RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kanye West「Yeezus」
Kanye_West_-_Yeezus.jpg

常に音楽の世界に革新をもたらしている究極のエゴイスト、Kanye Westの通算六作目となる『Yeezus』を御紹介。前作『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』は各方面で絶賛され、もはやHip Hopという(Kanye Westにとっては)狭い枠組みには囚われない、壮大なるスケールで聴き手の度肝を抜きました。しかし、あれから三年も月日が経っているのですね、なんだかKanye Westには不在感みたいなものが無くて、まだ一年と経っていない気がするんですが(あいだにJay-Zとの『Watch the Throne』が挿まれているのもあるか)。ファッション業界にも進出しつつ(こちらは音楽と違い不評だった様だ)、突然と発表されたのがこの『Yeezus』。なんだか出るかもみたいな噂が飛び交う中、突然とNew Yorkの建物の壁面に映像を映し出して新曲「New Slaves」を公開するという、いかにもKanye Westな異次元な出現はやはりお見事でしたね(破天荒)。そしてこうやって発売されたものをいざ手に取ると、ブックレットもなにもないまっさらなプラスチックケースに、赤いテープが留めてあるだけ、これを“格好良い〜!”とは僕は思えない(凡人)。これはどうやって開けるべきなのか、僕はもうビリビリに破ってしまって価値無し状態です(茫然)。
それでは適当に感想を書くのでさらっと流して頂ければ(弱気)・・・・・・ハッキリ言って本作はブックレットも無いので、詳細はネット情報と耳を頼りに書きます(詫)。全曲の制作は当然Kanye Westが握り、そこに彼の信頼するProducerも関与しているようです。宇宙戦争が開戦したかのようなザクザクバシバシとレーザービームが飛び交い聴き手をジャップする「On Sight」からして鮮烈、制作はDaft PunkにMike Deanが関与している模様。もう画面に“室内を明るくしてお聴き下さい”の警告テロップが出そうな程の光芒の激しい明滅、鼓膜と脳内回路が即行で直結してバチバチとニューロンが爆発活動します(動出)。同じく制作にDaft PunkとMike Dean、あとNo I.D.やLupe Fiascoまでが関与している(みたい)「Black Skinhead」は、まるで襲いかかるような激しいドラムスと息切れブレス、これだけで神経は昂って思わず白目剥いて走り出すぐらいの暴発曲で痺れ上がる。ここではそのトラック以上にブチ切れているKanye Westのラップのド迫力が素晴らしく、喧騒を盾にアドレナリンが迸り脳味噌がグシャグシャに乱れるアッパー。Mike DeanにDaft Punk、そしてHudson Mohawkeが制作関与の「I Am A God」、もうまるで阿鼻叫喚なシンセの軋みの狭間でKanye Westが雄叫びを上げながら異空間へと引きずり込む業火チューンは必殺。ドクドクと脈打つようなシンセビートと共に、地獄へとズルズル墜ちるかと思いきや、最後のほんの一瞬だけ神様みたいに柔らかな後光も洩らすヴォーカルが聴こえる。この声の主はJustin Vernon、意外とKanye Westって周辺の人員配置は変えないんだな。「New Slaves」はTravis Scottなんかが制作に関与しているみたい、これなんかはザクッと切れ味鋭いレーザーシンセをベタベタと張り合わせた様なミニマルチューンで、ハッキリ言えば僕は退屈なんですけど、終盤でのFrank Oceanによるじんわりと漏れる甘くもほろ苦い恍惚のヴォーカルでやられる。「Hold My Liquor」に関していえば冒頭でモッサリしたラップを燻らせるChief Keefが面白くて、機械不調みたいなプオー音の連続なんかではどうも神経揺さぶられない(難解)。最初に聴いて全く解らなかった、Kenny Lattimore「Lately」をサンプリングした「I'm In It」は、最近流行のスクリューって感じではないけれどかなりグダグダに速度をダウンさせた重油トラック。Nina Simone「Strange Fruit」を濃縮サンプリングした「Blood On The Leaves」では、制作に88 Keysも関与しているみたいで面白い。これはKanye Westが『808s & Heartbreak』で研磨したはち切れんばかりの咽びヴォーカルが炸裂、久々にヴォコーダーをフルに駆使してバリバリと聴き手のハートを喰いちぎる感触、ベッタリと粘着質なホーンを重ねて終盤でガツガツとラップする配線は最高にクール。Pusha T「Blocka」をサンプリング使用した「Guilt Trip」なんかも、ビリビリと電撃喰らわすダークソリッドな前半部分より、狼のように飄々と涼しげに吠えるKid Cudiのヴォーカルが挿入されたダークマイルドなストリング部分の方が格好良い。King Lが客演参加した「Send It Up」も、空洞の中で聴くブアンブアンとうねる大蛇シンセが僕には響かなくて結局は鼓膜をスルーしてしまう(涙)。最後を飾る「Bound 2」ではPonderosa Twins Plus One「Bound」をサンプリング、これもチグハグにも思える45回転の歌ヒネリメロディだけでは持たず、途中で神々しく舞い降りるCharlie Wilsonのゼウスな歌声で救われている自分がいます、なんだろうか。

難しい。やっぱり特殊な音の連続(いや、今回は断続か)で、なんとか聴き解こうと鼓膜が嫌が応にも研ぎ澄まされるって感触。しかし、僕的にはやっぱり、凄さがそのまま好きな音楽に直結しなくて、ただただ凄いのはビリビリ感じるけれど、どうも飲み込めないまま(悲)。やはりKanye Westに合わないみたい、前作も結局はそんなに嵌れなかったですし(でも本当に凄まじい芸術的音楽を完全に創造したことだけは分かった)。そして本作の最終的な仕上げに関わったのが、Def Jam創始者で伝説のProducerの一人であるRick Rubin御大。Rick Rubin曰く、その作業の殆どが“無駄を削ぎ落とす”ものだったらしいのです。がしかし、ド派手で大袈裟で劇的演出が魅力(好物)のKanye Westの音は、削がずにそのままゴテゴテにしておいた方が良かったのでは......と勘繰ってしまうぐらい、本作はKanye Westにしてはあまりにシンプル。でもやっぱりカッコ良いし、また数段階上の変身を遂げていて、真夜中に高速を走りながら大音量で聴いた時は圧巻だった(経験)。あとはKanye Westの場合、これに映像を付けたらもっと凄いモノへと昇華させる可能性大な訳で、そこも楽しみ。なんでも究極へと昇華してしまうエゴイスト、どこまでゆくのだろうか。ただ現段階では、Kanye West全作の中で一番苦手かもしれない(笑)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment