RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Lil Wayne「Tha Carter Ⅲ[Deluxe Edition]」
lilw-tc3.jpg


“今生きている中で最も熱いMC”ことLil Wayneの通算六作目となる『Tha Carter Ⅲ』を御紹介。今のLil Wayneは本当に誰の目から見ても最強、これほどの人気を誇っているのはその客演依頼の多さからも伺い知るには余りあるぐらい(多忙)。そんなLil Wayne絶頂期にドロップされた“Tha Carter”シリーズ第三章、もう殆どの方が購入済みなんでしょうね。
皆が持ってるだろうから必要ないんでしょうが……兎にも角にも最強のMCが最強の布陣を揃えて挑んだ大作、これはもう抜かり無し状態といえます。皆の期待を背負って「3 Peat」でドロっと幕開け、製作はVaushaun "Maestro" Brooksが担当。Lil Wayne特有のあの粘着質で爬虫類の様に這うフロウが爆発、最近はちょっと度が過ぎるぐらいに絡み付いてきます。そして早くも注目曲「Mr. Carter」が登場、Dwayne Michael CarterことLil Wayneと、Shawn Corey CarterことJay-Zの、正に“Carter”競演曲が実現。Andrews "Drew" CorreaとInfamousによる共同制作のトラックはかなり地味で、これだけの強者のタッグながらもちょっと物足りない、Jay-Zは相変わらず紳士的なフロウでスマートにキメてくれて、心地良い風を吹き込んでいます。しかしこのJay-Z×Lil Wayneならやはり「Hello Brooklyn 2.0」の方が数百倍カッコ良かった、「Hello Brooklyn 2.0」と全く逆のアプローチなんでしょうがこれは物足らなかった。そんな中でLil Wayneの中毒起こすラップでダウンさせられるのがShondrae "Mr.Bangladesh" Crawford製作のスクリュー曲「A Milli」、Lil Wayneの舐め回すフロウだけでも目が回るのに、そのうえ呪文の様に“あみり♪あみり♪”と渦巻くフックが耳にこびり付く、これぞ正にドラッグ曲です。歌部門の客演王ことT-Painが援護射撃の「Got Money」はPlay & SkillzとT-Painが製作を担当、T-Painの一本調子な歌フックがまた癖があって彼らしい技法、それに全く喰われずボコったフロウをかます(途中で挟んだRihanna「Umbrella」のライン“えら♪えら♪ええええええ♪”にはヤラレた)Lil Wayneはやはり個性が突出している。「Comfortable」ではKanye Westがトラックを製作、そしてゲストになんとあのBabyfaceを起用した激甘メロウを展開。Kanye Westにしか書けない美しく心地良い温かソウル曲に、Babyfaceのハート溶かす甘美な歌声が乗ってすぐに昇天、Lil Wayneが魅せるこういうゆったりしたフロウもリラックス出来て僕は好き。映画のサントラの様にトラック自体に物語を感じさせる「Dr. Carter」はSwizz Beatzが製作を担当、David Axelrod「The Smile」使いの怪しくカッコイイ曲はおよそSwizz Beatzとは想像もつかない、でもカッコイイ、Swizz Beatzの底力を痛感させられました。「Phone Home」は久々にCool & Dreが製作を担当、“ふぉーんほーむ♪”を連呼するミステリアスなこのトラックはあまり好きになれない。Cool & Dreは好きな製作チームなだけに厳しく評価してしまいますが、最近はあまり素晴らしい仕事してない気がする(惜)。「Tie My Hands」は前作に引き続きでは唯一の参加となるRobin Thickeが製作&ゲストで参加、Robin Thickeらしいクラシックで優美なトラックに彼の憂いを帯びた歌声が悩ましく絡む静寂曲。Lil Wayneも囁きかける様にフロウ、この空気はRobin Thickeでないと味わえないもの。Darius "Deezle" Harrisonが製作を担当した「Mrs. Officer」はBobby Valentinoが歌参加、どこか南の風のような陽気さと柔らかさを含んだトラックが爽快で胸の中を突き抜ける素晴らしい仕上がり(好曲)。しかしここではやはりBobby Valentinoに賞賛を浴びせるしかないです、その甘酸っぱい歌声で繰り出す“うぃーううぃーううぃ♪うぃーううぃーううぃ♪うぃーううぃーううぃ♪”のリフレインは瞬殺の妙技でした(完敗)。しかも最後の方ではラップも披露、これは流石のLil Wayneも存在感で少し負けていました(僅差)。「Let the Beat Build」はKanye Westが再び製作で参加、なんてことないトラックでこれは肩透かしだったかな、まぁKanye Westがラップで参加しなかったから良いか(Kanye Westのラップが最近ちょっと苦手)。先行シングルとしてヒットした「Lollipop」はJim Jonsin製作(Co製作をDarius "Deezle" Harrisonが担当、ソングライティングではSean Garrettが参加)、T-Pain専売特許のボコーダー使いでレロレロなるLil Wayneの蜃気楼フロウがこれまた中毒性高くて癖になる(目回)。そこに換気する様にライトな歌声を挟むのがStatic Major、先日亡くなられて知ったんですがあのPlaya所属の方なんですね。Aaliyah「Loose Rap」で聴いてたので知ってたんですよね、良い歌声を持ったシンガーを失いましたね。David Banner製作の「La La」はBriscoとBusta Rhymesが参戦、遊園地に迷い込んだ様なトラックがあまり好きになれず、せっかく大好きなBusta Rhymesがフロウをかますもしっくり来ない(残念)。Streetrunner製作でBetty Wrightが喉を唸らせ熱く拳を回す「Playing With Fire」はLil Wayneには不似合いな気がしてどこかチグハグに感じたのが正直な感想、上手く調理出来てない気がします。「You Ain't Got Nuthin'」ではFabolousとJuelz Santanaというこれ以上ないという精鋭が参戦、The Alchemistが製作したあまりに彼らしい不穏で不気味なトラックがシリアスでピーンと線を張っててイイ。三者三様の立ち回りで上手く機能している、どこから食べてもあんこにぶつかる豪華過ぎるどら焼き曲で満足。最後を飾るのはRodnae製作のNina Simone「Don't Let Me Be Misunderstood」サンプリング曲「Dontgetit」、良い意味で埃っぽいソウルマナーに則ったレトロなトラックはなかなかのコク深い味わい、Lil Wayneの語るラップも渋くキマッていてナイス。
とここまでが本編、これとは別に“Deluxe Edition”にはもう一枚ボーナスCDが付いていまして。「I'm Me」はDJ NastyとL.V.M.のタッグが製作の裏幕開け曲(幕開けとしてはこちらの方がカッコイイ)、「Gossip」はStreetrunner製作でどこか不思議な感覚に陥るシリアス曲、「Kush」はVaushaun "Maestro" Brooks製作のCon Funk Shun「Honey Wild」使いでアジアンキュートな香り、「Love Me Or Hate Me」はGX製作の荘厳曲、「Talkin' About It」はInfamous製作のデジタルなオーケストラ音で鋭く弾くなかなか面白い一曲。

率直な今の感想を述べますと、かなりの期待を寄せていた本作は期待通りの仕上がりでした。世間様よりは低めにそれなりの期待で待ち望んでいたんで、下回るでもなく上回るでもない感触です。前々作の『Tha Carter』も前作『Tha Carter Ⅱ』も充分(あの頃は意外と)素晴らしい仕上がりだったので、それらを超えたかというとそうではないかもしれません。でもまだそんなに聴き込んでいないですからね、これからもっと魅力が増すって事もありますし。しかしボーナストラックを含めたら全21曲収録、これはLil Wayneに脂がのっている証拠ですね、仕上がりとしても最高水準をキープしていると思います。もはやHip Hop界を登り詰め、他とは一線を画しているのは明確、Weezyの快進撃はまだまだ続きます。
スポンサーサイト



Comments

No title
もうこのアルバムが神でしかたないっす・・・。いまさらながらにLil Wayneにやられています・・・。

あ、もうリンク大歓迎です!!こちらもリンク貼らせていただけるのならぜひもうお願いします~。

No title
確かに、今のLil Wayneは誰にも止められない破竹の勢いですよね(圧巻)。僕もまだよく聴いています、なんだかんだで「A Milli」のグルグル感に嵌ってしまっている自分がいて、Shondrae "Mr.Bangladesh" Crawfordが要注目Producerとなっています(今更)。

リンク、貼らせて頂きました、有難う御座います、また遊びに行かせて頂きます★

Leave a Comment