RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「The Blueprint」
jzbpc.jpg


僕の敬愛してやまないMC、JiggaことJay-Zの通算6作目となる『The Blueprint』を御紹介。Jay-Zはこれまで発表してきたアルバムで、過去二回Source誌において栄誉あるマイク五本を獲得しているんですが、その一枚となるのがこの『The Blueprint』で御座いまして、つまりはこの一枚はJay-Z嗜好家だけでなくHip Hopの歴史上でも欠く事の出来ない重要な一枚なのであります(宣言)。彼の描く青写真が一体どんなものなのか、皆様気になる筈です。
前置きはこのぐらいで曲目をさらり……まず幕開けはパーカッション鳴り響く「The Ruler's Back」で製作はB!nkが担当、Jackie Moore「If」を下敷きにしたこの曲は幕開けに相応し過ぎです(拍手)。最近でもちょくちょくはクレジットで名前をみるB!nk、僕は大好きなProducerの一人です、彼とJay-Zのタッグは相性抜群だったから、また組んで名曲を生んで頂きたい(熱望)。The Doors「Five To One」をサンプリング(あとKRS-One「Sound Of Tha Police」も使用)した重苦しいビートで鬼気迫る「Takeover」はKanye West製作曲。あのMobb DeepとNasを相手に冷静なラップで切り刻むBeef古典曲。Jay-ZとNasのBeefがどれほどに熱く、そして高水準で繰り広げられていたか、ここでのそのNas宛てのライン一節を辿りますと……

「Had a spark when you started but now you’re just garbage
(出始めのころは勢いもあったけど今じゃゴミ同然)
So yeah I sampled your voice, you was using it wrong
(そうさ、俺はお前の声をサンプルしたさ、お前のやり方が正しくなかったから)
You made it a hot line, I made it a hot song
(お前はホットなラインを生んだかもしれないが、俺の場合は曲全体がホットだった)
Use your brain! You said you been in this ten
(頭使えよ、お前は10年間このゲームをやってると言った)
I’ve been in it five – Smarten up Nas
(俺は5年だ、賢くなれよナズ)
Four albums in ten years homie? I can divide
(10年間に4枚のアルバムだって?割ってみるか)
That’s one every let’s say two, two of them shits was due
(そうだな…2枚のうち1枚、計2枚はまあまあの出来だった)
One was –NAHHH, the other was “Illmatic”
(1枚目は…いや、そしてもう1枚が“イルマティック”)
That’s one hot album every ten years average
(てことは、平均で10年に1枚しかホットなアルバムが出せないってことだ)
And that’s so –LAAAAAAAME! Homie switch up your flow
(そりゃあ情けない話だぜ、そのフロウを変えるべきだな)


……とこんな感じ、僕は痺れます(卒倒)。結局この時の勝負は僅差でNasの勝利となりましたが、これほどまでに素晴らしいBattleはもうこの先無いのではないでしょうか。勿論Nasのラインも途轍もなく素晴らしく、同じく痺れました(卒倒)。続いてもKanye Westが製作を担当し特大ヒットとなったHova賛歌「Izzo(H.O.V.A.)」はThe Jackson 5の有名曲「I Want You Back」を惜しげもなく使用、鬼の様にキャッチーな反則スレスレの一曲(好物)。タイトルの“Izzo”も“Hova”も御存知Jay-Zの別の愛称、こういう自分を魅せる頭脳戦が本当にJay-Zは巧い、だから長年に渡って第一線で活躍しているんです。「Girls, Girls, Girls」はRoc-A-Fellaお抱えのJust Blazeが製作を担当したメロウ曲、Tom Brock「I Love You More And More Every Time」を下敷きにしたキラキラ美しいトラックテーマに、女性賛美歌はバッチリと合致。フックにあのQ-Tip、Slick Rick、Biz Markieをたったちょっとの出番で使う贅沢な演出(この誘いを受けた三人も心憎い)。「Jigga That N***a」はTrack MastersのToneとPokeのコンビが製作を担当、この二人は嫌いではないけれどこの作品の評価を少し下げている様な気がするんですが(辛口)。再びJust Blazeが製作を担当した「U Don't Know」はBobby Byrd「I'm Not To Blame」を得意の早回し、この曲は最初そんな印象薄かったんですが、聴いているうちにどんどん嵌って(中毒)。ここでのJay-Zの貫禄たっぷりのゆったりフロウが凄まじい、Just Blazeとの相性良過ぎです。「Hola' Hovita」はここでまさかのTimbaland製作曲(個人的見解)、いつものTimbalandに比べればかなりまともですし、クオリティもけして低くはないんですけどね。しかしKanye West製作の「Heart Of The City」で再び本来のソウル回帰、Bobby "Blue" Bland「Ain't No Love In The Heart Of The City」を下敷きにした黒くも情感溢れる一曲はKanye Westならでは。そのKanye Westが続いてもその手腕を揮った「Never Change」はDavid Ruffin「Common Man」をサンプリング、涙腺を直に刺激する美しく爽快なトラック、途中で挟まるKanye Westのフックも聴き所で御座います(秀逸)。そして本作中で最も美しい一曲であり、Jay-Z作品の中でも群を抜いて僕が大好きなバラード(敢えてこう呼ばせて頂きたい)「Song Cry」、製作はJust Blaze、サンプリングの元ネタはBobby Glenn「Sounds Like A Love Song」で御座います(絶賛)。あまりに美しくも切ない詩、心の琴線に触れる流麗で柔らかなトラック、涙無くしては聴き終われないクラシックです(溜息)。けして派手ではないですがやはり味があるB!nk製作の「All I Need」、サンプリング使ってそうなんですがノーサンプリングで驚き。そして話題曲があのEminemと初共演した「Renagade」、勿論製作はEminemが担当しておりまして、Dr.Dre譲りのサウンドメイクにEminemならではのヒステリー要素が良い塩梅。僕はこの曲で初めてEminemの魅力を知りました、Jay-Zに負けない存在感で素晴らしい共演です。ただ、せっかくここまでの傑作なんだから、外部ゲストは要らなかった気もします。最後を飾るは「Blueprint(Momma Loves Me)」、B!nkがAl Green「Free At Last」を下敷きに静寂系のトラックを提供。これはまた燻し銀な味わいで僕は好き、Jay-Zのラップを思う存分楽しめる作りでグッドです。

最高の仕上がりです、流れを考えると必要ない曲もありますが、それでもやはり素晴らしい仕上がりという言葉意外は当てはまりません(断言)。Jay-Z嫌いな方も結構おられるかと思いますが、この『The Blueprint』は絶対に聴き逃せない一枚として、認めている方も多いのではないでしょうか。兎にも角にもJay-Zが最も輝いていた頃のアルバムです(そしてKanye West誕生の瞬間でもある)、「Song Cry」狙いでもその価値は充分にあります(宣言)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment