RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

8 Ball & MJG「Living Legends」
8m-llc.jpg


Memphis出身の凶暴タッグ8 Ball & MJGの通算八作目となる『Living Legends』を御紹介。昔は“Eightball”の表記でしたが、本作からは“8 Ball”の表記に変わっていますね。というのもきっと本作よりレーベルをP.Diddy率いるBad Boy Records(詳しく言うと新たに設立されたBad Boy South)に移籍したからかもしれませんね(憶測)。そんな8 Ball & MJGですがつい先日、そのBad Boy Recordsを離れ、T.I.率いるGrand Hustleへの電撃移籍を発表したばかり、これからの動向にも目が離せませんね。
そんな訳で気になる内容を御紹介致しますと……まず、Bad Boy Records作品となるとP.Diddyの側近がほぼ全曲を製作していそうなんですが、本作ではけしてそうでは悪しからず。まずは“ばんぐらでぇっしゅ♪”の声刻印で御馴染みのShondrae'が製作を担当した「You Don't Want Drama」で幕開け、これが二人にピッタリのズシンと重量級のトラックで幕開けには相応しい。どこかオーケストラっぽい味のする「Straight Cadillac Pimpin'」はDavour & Vanexが製作を担当、ここでソウルフルで暑苦しい(良い意味で)歌声を聴かせてくれるShannon Jonesがなっかなか男らしくて素敵です。Bad Boy Recordsお抱え製作チームThe Hitmenの構成要員であるNashiem Myrickが製作した「We Do It」は、どこかアジアの宮廷音楽っぽいオリエンタル感漂う異色曲。The Wunda Twinzが製作した甲高く鳴る電子音に乗せて突き進む「The Streets」はUGKのBun Bが援護射撃参加、8 Ball & MJGの二人だけでもう充分メガトンなのに、そのうえBun Bが加わる事でよりパワーアップしています(戦車)。Davour & Vanexが再び製作を担当した「Shot Off」はこれまた強者のLudacrisが参戦、ここではLudacrisを活かせる細かく波打つ電子音でトラック構築、Ludacrisの竜巻ラップが炸裂します。「When It's On」はThe Hitmen要員のYogiが製作を担当、シリアスでダークなトラックにP.Diddy社長も出陣しますが、ここはやはりP.Diddyの力量不足が否めない結果に(惜)。Gorilla Tekが製作を担当した112客演の「Trying To Get At You」は最高にメロディアスでこれぞBad Boy奥義の一曲(興奮)、Jodeci「Come And Talk To Me」の濃厚な甘さをそのまま残した疾走ビートは完全にツボ、それに112の美しいハーモニーがトッピングですからもはや反則技です(卒倒)。Shondrae'が再び製作を担当した「Forever」では最近引っ張りだこのLloydが客演参加、Shondrae'らしいノイジーなシンセ音が鳴り響くトラックにLloydの青い柔らかい歌声が寄り添うように乗っかる不思議な一曲。「Look At The Grillz」はJonathan "Lil' Jon" Smithが製作担当にCrunkチューン、そこにT.I.の男前なエエ声ラップとTwsitaの高速辻風ラップが衝突る豪華共演曲、全員が負けない個性を発揮していてそのカラーの混ざり具合が面白い。ピコピコした機械音にうねるシンセサイザーがたまらなくスカってて格好良い「Don't Make」はまたまたShondrae'製作、完全サウスながらもどこかクールなスマートさが光ってて好き、Shondrae'良い仕事っぷりです(誉)。Mchalie JamesonとCorte Ellisなるシンガーの歌声もナイスエッセンスなブルージー曲「Memphis City Blues」はRed Spyda製作、やはり良い仕事してくれます。The Hitmen要員のDeric "D-Dot" AngelettieとPop-Traxが共同で製作した「Gangsta」はまたまたアジアンテイストな神秘曲、サンプリングに「Fresh」なる曲を使用。最後を締め括る「Confessions」は僕個人としては大好きなCool & Dreのタッグが製作を担当、どこか静寂でスーッと伸びるメロディ美しいトラックもさることながら、ここで味のあるナイススムースな歌声を聴かせる男性シンガーPoo Bearが素晴らしい(拍手)。このPoo Bear、名前は聞いた事ある気がするんですが……何処で聞いたかまでが思い出せないです(忘)、しかし良い歌声しています。

完全サウスなドロッとした世界は苦手な僕でも(最近はもうかなり慣れましたが)、結構すんなり聴けるサウスな一枚でした。やはりBad Boy Recordsからという事で、大ネタ使いのサンプリング曲を期待してしまいますが、まぁソレはソレ、コレはコレという事で。それでもやはり息の長いベテランタッグという事で、キッチリ聴かせてくれるのは確か、途中でダレる事もないですし、しっかりまとまった一枚で天晴れで御座います。
スポンサーサイト



Comments

No title
どうも、遊びに来させていただきました。MJGも8 Ballも最近聞き始めましたけど90年代と今では音もすっごく違っていますよね~。個人的には今の音の方がすきで聞いております~。
No title
C.COOLさん、コメント有難う御座います。
そうなんです、実は僕は8 Ball & MJGのアルバムはここ最近の二作品しか所持していないんです、彼らの昔のアルバムも欲しいんですけどね(金欠)。

とは言っても彼らは他のアーティスト曲にも度々feat.されていたので知っていた訳で、いつだった存在感抜群ですからね。

僕も今の音が好きかなと思っていたんですが、新天地Grand Hustleでどんな曲を作ってくれるのか、そこも楽しみで御座います。

Leave a Comment