直ぐで好き、この曲の振り付けも本当に面白くて、でもカッコイイんだから不思議。タイトル通りに宇宙空間を閃光と共に飛び回る「Space Cowboy(Yippie-Yi-Yay)」はRiprock 'n' Alex GとJC Chasezによる共同製作。このJC ChasezがJustin Timberlakeと共にこの'NSYNCのリードボーカルなんですが、Justin Timberlakeが鼻にちょっとかかる甘く高い歌声なのに対し、このJC Chasezは男っぽくてタフな歌声で、この絶妙な対比こそが'NSYNCの最大の魅力で御座います(絶賛)。しかもこの曲ではTLCよりあのLisa "Left Eye" Lopesが参加、可愛く始めたラップを聴かせてくれます。続くJust Got Paid」はあのTeddy Rileyが製作を担当したNew Jack Swing丸出しのパーティーチューン、この曲はJohnny Kempの同名曲(Teddy Riley製作)のカバー。こういったノリを抵抗なく受け入れる辺り、やはりJustin Timberlakeを始めとするメンバー全員がBlack Musicに理解があったんでしょうね(感心)。そして次が本作でも異色で要注目の一曲「It Makes Me Ill」、何故なら製作をあのKevin "She'kspere" Briggs(ソングライティングをKandi)が担当しているから(最強)。流麗に煌きながらも跳ねるトラックは正にShe'kspere節、昔の彼女が他の男と歩いているのを見かけて“気分が悪くなるよ♪”と歌う詩もKandiらしい目線で実に面白いから大好き(絶賛)。Richard Marx製作の繊細な美曲「This I Promise You」は本当に心洗われるバラードで素敵、'NSYNCの極上ハーモニーが堪能できるという点でも大きな意味があるし、何よりも“約束するよ♪”って言葉の持つ魔力ってすごくて、安心感抜群ですよね。Riprock 'n' Alex GとJC Chasezが製作の「No Strings Attached」の斬れ味鋭くロキッシュに攻めるトラックもカッコイイし、Veit RennとRiprock 'n' Alex Gが製作の遊び心満載な電子近未来曲「Digital Get Down」も中毒性高いです。Guy Roche製作の純度100%の透き通るバラード「That's When I'll Stop Loving You」はDiane Warrenがソングライティングを担当、“夏に冬がやってきて、永遠なんてなくなる、そんな時が来るまで君を愛し続けるよ♪”と歌い上げる詩が素敵で心にジ~ンとくること間違い無し。続く「I'll Be Good For You」はなんとJustin "Tennman" Timberlakeが製作を担当。この曲が本当にBlack Musicのエッセンスを絶妙にブレンドしていて本当に巧い、それもそのはず、あのTeddy Pendergrass「Believe In Love」をネタ使いしているんですから(策士)。この曲を聴いていると、本当にJustin TimberlakeがBlack Soulを理解し、心底愛しているんだなと感じる事が出来る、そういう意味でも本作でも結構重要な一曲なのではないでしょうか。Robin Wileyが製作を担当した「I Thought She Knew」は'NSYNCのハーモニー力を最大限に発揮したアカペラ曲。邦題で「悲しき誤解」をなっているこの曲、全くトラックは無く(当然ですよね)'NSYNCそれぞれのメンバーの歌声が聴けて(そして全員が上手い)素敵です。あと国内盤にはボーナストラックとして「If Only Through Heaven's Eyes」を収録、これはBabyfaceのカバー曲で、Babyfaceらしい清らかで優しいメロディがとっても心地良いです。あと最後にはあのTeddy RileyがRemixを担当した「Bye Bye Bye(Teddy Riley Club Mix)」を収録、デジタル音と共に疾走感を存分に楽しめる好Remixとなっています(薦)。

アルバムタイトルである“操り人形じゃない”の言葉通り、これまでのアイドルイメージを払拭する様な幅広い楽曲に挑戦した意欲作となっております(太鼓判)。製作陣をちょっと見てもらっても分かる通り、Black Music愛好家でも楽しめる楽曲も収録されていて、なかなかお薦めで御座います。Justin Timberlakeファンも是非聴くべき、この一枚聴かないと語れませんよ(厳重注意)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment