RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Big Tymers「Hood Rich」
bigt-hrcovs.jpg


BirdmanことBabyとMannie Freshで結成された強面デュオ、Big Tymers「Hood Rich」で御紹介。Cash Moneyは今でこそLil Wayne(かつてはJuvenileも在籍)で有名ですが、一昔前からこの二人が切り盛りして今の成功にまで導いたのです。今では袂を分かってしまったMannie Fresh、ですからこのBig Tymers名義の作品は貴重といえば貴重なのかななんて思ったりも。
それでは前置きはそのくらいにして……まず述べておきますがほぼ全曲をMannie Freshが製作しています(当然)、まずはそのMannie Fresh製作の曲群から。可愛いながらもやはり重たさも感じる「Oh Yeah!」、ゲストにTateezeとBoo & Gottiが参加。これぞMannie Fresh楽曲といった感じの王道「Still Fly」、今にもMannie Freshの“えぱえぱふれっしゅ♪”が出そうで出ない。女性とのフォントークをあしらった悩ましい「Preppy Pimp」から流れ込む「Hello」、なかなかな歌声の女性シンガーとめちゃ下手なBig Tymersの歌声が絡む一曲、途中の転調といいトラックは最高の仕上がりなんですが(惜)。The Notorious B.I.G.にやらせてたらきっと傑作になっていました(妄想)。そんな鬱憤を一気に晴らす完全サウスな「#1」、チキチキピュンピュンな変則ビートに合わせてBabyがラップ、ここで初めてBabyの存在を認識できたかも(失礼)。そして「Gimme Some」では実力派シンガーのT.Q.とBarewolfが参戦、夕日の沈む海辺を車転がしながら聴けば最高に気分が高まるであろうメロウ曲、T.Q.の甘酸っぱい歌声も素敵だしBig Tymersの二人も負けじと気持ちの良いラップを披露。こういう曲もさらりと作れてしまうMannie Fresh、顔に似合わず恐るべしで御座います(感服)。これまた軽快なR&B曲に合わせてパーカッションが鳴るどこまでも爽快で心地良い「Get High」、ここではJazze Phaがその癖のある下手ウマな歌声で唸ります。Jazze Phaの歌声もなんだかんだで好きですが、よければSleepy Brownの方が好みだったかなぁと(妄想)。ホーンとトランペットが鳴りバウンスする「Pimpin'」も一筋縄ではいきません、女性の歌声合いの手が良いスパイスです。The Neptunes辺りがやりそうなゲーム音のようなシンセが飛ぶ「Put That S**t Up」、これもまた一味違ってて好きですね。「Da Man」ではTrick Daddyが客演で参加、こういうメロディ物にTrick Daddyはよく似合う、南部のこういう土臭いメロディセンスが僕は大好きです。これまたドカドカと鳴らして響くトラックがBig Tymersのラップに似合う「Lil Mama」も、メロディアスにしかしサイケ要素も取り入れた「My People」ももう上出来過ぎる仕上がり、Mannie Freshがこれほどまで優れたProducerだったとはと痛感しました(謝)。とまぁほぼ全曲がMannie Fresh製作で、「Sunny Day」「I'm Comin'」の二曲がJazze Phaによる製作、個人的には後者のベッタベタな騒ぎモノ曲が好きです。

Mannie Fresh恐るべしといった感じで、あまりBabyについて書かなかったですね(笑)。おかしな話でこれがもしBirdmanでなくLil Wayneとのタッグで作られていたら……あと50点は上乗せ出来たかもしれませんね(失礼)。そう言いつつもBabyが取り掛かっている自身のソロプロジェクトは気になっていたりします、サウス好きなら要注目ではないでしょうか。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment