RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

'NSYNC「Celebrity(Plus)」
nsync-cele.jpg

エンターテインメント大国であるアメリカを席捲したボーカルグループ、'NSYNCの通算三作目となる『Celebrity(Plus)』を御紹介。僕と'NSYNCとの出会いはまずこのアルバムが最初、もうこれで完全に彼らの虜になった事を今でも鮮明に覚えています。ここで紹介するのは、Remixを追加収録した再発売盤で御座います。
それでは内容に触れますと……本作でまず特筆すべきはメンバーであるJustin Timberlake、JC Chasezが製作に多く携わっているという点、これが(個人的には)ヒットでより明確な'NSYNC路線を打ち出す事に成功していると思います。つまりは最高に熱く痛快なポップミュージック、踊れるポップミュージック、格好良いポップミュージックが満載な訳です。まずは本作からの先行シングルだった直球「Pop」、製作はJustin TimberlakeとBTの共同制作。これが本当にバチバチと跳ねるダンスチューンで聴いててテンションがぶち上がる事間違い無し、ここで魅せる彼らの踊りも日本では無い感じですっごく面白い。最後にはJustin Timberlake御得意のヒューマンビートボックスも登場、最後まで息つく暇を与えません。続く「Celebrity」はなんとあのRodney JerkinsとJustin Timberlakeの共同制作、これがまたギュイギュイとうねるビートが鋭く光るトラックで、流石はRodney Jerkinsと唸ってしまいます。ここまで大物有名人となった'NSYNCが歌う“僕が有名人じゃなくても、君は振り向いてくれたのかな?”なんていう歌詞も、僕的には面白くて好き。「The Game Is Over」はRiprock 'N' AlexとJC Chasez共同製作のゲーム音が交錯する電子曲、このタッグは前作でもナイスな仕事をしてましたね。“君の負けさ、ゲームオーバーだ♪”と彼女の裏切りを鼻で笑う別れ曲、ここでの電子音の細かく計算された構成は一級品のカッコ良さ。「Girlfriend」はあのThe Neptunesが製作を担当、カラと乾いた生音ビートにクールな感触がヒンヤリないかにもThe Neptunesなシンセトラックがグッドです。「The Two Of Us」は再びRiprock 'N' AlexとJC Chasezが製作、キラキラ輝いてとてもキュートな胸躍るラヴソング、これも聴いてて優しく楽しい気持ちになるから好きな一曲です。そしてこれが注目曲、Justin Timberlakeが製作し、殆ど彼のソロ曲となっている失恋曲「Gone」。ほぼギターの奏でる悲しい旋律にJustin Timberlakeの切なく女々しい歌声が乗る涙曲、これは完全にJustin Timberlakeの世界観を象っていて僕なんかはどっぷりと浸ってしまいます(刹那)。「Tell Me, Tell Me...Baby」はBackstreet BoysやBritney SpearsやWestlifeなどの白人ポップ曲を数多くヒットさせていう鉄人Max Martinがソングライティングを担当、製作はMax Martinとのタッグの多いRamiが担当。Riprock 'N' AlexとJC Chasezが製作の跳ね回すディスコ(クラブ)チューン「Up Against The Wall」も、Justin TimberlakeとWade J. Robinson製作のスムーズなシンセトラックの「See Right Through You」もカッコイイ。ここまでが完全なダンスチューンで、後半しっとりとバラードで締めにかかります。まずその先頭を切るのが僕の大好きなバラード「Selfish」、製作はなんとあのBrian McKnightが担当しています(鳥肌)。ここはもうBrian McKnightらしい優美でたおやかな美曲で思わずうっとり、またJC Chasezが書いた“自分勝手な愛のどこがいけないの♪”という真っ直ぐ衝突る詩も彼らしいストレートな想いが詰まってて好き。キラキラ輝きが降り注ぐ柔らかく透き通ったバラード「Something Like You」はJustin TimberlakeとRobin Wileyによる製作、これもハーモニカ音がまたうっとりと心地良くしてくれる温かな一曲で好き。そして恋に堕ちてゆく瞬間を歌った「Falling」はソングライティングをリーダーのChris Kirkpatrickが担当、製作はKeith SweatやJoeにも楽曲提供しているRoy "Royalty" Hamiltonが担当(驚)。この曲もゆっくりとするりと深遠な世界に堕ち行く感じがすごく切なくて、誰かを好きになる瞬間って一瞬のようで結構ゆったりと心地良くなのかなと感じさせてくれる一曲。で僕が隠れた名曲として好きなのが最後を飾る「Do Your Thing」、気付けば製作はDestiny's ChildやBoys II Men等に楽曲提供している製作チームPAJAMが担当していました(しかもラップでPAJAMのJ. Mossが参加)(驚)。細かく刻む電子ビートがちょっと可愛くて、でもやはりどこかBlack Soulを感じる仕上がりでグッドなんですよね(誉)。そしてこの後発盤にはこれらに加えて「Pop(Pablo La Rosa's Funktified Mix)」「Gone(Gone Clubbin'(I'll Be Back Late) Mix)」といったRemixも収録、いやこの2曲は楽しむ程度で良いのです。必需曲なのは最後の飾る「Girlfriend(The Neptunes Remix)」、The Neptunes Remixとありますがトラックは全く弄らずに、なんとNellyを客演に招いているのです(最強)。何故最初からこうしなかったんでしょうか(不思議)、The NeptunesとNellyはもう相性抜群だから想像通りの化学反応、曲の質が150%アップしていますので聴き逃すには勿体無いです(断言)。

なかなか味のあるアッパーな一枚で僕は大好きです、本作を最後に'NSYNCは活動を休止、Justin Timberlakeはソロに転身して華麗なる成功を収めています。コーラスワークも絶品なんだから、その点をもっと前面に出した曲を用意しても良かったのではないかと思いました(残念)。とにかく踊りたい、はしゃぎたい、そんな方にはカーステレオなんかで聴いて頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment