RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The-Dream「IV Play [Deluxe Edition]」
iv-play-deluxe-580x575.png

裏方としてキャリアを重ね、やがて表舞台へと飛び出て予想外にも(失礼)成功した才能あるソングライター、The-Dreamの通算四作目となる『IV Play』を御紹介。僕とThe-Dreamとの出逢いは、B2Kの「Everything」のクレジット。彼が制作したこの曲ではリフレインこそしないものの、フック前の“E.V.E.R.Y.T.H.I.N.G.〜♪”とアルファベットで切って歌う感じなんかは耳にベットリ残って、やはり彼のソングライトのセンスを立証したものでした(回想)。そしてまさかの表舞台進出、その上手くないへなちょこなヴォーカルとメロディの掛け合いは最高で、思ったより成功していますね(予想外)。プライベートではまずNiveaと結婚し離婚、その後はあのChristina Milianと結婚するも離婚するという意外な伊達男っぷり。まあ、そういう面でいってもThe-Dreamは芸術家志向なのかもしれませんね(偏見)。しかし本作もアートワークは最高にハイセンスで壮絶グッド、ホワイトをバックに黒塗り(?)な裸の女性が写ったこの写真はとても美しい(垂涎)。
とまあ外見はベタ褒めしたので肝心の内容をざっと書き・・・・・・まず本作で重要なのが製作陣、遂に女房役ともいえるC. "Tricky" Stewartが一曲も参加していません。前作『Love King』でもたった一曲しか関わっていなかったので予兆はあった訳ですが、実際にそうなると寂しくも感じます(残念)。さて、まずスタートから帝王Jay Z(正式表記がJay-Zでなく、Jay Zとなったらしいのでそちらで表記)が客演参加したヘヴィーチューン「High Art」で幕を開けるという豪華さ。荘厳にして流麗なシンセの蠢きはじわじわと鼓膜を揺らすパワフルさで、少し浮ついたようなThe-Dreamのガスみたいに抜ける気体ヴォーカルの揺らめきとシンクロ、しかし王様Jay Zの登場で一気に重厚さが増幅、ザクザクとカットしたフロウでビリビリと電撃を走らせる厳つい援護射撃は最高の一言に尽きます。続いては完璧なまでの90年代R&Bを再現しつつ、より丹念に練り上げ解像度をグンっと上げた「IV Play」がもう最高の仕上がり(骨抜)。これを聴いた途端に昔のR. KellyかJodeciを鮮明に思い出した僕、穏やかな曲線を柔らかにくびらせながら描くエロチックなバウンス、ゆっくりじっくりと舐め上げるような愛液たっぷり垂れ落ちるシンセチューンは官能という芸術。おなじく波線系のシンセメロディに喘ぐようなThe-Deamのヴォーカルが背景でこだまする「Equestrian」は、Los Da Mystroとの共同制作曲で、いかにもLos Da Mystroらしいボトッボトッと滴らせる深みある打ビートが極め手になっております(癖)。終盤で次第に速度を落としながら、続くかなりスクリュー手前な陰鬱かつ悪魔ソリッドなダートチューンへと移行する「Pussy」も流れ的に巧いなーと感心。冒頭でネッチリと毒っぽいラップを漂わせ消えるPusha T、少し抜けたライトでフラットなラップで滑空するBig Seanと客演陣もナイスな合いの手。ボスボスと打ち込むエスニックで刺激的な打ビートと、抹香臭いシンセのモクモク燻る感触が妖艶で病み付きな「Turnt」では、女王様Beyonceと2 Chainzを揃えて召還する最強魔法が実現。幾つも歌声を重ねてネットリメロディに絡むThe-Dreamの歌唱法もどこか異国の寺院みたいな神秘さがあり、Beyonceのクネクネと練り歩くようなヴォーカルは魔術そのもの(洗脳)。と思えば客演にKelly Rowlandを繰り出す「Where Have You Been」と抜かりない布陣、Da InternzとMiykal Snoddyとの共同制作みたいですね。ここではポロポロと真珠粒みたいなピアノ鍵盤の繊細な音色を零して、しっとり潤ったメロディは星に輝く夜の海の波間のよう(夢見)。The-Dreamのヘナチョコな歌声は、凛として清廉なKelly Rowlandの歌声との相性も素晴らしく、なんだかカラダ中の静脈に深々と響き渡る美しき極上スロウ(沁)。かのGary Clark, Jr.がブルージーで濃厚なギタープレイを聴かせる芳醇スロウ「Too Early」も格好良い(Add ProdにBart Schoudelが関与)、残像エフェクトを駆使しつつも、萎れた歌声をポツポツと波紋のように拡張するThe-Dreamは巧い。「Michael」ではThe-Dreamのふわふわ浮かびそうなヘリウムヴォーカルが更に膨張、どこまでも浮かんで漂う綿飴みたいなピンク色の甘いザラメ糖シンセに包まれます。ボコボコと折れ曲がりながら刺激的に突進する前半から、脳裏を叩くような冷たく刺々しく叩くビートがドラマチックに鼓膜に突き刺さる「Loving You/Crazy」の二段構成も面白く、特に後半での嵐のように暴発するようなThe-Dreamの激しいヴォーカルはとても印象的。「New Orleans」では、柔らかくてドリーミーな靄シンセの中をスローモーションで駆け抜ける心地良さ。中華っぽいメロディの鳴りにオリエンタル気分が昂る「Self-Conscious」もLos Da Mystroとの共同制作で面白い、治らないリフレイン癖も相俟ってどこかメルヘンチックで甘酸っぱい仕上がりで胸キュンです(死後)。なんとなーくだけれどThe Police的な哀愁と洗練が混じり合ったようなサウンドが、深く澄んだ紺碧の響きでハートにぐんぐん浸透する、Los Da Mystroとの共同制作で80年代ポップ的アプローチが光る「Holy Love」も幻想的で素晴らしい、この曲はどこかレトロだけど極めてアヴァンギャルドで、ハッキリ言ってR&Bの世界をまた拡張させる可能性を秘めた未来型R&Bで傑作だと思う(賞賛)。
とここまでが本編の内容で、豪華盤にはこれらに加えてなんと5曲ものボーナス曲が追加されております(満腹)。まずはThe-Dreamの相棒ともいえるFabolousが客演参加した安定感抜群の「Slow It Down」、夏雲みたいに純白で透明感のある電子音の温かな響きが美しく、The-Dream得意のスウィートなリフレインを最も堪能出来る一曲ですし、鼻声でレイドバックしてキメるFabolousも素晴らしい。まるで夜の水星を眺めているような(※水星は夜の表面温度が−173度、しかし昼は400度以上の高温まで上昇するという)、神秘的な青さに包まれた硝子玉ミッド「Divine」。壮大なオーケストラ調のメロディに砂塵のようなノイジーな電子音が挿し込まれ、どこか惑星探査みたいな孤高感と浮遊感に浸れるナイスな一曲。光芒の中を巡るような眩さと神々しさに飲み込まれる「Y'all」は、やんわりと温度と色彩を変えてゆくThe-Dreamのヴォーカルは、燃え滾り散るような切なさが滲んでいて良い。ここにきて突然と全編通してスクリュー全開で重油みたくドロドロ真っ黒に歌声を塗り潰した「Tron」、でもなんだかアリなんですよね(不思議)。最後を締め括るのはアジアンな弦音が爪弾かれる「Psyco」で、幻想的でいてどこか妖しい月光曲。最後の最後ですが、本作の流れで述べておきたいのは曲の繋ぎ目に関して。これだけ多くの楽曲を詰めていながら完全なるシームレスなのです、スムーズに滑らかに次曲へと挿入するのでまったく継ぎ目が分からない辺りも本作の凄いところ。

相変わらずのヘナチョコな歌声は置いておいて(笑)、そんな歌声もバッチリ嵌め込むラグジュアリでハイアートなトラックの塊は素晴らしい(感嘆)。そういう意味では僕の中で、Hip Hop界のKanye WestとR&B界のThe-Dreamといった感じで、アルバム一枚で纏まりのある独創的なメロディ世界がヴォーカルを遥かに先行している印象が強い。だからアルバムとして嵌ってしまうし、ゆっくりじっくり聴き込みたくなる、中毒性も高まる。“Radio Killa”って単語を思いついた時点で、The-Dreamの言葉遊びのセンスに平伏してしまった僕(The-Dreamが主宰でRadio Killa Recordsを設立しており、彼が制作提供した楽曲でよく囁かれる。蛇足な説明を申し訳ありません)。しかしほぼThe-Dreamひとりでこの蜜のようにまろやかで甘くクリーミーな音を創れるとは、もはやC. "Tricky" Stewartとのタッグが聴けなくなりそうですね(寂)。いやはや、自作自演型アーティストとしてはKanye Westをも凌ぐ天才ではないでしょうか(危惧)。もっと話題になっても良さそうな独創性、歌ヂカラはさておきR&Bの近未来がここには詰まっていると直感したのは僕だけでしょうか(賛辞)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment