RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mariah Carey「E=MC²」
mariah-emc2.jpg


“世界の歌姫”ことMariah Careyのオリジナルアルバムとしては実に十一作目となる『E=MC²』を御紹介。前作『The Emancipation Of Mimi』で文字通り不死鳥の如き復活劇を魅せたMariah Carey、そんな前作から約三年ぶりとなる本作。やはり期待も高まりましたし、結果としてもかなりのセールスで、もう完全にMariah Careyは復活した事を証明しました。
流石はMariah Carey(以降はMCと表記)といった感じで、製作陣は今を代表する敏腕Producerばかりで圧巻。これでコケる訳にはいかない訳で、当然MCはコケない訳で(笑)。まずは個人的にはTimbalandを超えるクオリティを誇っているとも思えるNate "Danja" Hillsが製作を担当した「Migrate」で黒くマッドな幕開け、上下に行き来するビートにどこか硬質な電子音も絡むナイスクールな出来。冒頭で聴かせるMCの金切り声もテンション上がるし、途中で参戦するT-Painの御得意ボコーダー歌声もユラユラと妖しくて好き、今回はT-Painなかなか良い仕事しましたね。続いてはC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashの最強コンビが製作のシングル曲「Touch My Body」、キラリと光る可愛いトラックに絡むエロい詞がなんとも刺激的で好き、これはMCが歌ってもバッチリ決まる内容でグッドです。相変わらず分かり易いフックでのリフレインもThe-Dream節で良いし、MCの“おいぇ~♪おいぇ~♪あああ♪おいぇ~♪”も面白くもカッチリ嵌って好きな一曲。「Cruise Control」はJermaine Dupri製作(Co製作はManuel Seal、ソングライティングでCrystal "Crystyle" Johnsonが参加)、Damian Marleyが参加しているせいかどこかRaggaeっぽい風味も感じる一曲。Bryan-Michael Coxが得意のピアノ旋律を施した美曲「I Stay In Love」は王道バラードって感じで大好き、失恋にすがる女性の心を切々と力強く歌い上げるMCに胸打たれるばかり(涙)。「Side Effects」は久々に登場のScott Storchが製作、Scott Storchらしいダークで底辺を這うビートにYoung Jeezyのやさぐれたラップがガッツリと絡む一曲。「I'm That Chick」はStarGate製作(ソングライティングにJohnta Austin)、最近のStarGateはこういう電子音使いの疾走感あるトラックが多いですよねぇ。涼しげに通り過ぎるというか、聴いててスッキリする感じが僕も好きです。まさかの“えいべいべい♪”使いが面白い「Love Story」はJermaine Dupri製作(Co製作をManuel Seal、ソングライティングをJohnta Austin)、美しくも力強いMCの歌声になぜか勇気付けられるし、良い塩梅にグラインドするフックも伸びやかで聴いてて爽快。「I'll Be Lovin' U Long Time」はDJ Toomp製作のDeBarge「Stay With Me」下敷きの清涼メロウ、“長くあなたを愛するわ♪”と繰り返し伝える詞も真っ直ぐで心にすんなり流れるし、MCも可愛くとにかく真っ直ぐに歌い上げていてすごく好きな一曲。「Last Kiss」「Thanx 4 Nothin'」もJermaine Dupriが製作(Co製作はManuel Seal)、Janet Jackson作品ではなかなか手腕を揮えない感があるJermaine DupriもMC相手では素晴らしい仕事っぷりで手堅い、やはりこの二人は相性が良いんですよね。The Salsoul Orchestra「It's Good For The Soul」使いの「O.O.C.」はSwizz Beatz製作、いつものSwizz Beatzほどのバンギンぶりではないですが、やはりこのバウンスは乗らされるグルーヴで流石です。「For The Record」はBryan-Michael Cox製作、これがなんとも御伽噺の様な摩訶不思議な光を纏ったトラックでどっぷり浸かってしまいます(迷込)。MCの過去の曲を引用しながらの“あなたへの消えない想いをレコードに残しておくわ♪”という詞も切なくて好き、このキラキラ輝きながらも悲しい旋律はかなり巧いですよね、Bryan-Michael Coxの新しい引き出し素晴らしいです(絶賛)。Young Jeezyっぽい掛け声が聴こえる「Bye Bye」StarGate製作、愛する人を亡くした思いを切々と歌う詩にStarGateの琴線に触れるトラックがまた切なくて涙が出そうになります。最後を飾るピアノスタンダードナンバー「I Wish You Well」はなんとあのJames Poyserが製作を担当、詩の内容を併せてもかなりゴスペルチックな一曲で、だからこそMCの歌唱力が活きていてじっくり聴き込む事が出来て、まるで本の最後のページを閉じるかのような一曲(染入)。国内盤には更にボーナストラックを2曲追加、おもちゃ箱をひっくり返した様なガチャガチャトラックで混乱する「Heat」はwill.i.amが製作、Da Bratをfeat.した「4real4real」はBryan-Michael Cox製作曲。

流石はMariah Careyで御座います、御見逸れ致しました(天晴)。確かにイマドキなProducerを従えていて外す筈は無いのかもしれませんが、それでもJanet Jacksonはここまで上手く機能させる事が出来てなかったのも確かです。どれもきちんとMariah Carey味が出ていて、けして流行の二番煎じという風には感じませんでした。Nick Cannonとの入籍はかなり驚きましたが、本作のクオリティは予想通りの完璧なものとなっております(手堅)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment