RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Puff Daddy「Forever」
pd-fec.jpg


Hip Hop界だけでなく、米国におけるShowbiz世界で大きな成功を収めているBad Boy EntertainmentのCEO、DiddyことP.DiddyことPuff Daddyの通算二作目となる『Forever』を御紹介。全くもって名前を変え過ぎです、今は結局またP.Diddyに戻したんでしたっけ、この頃はPuff Daddyを名乗っていました。P.Diddyが好きという訳でなく、彼らの創る音楽が好きな僕、という訳で本作も音狙いで購入していました。
そんな訳で本作の内容なんですが……流石は業界人のPuff Daddy(以降はDiddy表記)という事で、これまたなかなか多彩なゲスト陣が終結、これだけで充分に聴き応えがあると僕は考えます。あと製作にはほぼ全曲でSean "Puffy" Combsが関与(Additional ProgrammingではMario "Yellow Man" Winansがほぼ全曲関与)、なので彼の名前は省略して紹介します。まず幕開けを飾るのはZach White製作の「What You Want」、静かな流れに電子音が交錯するナイススタート。Ron "Amen-Ra" LawrenceにMario "Yellow Man" Winansが共同製作した「I'll Do This For You」では超実力派のKelly Priceが歌声参加、Bad BoyらしいFoxy「Get Off」使いのキャッチーメロディにKelly Priceの深みのある歌声が格好良い一曲。「Do You Like It... Do You Want It...」ではCEO(最高経営責任者)仲間である帝王Jay-Zが参加、Daven "Prestige" VanderpoolがL.L. Cool J「Wanna Got Paid」を大胆に(というよりモロに)使ったこれまたキャッチーなBad Boy醍醐味の一曲で僕は好き(笑)。特にJay-Zはこういう爽やかメロディにも充分対応出来ていてクール、これはJay-Zに酔い痴れるべき一曲。Jeffery "J-Dub" Walker製作の「Satisfy You」ではR.Kellyが参加、Club Nouveau「Why You Treat Me So Bad」をサンプリングしたどこか悲しげでミステリアスな一曲。R.KellyとBad Boyは結構絡んでいるんでこの共演もしっくり来る、R.Kellyのどこか寂しげで悲哀に満ちた歌声が濡れていてグッと来る。「Is This The End(Part Two)」はDent製作(Background VocalでJack KnightとCheri Dennisが参加)、ここではDentが高速Twsitaに合わせた激走トラックを提供、Diddyも負けじと頑張って応戦。途中でJack KnightとCheri DennisのフックをTalkboxで捻じ曲げる辺りの加工っぷりが憎い、流石はDentと感心しました(溜息)。Nashiem MyrickとCarlos "6 July" Broadyが製作した「I Hear Voices」はRyo Kawasaki「Bamboo Child」が下敷きのなんとも怪し~い不穏トラック、これに絡ませたのがCarl Thomasというのが納得いかない(憤慨)、せっかく素敵な歌声してるんだから奇を衒わず歌物トラックに起用して欲しかった(残念)。MC Lyte「Paper Thin」をサンプリングしたファンキーでぶっといビートが痺れる格好良さの「Fake Thugs Dedication」はSean "Puffy" Combs単独で製作、ここで援軍にRedmanを召還した辺りが上手い(策士)、実質Redmanはフックのみの登場なんですが破壊力抜群で縦横無尽に暴れ捲り(衝突)、これが功を奏してなんとも力強くも躍動感溢れる一曲に仕上がっています。「Angels With Dirty Faces」ではRon "Amen-Ra" Lawrenceが定番の大ネタEarth, Wind & Fire「Fantasy」をベッタリとサンプリング、ここで舞うのはBone Thugs-N-HarmonyのBizzy Bone、Twsitaとはまた違った超高音の高速フロウで切り刻みます。Nashiem MyrickとCarlos "6 July" Broadyが共同制作したLes McCann「Benjamin」使いの「Pain」はG-Depがゲスト参加、Wu-Tang Clan辺りがやりそうな曇ったピアノ旋律が怪しく黒光りするシリアスな一曲、これはトラックも素晴らしいからDiddyにはちょっと勿体無いかな(笑)。引き続きNashiem MyrickとCarlos "6 July" Broadyが製作した「Reverse」ではBad Boy家族であるShyneにG-Dep、加えてSauce Money(今何処へ?)にCee-LoにBusta Rhymesと豪華MC陣がマイクリレーを展開。そして本作の最重要曲がThe Notorious B.I.G.が降臨する「Real Niggas」、Deric "D-Dot" Angelettieが製作したズシっと重たく殺伐としたトラックに乗っかるBiggieの太く曇ったラップが最高にカッコイイ一曲(失神)。そしてもう一人参戦しているのがLil' Kim、彼女は女性MCの中でも突出した格好良さでクールに決めてくれるから好き、この際Diddyはもう出来に関係はありません(苦笑)。そういう意味では続く「Journey Through The Life」も同様、Nashiem MyrickとCarlos "6 July" Broady製作のAl Green「Your Love Is Like The Morning Sun」使いのトラックにNas、Beanie Sigel、Lil' Kim、Joe Hookerと濃い面子がマイクを回す鉄板曲。この曲のトピックはやはりNasとBeanie Sigelの共演、Jay-ZとBeef関係にあったNasとBeanie Sigelが絡むのはかなりレアかと。「Best Friend」は本作中で最もBad Boy色が色濃く滲み出た一曲、Sean "Puffy" CombsのMario Winansの王道タッグがChristopher Cross「Sailing」という超定番の大ネタを使用したTHEキャッチーメロディアス。この曲はもう完全にあの名曲「I'll Be Missing You」の焼き直し、112をMario Winansに差し替えたのみと言ってもいいぐらい、なんだけど……好きです(惨敗)、まずMario Winansが歌っているだけで充分聴き応えあるんですよ、そしてこの胸に染み入る切ないバラード、これだからBad Boy作品はやめられない(虜)。

Puff Daddyのラップ云々ではなく、トラックと豪華なゲスト陣で楽しめる一枚、Bad Boy好きなら聴いて絶対に損はありません。Bad Boy嫌い(というよりDiddy嫌い)の方も沢山おられますが、僕は断然と肯定派、別にキャッチーで商業的でも良いじゃないですか、音楽なんですから。なんて言っていると“貴方はHip Hopの本質を分かっていない”と言われるんでしょうね、でもきちんと楽しんで愛しているんですよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment