RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Birdman「Birdman」
baby-birdman.jpg


老舗レーベルCash Money RecordsのCEOであるBirdmanの通算二作目となる『Birdman』の御紹介。Cash MoneyといえばLil Wayne、Juvenile、B.G.などの人気MCを輩出した大手レーベル(現在はJuvenileとB.G.は離脱)、Birdman自身もMannie Freshと共にBig Tymersを結成したりとMCとして活躍しています。この作品はBirdman名義でなくBaby名義での作品なのかな、もう訳が分からなくなるので兎に角Birdmanでの御紹介とさせて頂きます。
そんなこんなで内容にちと触れてみたいなと思います……ハッキリ言ってMCとしての実力にはいささか疑問があるのがBirdmanらしく、英語もHip Hop文化も分からない僕にはそこはよく分からないんですが、でもまぁCash Moneyのボスだけあってなかなか強力な面子で固められています。ハンドクラップを効かせながらも南部のゆったりな風を受ける「Fly In Any Weather」はJazze Phaが歌参加、Birdmanの鳥真似(?)した“ぷるるるるる~♪”がちょっと耳障りに感じながらも、Jazze Phaの相変わらずな歌声に乗ってみたり。「Ms. Bird」ではMannie Freshが製作だけでなくラップでも参加、Mannie Freshらしい可愛いながらも一筋縄ではいかせないトラックは面白いし、Mannie Freshしか出せないあのフックでお腹一杯だったり。そのMannie Fresh製作でLil Wayneを援護射撃に迎えた「I Got To」もMannie Fresh製作、しかしここではちょっぴりソウルフルな香りを醸しつつ女性ボーカルの援助も受けてなかなかメロディアス、でもLil Wayne聴くとBirdmanが面白くなく感じてしまいます(失礼)。Mannie Fresh製作(Co製作をLeslie Brathwaiteが担当)の「Never Had Nothin'」はなかなかBirdmanが聴かせてくれていてグッド、Run DMC「King Of Rock」使いの哀愁バキバキチューンもナイスな作り。「Baby You Can Do It」は本作の超注目曲、Timbaland製作でToni Braxtonに歌フックを任せた鉄板曲。トラックビートはTimbaland特有の変態趣味はなく、SOS Band「Take Your Time(Do It Right)」を下敷きにした夏っぽい爽やかディスコ風味の疾走チューン(最高)。とこれだけではライトになるかもという事でToni Braxtonのあのコクのある歌声も入れてほろ苦く、これが絶妙の匙加減で抜群の仕上がり、これで主役がBirdmanでなくLil Wayneだったらなんて考えてしまいます(失礼)。でもこの曲は本当に良く出来ている、Birdmanのあの聴き易いラップがすんなりと嵌ってます。「What Happened To That Boy」ではThe Neptunesが製作を担当し、Clipseが援護射撃をぶちかます間違いない一曲、The Neptunesらしい奇天烈電子音ループにBirdman得意の“ぷるるるるる~♪”がカッチリと嵌る(この時に初めて上手く機能した気がします)クールな一曲、しかしもう完ッ全にClipseに喰われています、これはもうClipseの曲にBirdmanがfeat.されています、出来はカッコ良くて素敵ですよ(褒)。「How It Be」はJermaine Dupriが製作(Co製作をBryan-Michael Coxが担当)、そのJermaine Dupriと一緒に実力派シンガーTQが参戦、TQはもうともかくとしてBirdmanは完全にJermaine Dupriにも負けています(惨敗)、声にまずBirdmanは魅力が感じられないんですよねぇ(首傾)。そのTQが甘~いファルセットで一気に感情を揺さぶるMannie Fresh製作の「Fly Away」がもう最ッ高に熱くてとろけるナイスメロウ、Justin Timberlakeっぽい細いファルセットがグッと鼓膜を惹きつけるカラっと涼やかなチューンで、もう最高としか言い様がないです(絶賛)。これまたMannie Fresh製作のパーカッションと電子音がバウンスする「」もクールでカッコイイ、Boo & GottiにKeith MurrayにMikkeyというなかなか濃いマイクリレーも聴き手を飽きさせない色彩感覚でナイスバランス。「Do That...」はP.DiddyにMannie FreshにTateezeのマイクリレー、どこかBad BoyっぽくもあるしThe NeptunesらしくもあるこのトラックはJazze Pha製作という事で驚きました。これでもBirdmanはP.Diddyに負けていますねぇ、誰に勝てるんだろうか。Jazze Pha製作でそのJazze PhaとTQが歌声ぶつけ合う「Ice Cold」はオモシロ可愛い、伸びやかで遊び心たっぷり、これはTQの歌声が全体を締めてるから悪ふざけになっていないんです(笑)。「Ghetto Life」はなんとSwizz Beatzが製作を担当の電子音ベンベンの弾く一曲、トラック自体は音数少なくてシンプルな響きの分、Lil WayneにCam'ronにSwizz Beatzという個性が活きる一曲。そして最後を締め括るのはMannie Fresh製作の鋼鉄ジャキジャキトラック「Keeps Spinnin'」、ここではBirdmanに加えPetey PabloにT.I.が外部から参加したナイスな一曲。全く以ってこのPetey PabloとT.I.の出番は本当にちょっとなんですが、それでも二人だとすぐに認識出来る存在感で抜群に魅力あり、フックを担当するTQのセンシティヴなファルセットもキーンと盛り上げるナイスな歌声。

Birdman自体はそんな個性が強い訳ではなくさらっと流してしまいそうですが、そこはゲスト陣との絡みで上手く逃げ切っています(笑)。この選曲とゲスト陣でLil Wayneが作っていたら、もっと魅力の詰まった面白い一枚に仕上がったかもしれませんねぇ(惜)。Lil Wayneとは親子の様な絆(噂では恋人とも……!?)で固く結ばれているBirdman、これからもMCとして活動するのでしょうね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment