RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Talib Kweli「Prisoner Of Conscious」
talib-kweli-prisoner-of-conscious-album-stream.jpg

N.Y.はBrooklyn出身のコンシャスMCの代表格、Talib Kweliの通算五作目となる『Prisoner Of Conscious』を御紹介。なんだか真面目な印象の強いTalib Kweli、現在のHip Hopシーンでも稀少な存在かもしれません。ちなみに“Talib”とはアラビア語で“探求者”、“Kweli”はスワヒリ語で“真実”、という事でやっぱり真面目ですね。一時期ほどにギャングスタなMCばかりもてはやされたりしなくなり、様々なタイプのMCが活躍していますが(Kendrick Lamarは最大の風穴)、コンスタントに作品を発表できているしTalib Kweliも根強い人気があるのでしょうね(嬉)。しかし、そんなTalibKweliの本作の題名は『Prisoner Of Conscious』、つまりは“コンシャスの囚人”ということ、さてどういった内容なんでしょうか。ちなみに私、英語が分からないし輸入盤買いましたので不明です(阿呆)。
それでは内容を簡単にですが紹介しますと・・・・・・まずはスルスルと滑らかしっとりなストリングスが美しく編み込まれた、Oh No制作の「Hummer Mic」で高貴に幕開け。この静寂寸前できらっと華開くメロディはなんとも美しく、その上をすーっと滑ってゆくTalib Kweliの鼻にかかった高音のラップがすんなり鼓膜を振動させてくれます。Eric B. & Rakimの永遠の名曲「Pain In Full」をサンプリング使用した「Turnt Up」はTrendなる人物が制作を担当、霧がかかるようにしっとりと纏わりつく女性の歌声、コツコツと雨音のように静かに打ち続けるビートとTalib Kweliの真摯なスタイルが絶妙にマッチング。続いては確固たる地位を築いたMiguelが客演参加した要注目の「Come Here」の登場、制作はSean C & LVという事で間違いないコンボが実現。サンプリングネタにThe Impressions「Potent Love」をあしらい、とっても華美でフローラルで柔らかな音色をフワフワと浮かべた、ドリーミーでメロウなトラックは秀逸そのもの(昇天)。いつもはちょっぴりダークめでナーバスな歌声を得意とする(?)Miguelですが、ここでは囁くような吐息ヴォーカルで淡く甘ーく華を添えております(美味)。RubixとBajahと共に疾風怒濤の如く駆け抜ける泥臭ファンキーな「High Life」はOh Noが再び制作、でろーんと伸び垂れ落ちるホーンの音色はどことなく南国っぽいテイストを醸し出し、その中でクラップ音を撒き散らしながらざらついたストリートを走り抜けるような荒々しさがカッコ良い。Saadiq Boldenが制作を担当した「Ready Set Go」では、まさかのMelanie Fionaが客演で参加しており一気に沸点到達ですね(笑)。これがまたキラキラ眩い電子音の移ろいがたまらない甘美なドリーミーミッドで、鮮やかな音色をぐんにゃり折り曲げながらトーンの違う世界をトリップさせる摩訶不思議な一曲(終盤にビートボックスを配する辺りも憎い)。Talib Kweliのなんだか可愛くて跳ねたラップも素晴らしいし、Melanie Fionaのソウルフルながら艶っぽさがスプラッシュした歌声も素敵でもう文句無しの仕上がり。またもやOh Noが制作を担当した「Hold It Now」はNasなんかが好みそうな地味で無骨なハードな削りの一曲で、ズタズタと無愛想に叩き続ける硬質ビートと、輪郭のぼやけたフラッシュみたいに点滅する曇りシンセの鳴りがドラマチックでカッコ良い。あのS1がArrow Brown「We Love Together」をサンプリングして制作した「Push Thru」では、歌い手のGlen Reynoldsに加えて、Curren$yにKendrick Lamarという通好み率100%な援護射撃を揃えた鉄板過ぎる一曲。ド渋くソウルフルながらもとてもラグジュアリで壮麗なメロディはS1のセンスの良さをきちんと証明しております(拍手)。冒頭から煙を纏いながらじわじわと周囲を包囲するCurren$yのスモーキーなラップ、涼しげにその煙を裂き舞い上がるTalib Kweli、最後に突如とテレポートで出現しベタベタと鼓膜にラップを残像化させる宇宙人みたいなKendrick Lamarと、誰もが個性強くてそれでいて正統派。Oh No制作の「Hamster Wheel」もソウルフルでいて滑らか流麗なトラックがとても品が良くてたまらない、清冽にして純朴なTalib Kweliの滔々と放出するラップに鼓膜が押し流され浄化される一曲(圧倒)。またもやS1が制作を担当した(Co制作にはCaleb McCampbell)「Delicate Flowers」もフローラルなソウルチューンで芳しさは半端ない(鳥肌)、こういう洒落こけた艶美アント(造語)なトラックもシックにキメてしまうところがTalib Kweliの凄さです。「Rocket Ships」は最近またグーンと仕事量(露出)が増えているRZAが制作を担当、そして相棒には暴れん坊のBusta Rhymesが選出されるという面白さ。RZAの王道な無骨で粗いドロドロなドラムロールと、バキバキと踏みつけるようなホーンで武装は完璧。柔らかくスマートに走り抜けるTalib Kweliを横目に、ビートをも押しのけ猛進突破するBusta Rhymesの重量級ラップが痛快。Abby Dobsonが咽び泣くようなソウルフルな歌声で激情プラスした「Before He Walked」は、E. JonesがDuke Ellington & Billy Strayhorn「Hey Buddy Bolden」をサンプリングし制作。このなんとも燻し銀にして鬱ブルージーなハードなトラックで、客演にNellyを呼び込む辺りがトリッキーで面白く、そのNellyもいつもの歌う様な上昇気流ラップでナイスアクセントになっております。Harry Fraudが制作した喧騒的なビープ音がこだまし、グルグル練られたうわずり系シンセ曲「Upper Echelon」は、Talib Kweliの鋭さがギンギンに輝いたクールな一曲。いま話題の注目人物Terrace Martinが制作した「Favela Love」はSeu Jonesがゲスト参加、じんわりじんわりと光が漏れて虹色を紡ぐような柔らかさと華やかさが美しく、それ以上に艶っぽく優しく響くTalib Kweliのラップがナイス。最後を締め括るのは、あのJ. Coleがトラックを制作(Add Vocalでも参加)した「Only Getts Better」で、更には客演にMarsha Ambrosiusまで参加した個人的のは熱過ぎる一曲(笑)。いかにもJ. Cole仕様な連打カチカチビートプログラムを背に、流麗かつ迅速に駆け抜けるこの疾走感は、Talib Kweliの最軽量化されたシャープなラップに超お似合い。

抜群の安定力でキレキ具合が半端じゃありません、なのにここ日本での人気(知名度)が反比例し過ぎている気がするTalib Kweli、もっとファンが増えてもおかしくない筈なのに(悔)。件のKendrick Lamar作品が好きだっていう若いリスナーなんかは、聴いて反応しそうだけど......いや、全然違うか(笑)。しかし客演も(毎度ながら)豪華ですし(それでいて的確で無駄は無い)、製作陣も全員が良い仕事をしているのでとても聴き易いです。もうちょっとジャケットが派手であれば、もっと目立つのにな(邪推)。英語の分からない僕でもカッコイイと感じられるのだから、もっと皆様に聴いて欲しい一枚。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment