RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

John Forte「Poly Sci」
PolySci.jpg

Wyclef Jean周辺で活躍したProducer兼MC、John Forteのデビューアルバム『Poly Sci』を御紹介。ハッキリ言ってJohn Forte単体ではちょっと記憶が微かなのですが、彼はThe Fugeesの傑作『The Score』にProduceとラップで参加していた人物(「Family Business」と「Cowboys」の二曲)なんです。あとここ最近では、Talib KweliとResによるユニット、Idle Warshipのアルバムにも「Covered In Fantasy」にも参加していたのが記憶に新しいです。という訳で、Wyclef Jean関連の作品で、John Forteの声を聴いた事のある人は多い筈です。その出自とこのドレッドからしてもHaitiの縁があるかと思いきや、彼はBrooklynはBrownsville出身のコテコテのN.Y.ッ子なんですね(驚)。本作のExecutive ProducerはPrakazel "Pras" MichelとWyclef Jeanの御両人、これなら聴いて損はない筈。
それではサックリサクサクと感想を書いていきます・・・・・・まずはサラサラと爪弾き奏でるシリアスで微細い弦律に、バスバスとキックする硬質ビートが逞しい「They Got Me」はJohn Forte制作。Casaria Evora「Petit Pays」をサンプリングしたなんとも麗しくも哀しげなハード曲、しかもこの曲ではFat Joeが客演参加しより重厚かつ厳つく仕上げておりますね。Wyclef JeanとPrasが共同で制作した(Co制作にはJerry "Te Bass" Duplessis、という事でこの頃は"Wonda"じゃなかったか)「Ninety Nine (Flash The Massage)」では、かなりポップな大ネタのNena「Ninety Nine Luftballoons」をべろりとサンプリング。このオモチャっぽいキラキラ弾けたメロディラインを駆使しつつも、どこかスカスカベタベタで乾いた風を吹き込む辺り、流石は南国仕様なRefugee Campなテイストでとっても面白い。John Forte制作の「God Is Love God Is War」では、幾重にも重ねた“”でゅ、でゅでゅでゅ♪”を無限に連ねてビート化させた音の空間と奥行きを楽しめる無重力トラックを展開。そんなプカプカと無機質な中で聴くJohn Forteのラップは、単調ながらも真摯でザクザクした感触があってとっても芯がありカッコイイ。これまたJohn Forte制作の「We Got This」では、まさかのDMXがあの吠えと共に客演で登場(汗)。Eminemなんかが好きそうなギターのダラララララと垂れ墜ちるリフがソリッドでクールな一曲で、やはりこういう鋼鉄系の漆黒トラックだとDMXが走り易そうで唾飛ばしまくりでカッコイイです(痺)。続くデロデロとガスを垂れ流すようなベッタリ粘着質なシンセが中毒性高い「P.B.E. (Powerful, Beautiful, Excellent)」、Jeni Fujitaと共同制作したトコトコと角張ったキュービックな鍵盤音の連なりがイルな「The Right One」、Just Blazeっぽい45回転早回し模様の硬質タフなザクザクビートが刺激的な王道曲「Madina Passage」と、John Forte制作曲が続く訳ですが、どれもきちっと芯を喰っていて厳つくも流麗でカッコ良く渋い。ぶっといベース弦の唸りとパスンパスンと隙間を空けて撃つカラカラ乾いたビートが、どこかATCQっぽい遊ぶグルーヴを纏っている「All You Gotta Do」はMinnesotaが制作を担当。けして力まずダラダラ流しながらも、睨みの効いた鋭さも光るJohn Forteのラップに気を抜く事ができない一曲。ゴツゴツした厳ついボコボコビートのバックで、くるくる埃っぽく旋回し舞うピアノ旋律がなんともThe Fugees仕様な(いや、これはMobb Deepっぽくもあるか)John Forte制作の「All F#cked Up」もド渋くてカッコイイんですよ(脳天直撃)。20 Grand PikasoeとJeni Fujitaが客演した「Poly Sci」はどことなくアジアン風味、オリエンタルのやんわり艶やかに流れる折り紙メロディが美しい一曲。ぶっ壊れたようなノイジーなデジタル音がジージーうるさい喧騒ビートの殴打曲「Born To Win」は、かのSalaam Remiが制作を担当、という事でやはり硬派で荒涼としたザクザク尖った電子曲で最高にクール。最後を締め括るのはJohn Forte制作の「FLash The Massage」、これはビープをちょん切った様な直線シンセを心拍グラフみたいに鳴らすThe Neptunesが好きそうなスカスカトラック。

もっとWyclef Jeanっぽいかなーと思いきや(いやむしろ、Talib Kweliっぽく感じた)、きちっとJohn Forteの持ち味が楽しめるガッチリ硬い一枚で良かったです。しれーっとDMXとFat Joeが絡んでいる辺りは、やはりN.Y.出身ていうのが大きいのでしょうね。汚い路地裏なんかをヘッドフォンしてコレ聴きながら、道の片端に視線を気だるく落としながらポツポツ歩きたい一枚。最近のHip Hopも勿論面白いし好きだけど、この頃にしか味わえない特殊なザラザラ感がやっぱり心地良いです(老)。夏にお薦めな一枚かなって気がします、Snoop Lionを今年夏に買わないっていう硬派なHip Hop愛好家は、これを中古屋で探す事をお薦めします(笑)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment