RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Janet Jackson「Discipline」
janet-jackson-discipline.jpg


兄Michael Jacksonが“King Of Pop”ならば、彼女は“Queen Of Pop”であるJanet Jacksonの通算十作目となる『Discipline』を御紹介。もう二十年以上に渡って最前線をひたすら走り続け、今なお世界中から圧倒的な支持を受けているJanet Jacksonは素晴らしい逸材。個人的な感想を言わせて頂くと、Janet Jacksonってそんなに歌は上手くないんですよね。でも彼女の打ち出す世界観が素晴らしいというか、いつも斬新なアプローチで聴衆に訴えかける辺りは、やはり一流アーティストなんだろうなぁと感嘆の息が漏れるばかりです。今回のジャケットもなんか良いですよねぇ、芸術的な美しさで。
そんなこんなでドロップされたJanet Jacksonの『Discipline』……まずはInterludeを含めて全22曲という大容量に驚き、Janet Jackson(以降Janetと表記)の力の入れ様が伺えますよねぇ。まずは先行シングルとなった「Feedback」はRodney "Darkchild" JerkinsとDernst "D.Mile" Emileによる共同制作、これがなんとも地味でなんて事なかったのが痛い(涙)。流石のRodney Jerkinsもちょっとネタが少なくなってきたかなぁと心配してしまう出来栄え、普通過ぎてガックリ。しかしこのRodney "Darkchild" Jerkins×Dernst "D.Mile" Emileの続く「Luv」は好き、程よく波打つ電子ビートに絡むJanetの囁きヴォイスでの“ら、は、あ、は♪”のフックが心地良い伸びでグッド。Fatman Scoopばりの雄叫びが絡む(Rodney Jerkins?R.Cityなる人物?)「Rollercoaster」はRodney Jerkins単独製作、これもなんとも全てが中途半端に混ざっていて頂けない、どこにも振り切れていないのが実情。Jermaine Dupriが製作(Shaffer SmithことNe-Yoがソングライティング)を担当した「Rock With U」は、最近流行のエレクトロな四つ打ちビート曲。Jermaine Dupriがこれを製作したってのも驚き、こういうテクノ路線が今のR&Bの主軸になっている証拠、しかしながらこの無機質ながらもクールにキラキラ輝くビートはJanetの薄く微弱いヴォーカル(良い意味)には映える、流麗にすんなりと鼓膜を鳴らします。続く「2nite」も同じくテクノエレクトロなビート展開で疾走感バッチリ、製作はこういうのもそつなくこなす技巧者StarGateという事で納得。同じテクノ路線でも途中での転調やベース使いが鋭くてカッコイイ、途中でのJanetのフック使いなんかもすごくクールでカッコイイ、これは成功してると思います。「Can't B Good」はNe-Yo率いるCompound Productins所属のD.DoRohn Goughによる製作曲(ソングライティングは勿論Ne-Yo)、繊細で清涼ながらも温かみのある美曲で本作のデザート的な存在。失恋の痛みを抱えながらもまた恋に堕ちそうになる感情を描いた詞はNe-Yoならでは、Janetの優しい歌声も綺麗で素敵。しかしそんな美曲を軽々と超えたのはJermaine Dupri製作(Co製作をManuel Seal、ソングライティングをJohnta Austin)の「Never Letchu Go」、“運命の相手のあなたをけして手放しはしない”と強く真摯に歌い語りかけるJanetのただただ涙零れるばかり(感動)、Mariah Carey「We Belong Together」ばりの美バラードを作ったJermaine Dupriの才能に賞賛の嵐を贈るばかり(拍手喝采)。とにかく優しくて広大でどこまでも澄み切っていて深い愛の歌、癒されて下さい。続く「Greatest X」も清涼感抜群の柑橘バラード、製作は鉄板タッグであるC. "Tricky" Stewart×Terius "The-Dream" Nashが担当。ここでは寄せては返すさざ波トラックでゆったりと聴かせて、ついでに専売特許のリフレイン効果を施した一曲でやはり耳に残る。兎に角このアルバムのハイライトは「Can't B Good」「Never Letchu Go」「Greatest X」の三連コンボで決まりでしょう(必殺)。ギュイギュイ歪んだ低音ビートに早回しっぽいフックが鼻につく「So Much Betta」はJermaine Dupri製作(Co製作はManuel Seal)、実験的なではありますが化学反応は起こせずで残念。しかしJermaine Dupri×Manuel Sealがこの鬱憤を綺麗に晴らしてくれたのがMissy Elliottが援護射撃の「The 1」、まるでRich Harrisonばりに生楽器バンドでドタバタと激走する様が痛快、そこにアグレッシヴに暴れるMissy Elliottのラップ最高に嵌っていてこの召還hナイスの一言。Sea Taylor製作(Ne-Yoソングライティング)の「Discipline」は異色、ドロっとしていて気だるいトラックに絡むJanetが妖艶で悩ましい、こういうアプローチもありなのかなとも。Rodney "Darkchild" Jerkins製作の「Curtains」は結構好き、プライベートでの彼だけへのショウを歌った内容のちょっとエロい感じも好きですし、それをちょっとキュートに愛らしくデコレートしたトラックも個人的には技ありでグッド。最後はCompound Productions所属のCharles Harmon製作(Co製作&ソングライティングをNe-Yo)の「Let Me Know」、キラキラ煌く感じは抜群なんですがインパクトがちょっと弱くも感じるかなぁ、Janetの歌声が囁き系だってのも手伝っているかなと。

う~ん、Janet Jacksonだけにかなり期待していたから、その期待を上回る事は出来なかったかなぁと(辛口)。前作『20 Y.O.』もどこかチグハグであまり好きにはなれなかったんですが、今回はだいぶJermaine Dupriも軌道修正が出来たかなって気がしました。やはり『janet.』や『The Velvet Rope』や『All For You』が素晴らしかったので、そこを意識して聴いてしまいますよね。やっぱりそう考えたら、彼氏のJermaine DupriではなくJimmy JamとTerry Lewisと組むべきかなぁ……。でもけして悪いんではないですよ、Jermaine Dupri製作の「Never Letchu Go」は文句なしの素晴らしさでしたから(満足)。
スポンサーサイト



Comments

No title
どうもリンクありがとうございます!!遅ればせながらこちらも・・・。
このジャネットは自分なじめませんでした・・・。Does't Really Matter、So Excitedが好きな自分は何気にファンからクレーム多かった20 Y.O.が好きです~。でもこのアルバムのNEver Letchu Goだけは死ぬほど好きです~。
No title
コメント有難う御座います★
そうですかぁ、『20 Y.O.』はC.COOLさん的にはナイスだったんですねぇ、あれは確かにあまり評判宜しくなかったですよねぇ(笑)。でもそういうのが面白いんですよねぇ、個人個人でベストが違うってのが魅力ですよねぇ。
このアルバムは本当に「Never Letchu Go」が凄まじく良かったですよねぇ、僕も同感で御座います。この曲ではJermaine Dupriも冴えてました、早く結婚したら良いのにですね!

Leave a Comment