RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽DVD  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Justin Timberlake「FutureSex/LoveShow : Live At Madison Square Garden」
jt-fslshowcovs.jpg


Justin TimberlakeのライブDVD第二弾『FutureSex/LoveShow : Live At Madison Square Garden』を御紹介。特大ロングランヒットとなったJustin Timberlakeのソロ二作目『FutureSex/LoveSounds』、奇才Timbalandの作り上げる一味違ったトラック世界と、Justin Timbelakeの描く繊細な歌詞世界が見事に融合していて、時代を一歩の二歩も先行っていた感がありましたねぇ。僕はJustin Timberlakeファンなので彼の実力は誰よりも理解していますし(のつもり)、このアルバムも売れるに決まっていると決め付けていましたが、まさかこんなに売れるとは思いませんでした(驚)。
ではどんな内容で楽しめるかというと……そんな『FutureSex/LoveSounds』の楽曲も、前作『Justified』の楽曲も楽しめるライブとなっています本作、僕なりに内容に触れてゆきたいと思います。まずはHBOによるインタビュー形式で撮られた「Opening Conversation」、今回のツアーに参加しているダンサー、バックシンガー、はたまたバンドメンバーまでが答えます。今回のライブが本当の意味で全員で一丸となって彩られているんだと感じられ、そういう目線でこの後のライブを楽しむ事が出来ます。そして遂にライブが始まりステージ下からJustin Timberlake(以下JT)がせり上がってくる「Futuresex/Lovesounds」、真っ赤なライティングが怪しさを殊更に強調していて格好良く、マイクスタンドに色っぽく絡みながら歌い踊るJTに女性は熱狂。ライトが暗転しギターの鋭いカットでライトが切り込む「Like I Love You」、JTは前半を真っ白なギター抱えた状態で弾き歌い、後半では惜しげもなくダンスを披露、やっぱりThe Neptunesの作る楽曲はカッチョええと実感。そのThe Neptunesらしい「Like I Love You」のラストのピコポコ電子音を鳴らしながら流れ込む「My Love」、ここで感じるのはステージの面白さ、360度ぐるりを観客席に囲まれていて、またその事を踏まえた上での振り付けになています。また「My Love」自体にも捻りがあって、1st Verseはしっとりバラード調。この「My Love」がとっても素晴らしくて歌詞の世界観をより浸透させる作り、このバラードバージョンで正規にRemixを出して欲しいです(熱望)。また2nd Verseではサビを観客全員が歌う中での全員のダンス、そしてブリッジはJTのソロダンス、これが相変わらずキレがあって見惚れるのは必至で御座います(失神)。そしてステージをバーに擬え酒を一杯飲んでから観客を沸かせる「Senorita」、バンドの良さを最大限に活かしてJT自身もキーボードを終始演奏。女性ダンサーとの絡みが軽くエロい「Sexy Ladies」、最後のキーボード演奏パートはなんかPrinceを彷彿とさせられます(僕だけ?)。そしてこのライブによって最も素晴らしい美しさを誇った「Until The End Of Time」、この曲が本来持つ愛の温かさや繊細さが滲み出ていて……JTのファルセット混じりのサビで思わず涙しそうにさえなります。そしてそのまま流れ込む「What Goes Around...」、悲劇的で悲哀に満ちたこの曲はJTにしか打ち出せない世界観そのもの、この曲とセットの「...Comes Around」もやはり素晴らしいですね。「Chop Me Up」では盟友Timbalandが登場、Three 6 Mafiaは登場しませんがそれでも十分盛り上がる、最後にはJTとTimbalandによるビートボックスも飛び出します。その流れでJTとTimbalandがお互いについて語る「Intermission - Jt & Timbaland」、とても信頼しあっている事が分かるし、このアルバムは誕生すべくして誕生したんだなと痛感します。そして個人的に大好きなThe Neptunes製作のヒット曲「Rock Your Body」、無条件に楽しいしクールでカッコイイ。そして次は'NSYNC時代のヒット曲「Gone」、これはオリジナルでもJTのソロっぽかったので違和感無し、アコギ一本で歌い上げる悲しい失恋ソングなんです。そして女性ダンサーとのエロエロな絡みで思わず興奮してしまう「Damn Girl」、兎に角ダンサー達の体つきがセクシーとうよりエロい、とにかくこの曲ではJTよりも女性ダンサーに釘付けです(涎垂)。「Summer Love」では女性ダンサーのお尻に自分の腰をガチ当て、コーラス部隊と練り歩く。時計のボーンと針のチクタク音でドロリと始まる異色曲「Losing My Way」、観客全員が合唱して本当にオリジナルそのままの仕上がり。そしてJustin Timberlake×Timbalandの最高傑作であろう「Cry Me A River」、ここでは昔と違う振り付けを披露。振り付けが付いてその魅力を一層増したのが「Lovestoned」、セットになっている「I Think She Knows」もこれで一曲としても成立する儚さと美しさ、最後にキーボード演奏しているのを聴いているとColdplayなんかを思い出すなぁなんて思ったり。そのキーボードの演奏を次第にダークに変色させ加速する「Sexyback」は完全にロック、ここではまたTimbaland出現で再び一気に観客のボルテージは最高潮に。JTとTimbalandのカッチリ合ったパフォーマンスも見ものだし、途中でずっと観客が歌っているところでは僕も一緒に大声で歌います。そして最後には涙を浮かべながらファンに感謝の言葉を述べ、たった一人ピアノを演奏しながら“僕はただの男だよ♪”とぬくもりのある歌声で会場を包み込む名バラード「(Another Song) All Over Again」で幕を引くのです。。。

最高に素敵なライブです、今まではダンス主体でしたが今回はクルー全員で創り上げられていて、細部にまでこだわったアーティスティックなライブで御座いました(満腹)。Justin Timberlakeという一人のシンガーにスポットを当て、彼の持つ世界観を共有する為のドアがこのDVDで御座います。『FutureSex/LoveSounds』を持っている方には、是非とも一度御覧頂きたいですね(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment