RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil' Kim「Hard Core」
Lil_Kim_-_Hard_Core(album).jpg


“Queen Of Bitch”の異名をとる女王様Lil' Kimのデビューアルバム『Hard Core』を御紹介。もう誰でも知ってるベテラン女性MCで“Queen Of Bitch”を自身で名乗るLil' Kim様の記念すべきデビューアルバム。女性MCと言ったらLil' KimとFoxy Brownでしょう、やっぱり(断言)。そんな僕の中では特別好きなLil' Kimのデビュー盤、チェックしない訳にはいかないクラシックな仕上がりとなっています。
この頃のLil' Kimと言えば……やはりThe Notorious B.I.G.の愛人時代って感じでしょうか、まだ公にはしてなかったのかな……というより公言はしてないんだっけ、まぁとにかくBiggie率いるJunior M.A.F.I.A.の紅一点として、この作品から華々しい活躍を続けている訳です。最初からいきなりクラシックな匂いがプンプンのネタ使い曲「Big Momma Thang」はStretch Armstrongによる製作、下敷きにSylverster「Was It Something I Said」を使用。短いループ効果的に配した極上グルーヴなトラックだけでも充分に御機嫌なのに、なんとJay-Zまでが参加してクールなラップを聴かせてくれるんだから文句無しですよ(興奮)。「No Time」はDiddy(現在)ことSean "Puffy" Combsが製作を担当、下敷きにLynn Colins「Take Me Just As I Am」を使用しています。これまた超クールなネタ使いのトラック上で、The Notorious B.I.G.とPuff Daddy(当時)の声がちょっぴり聴こえるのが味噌ですな。「Spent A Little Doe」は玄人であるSkiが製作担当のメッチャ渋い昆布茶曲(褒)、悲哀のこもった繊細なピアノの旋律が美しいこのトラックはFrank Chacksfield & Orchestra「50 Ways To Love Your Lover」を使用した美麗曲。Andraeo "Fanatic" Heard製作でJeff Lorber「Rain Dace」使いの渋甘メロウ「Crush On You」なんかはモロにこの時代を反映したナイストラック(鳥肌)、ここではLil' KimだけでなくJunior M.A.F.I.A.の面々がマイクリレーを展開。ちょっぴり隠し味程度に使われているBiggieのフックがまた絶妙な匙加減でたまらない(鼻血)、全体的にこういう形でBiggieが関わっていてそこのこのアルバムの魅力。Fabian Hamiltonが製作を担当した「Drugs」も僕の涙腺を刺激するぽわわんと音が浮かんで弾けるメロウ系のトラック、フックではBiggieが思いっきりくぐもったあの声を聴かせてくれますし(鳥肌)。Lil' Kimを象徴するトラック名の「Queen B@$#h」はBad Boy Recordsお抱えの製作チームThe HitmenのCarlos BroadyとNashiem Myrickが担当、このトラックも緊張感漂う感じがヒリヒリしてLil' Kimに非常に合っている、しかもBiggieがちょっとラップ入れてるし。またまたThe HitmenよりPrestigeが製作を担当した「Dreams」は、たる~くも黒いトラックはJames Brown「Think(About It)」使いって事でちょっぴりファンキー。今やLil' KimとはBeefの真っ只中にある元同胞であるJunior M.A.F.I.A.が参加した「We Don't Need It」、ちょっぴりメロウでかなりイケてる、また再結成しないかなぁ。「Not Tonight」では驚く事にJermaine Dupriが製作で登場、これまた大ネタ中の大ネタであるGeorge Benson「Turn Your Love Around」を使用、おかげで清涼感ある一曲に仕上がっていてどこまでも爽やかな香りを残します(素敵)。一番最後の「**** You」はThe Notorious B.I.G.が製作&ゲスト参加、そんな良いトラックではけしてないけど、やっぱりBiggieの製作ってのは大きいか。

最近のLil' Kim作品を聴いている人がコレ聴くとビビるでしょうね、あまりにタイト過ぎて(尖)。本当に通なトラックメイキングで格好良い、地味に感じるその直向さがキラリと輝いています(最高)。Lil' Kimのラップってなんか格好良くて好きなんです、昔も今の作品もね。最近ではTVの仕事が忙しいみたい、早く新作を聴かせて欲しいな。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment