RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Mase「Harlem World」
mase-ha.jpg


The Notorious B.I.G.の次にBad Boy Recordsの看板MCであった元牧師、Maseの記念すべきデビューアルバムとなる『Harlem World』を御紹介。少し鼻にかかった甘ったるく優しい鼻声ラップで愛されたMase、正確には“Mase”ではなく“Ma$e”表記が正しいんですが、ちょっと面倒なのでここでは省略致します。
そんなこんなで内容について触れますとですねぇ……流石は当時のBad Boy Recordsといえば全盛期だった訳で、そんなBad Boy Recordsから送り出されたMaseはかなりの手厚い待遇(完璧な製作陣と豪華なゲスト陣)を施されています。まずは幕開けを飾る「Do You Wanna Get $?」ではボスPuff Daddyが客演で参加、製作はDeric "D-Dot" AngelettieでPeter Brown「Do You Wanna Get Funny With Me」を使用。シンプルに打ち続けるビートがかえって浮き上がってて格好良い「Take What's Yours」はNashiem Myrickが製作を担当、ここではDMXが援護射撃という豪華さでまず失神、しかしここでは残念ながらフックのみの登場、でもDMXの吼えカッコイイは存分に堪能できる一曲でグッド。Sean "Puffy" Combs製作の「Will They Die 4 U?」ではPuff DaddyとLil' Kimが参加、しっかしこうやって聴いてもPuff DaddyとMaseのラップスタイル(声質)は似てる、Puff Daddyは当時Maseのスタイルを真似ていたんでしたっけ。という事で二人が混じっちゃってインパクトに欠ける、そんな中でもカッコ良くタイトにキメてくれるLil' Kimは本当に根性据わってます(拍手)。続く「Lookin' At Me」もそんなPuff Daddy参加の一曲でどちらも軟弱過ぎて魅力相殺、がしかしこのトラックは若かりし頃のThe Neptunes製作って点で特筆すべきかと。The Neptunesっぽい電子トラックではあるけれど、やはりまだあの奇天烈クールは確立されていなくて物足りないかな(辛口)。柑橘系の甘酸っぱさで爽快に駆け抜ける「Love U So」は完全にBad Boy特製で思いっきり僕好み、製作はSteven "Stevie J" JordanでサンプリングにTeena Marie「Square Biz」を使用。ここでは可愛い歌声で茶目っ気たっぷりにBilly Lawrenceがフックを披露していてこれもナイス要素、またこういうキャッチーなトラックにMaseの柔らかく撫でるようなフロウは嵌るんです。Mo-Suave-Aなる人物が製作した「The Player Way」ではEightball(現8 Ball)とMJGの凶力タッグが参加、なんですが二人は上手く流麗トラックにマッチするスマートなフロウを展開(曲者)。DMX周りでトラック作っていた(多分)Greaseが製作のダークな鋼鉄曲「Niggaz Wanna Act」では破壊力抜群のBusta Rhymesがフック参加、最後の方でフック繰り返しでBusta Rhymesの爆発を楽しめるんですが、もうBusta Rhymes絡んでしまうとMaseは物足らないです(失礼)。でもそんなMaseもSean "Puffy" Combs製作のKool & The Gang「Hollywood Swinging」使いの「Feel So Good」では本領発揮、こういうライトでメロディラインが鍵のトラックでは素敵な軟弱具合です(褒)。続いてもSean "Puffy" CombsがCurtis Mayfield「Right On For The Darkness」を使った「What You Want」では女性ボーカルグループTotalが参加、この曲はもうクールの乗りが完全にTotal得意パターンで、完全にTotalに耳奪われます。「Cheat on You」は嬉しい事にJermaine Dupriが製作を担当、ここではMichael Jackson「Don't Stop 'Til You Get Enough」をサンプリングした透き通るようにクリアなスウィート曲を用意。そこに絡むのはLil' Ceaseと帝王Jay-Zだから文句無し、特にJay-Z登場ではもはやJay-Zの曲と化してしまう程の存在感(圧巻)、また112がハーモニーを聴かせている辺りも高得点の鍵。Deric "D-Dot" Angelettie製作の「24 Hours To Live」ではThe Lox(御存知Jadakiss、Styles P、Sheek Louchの三人構成)にBlack RobにDMXと、Ruff Rhydersの面々が参戦、このマイクリレーも男臭い燻し銀な格好良さで痺れ上がります。Deric "D-Dot" AngelettieとCarl "Chucky" Thompsonが共同制作した浮遊感漂う不思議トラック「I Need To Be」では女性シンガーMonifahが参加、Maseにここまでユルユルと進まれるとちょっと眠たくもなります(笑)。Sean "Puffy" CombsとRon "Amen-Ra" Lawrence製作の「Wanna Hurt Mase?」は文句無しにカッコイイ、これはもうMaseの独壇場で粋に聴かせてくれて熱いです。最後を飾るのはSean "Puffy" Combs とJ-Dubが共同製作した胸キュンメロウ曲「Jealous Guy」、ハーモニー添える112はいつものように素晴らしいんですが、それに負けじとフロウでなく歌声(下手)を披露するMaseの愕然、これは失敗だと思います、ふざている様にも感じてしまいます(残念)。

最後は完全なる失敗ですが、一枚を通して聴く分にはなかなか楽しめる一枚だと思います。キャッチーなHip Hopが嫌いな方は敬遠しましょう、あと硬派なMCが好きな方も(笑)。Q-TipやFabolousやLil Wayneなどナヨった声のMCは数多くいますが、ここまで軟派で可愛い声のMCはMase以外にはいないでしょう。いや、良い意味でですよ、でもやはり多くの客演陣に助けられているのも事実ですが。
スポンサーサイト



Comments

No title
どうも遊びに来ました~。

そういえばMaseってG-Unitに入ったか入らないかで今どうしてるのかな~って思ったとこです。確か一回牧師に戻ったってのは聞いてたけど・・・。

あ、よろしければリンクいいですかね?

No title
C.COOLさん、こんばんわ、コメント有難う御座います。

そうですよね、MaseってG-Unitに加入してましたよね、MaseといいM.O.PといいG-Unit加入したは良いけれど、結局は作品をドロップ出来ないままでいますもんねぇ(悲)。

G-Unitは今、50 Centも苦戦しているみたいだから(実際はそうではないでしょうけど、Kanye Westとのセールス敗戦は痛かった気が)、なかなか難しいんですかねぇ。久々にMaseのあの可愛いラップも聴きたいですけどねぇ。

あ、こんなブログをリンクなんて、して頂けるだけで有り難いです(感謝)。僕も自身のお気に入りにはC.COOLさんのブログ入れているんですが、この“RocBox”にリンク貼って良いですかねぇ??

Leave a Comment