RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

will.i.am「#willpower」
will-i-am-willpower-album-cover.jpg

世界中で大人気のThe Black Eyed Peasの頭脳的存在、will.i.amのソロ通算四作目となる『#willpower』を御紹介。The Black Eyed Peasといえばもう、ここ日本でも大人気な訳ですが、それはFergieが参加してからの急成長後かもしれませんね。BEPはapl.de.apとTabooの三人で元々は構成され、かのDJ PremierやMos Def、Wyclef Jean、Chali2naと絡むといった、どっちかというと渋くコアなHip Hopをやっていたグループ。それがFergieが加入してから、その分かり易くキャッチーなwill.i.amのメロディセンスに磨きがかかり、現在に至る訳です。will.i.amとしてもソロ四作目、かなりのキャリアを積んでる訳です。
それではザックリと感想を書いてみたいと思います・・・・・・まずはボワンボワンと揺れる木漏れ陽みたいな温かなストリングスが緩やかに解ける「The Morning」で幕開け、will.i.amは制作したとっても綺麗なメロディに乗せて、will.i.amがまろやかに歌ってしまう長閑な一曲。そこから一気に電飾を纏って爆発する「Hello」はAflojackとwill.i.am、Free Schoolが共同制作。ポロポロと零れる電子鍵盤の音色に、ビカビカと突き刺さる様な光線シンセが暴発するエネルギッシュでダンサブルな一曲。will.i.am、Steve Angello、Sebastian Ingrossoが共同制作した「This Is Love」は、モヒカンが印象的なEva Simonsが客演で参加。流麗で高貴なピアノ旋律でなんとも壮麗に哀しげに歌う部分では、will.i.amのエモーショナルで打ちひしがれた泣きヴォーカル、Eva Simonsの全てを切り裂き破るような圧倒的なパワーヴォーカルが掛け合う。それ以外ではビンビンに尖った電子音が激しい波線を描いて、荒ぶりすべてを飲み込む哀愁パワーチューン。本作からの先行カットで人気を博したBritney Spearsを客演に招き、あの名文句“It's Britney, Bitch”を拝借した反則ながらアッパレな「Scream & Shout」が登場。これって制作はLazy Jayなんですね、will.i.amでなくて驚きです。そんなBritney Spears感はないんですが、この電子音がグワングワンに歪曲しながらバウンスを続ける感は今の鉄板か、しかしその底辺でベースの低いリフが始終鳴ってる辺りが格好良く、分かり易く繰り返すフック(と最後のスクリューからの“It's Britney, Bitch”まで)は鬼キャッチーで、思わず口ずさんでしまう洗脳エレクトロかと。もう思い切りダイブして水飛沫を上げるようなシンセのスプラッシュ感が気持ち良い「Let's Go」、制作はwill.i.amで客演にはChris Brownが参加。プシャープシャーと弾ける強炭酸のエレクトロビートに乗せて甘酸っぱく炸裂するChris Brownのポップな歌声は最強、それを盾にバキバキでブンブンなラップをぶっ放すwill.i.amがナイス。will.i.amとFree School、Freshm3n IIIが共同で制作した「Gettin' Dumb」は、仲間内からaplde.apと韓国から2NE1が参加。クレイジーにグネグネうねるピコピコ電子音の、光分子が暴れて突然変異を起こすようなハイとロウの使い分けが面白い。ただこの曲は2NE1の使い方が巧みで、彼女達の魅力が存分に惹き出されていると感じる一曲。ハザード音みたいな神経に触るうるさい電子音を、研いで研いで綺麗にして、それを変形させてアラビアンなメロディを捻出したwill.i.am制作の「Greekin'」も面白い。Freshm3n IIIとwill.i.amが共同制作した「Freshy」は、まさかのJuicy Jが客演参加した奇抜な組み合わせ。間抜けなピコポコ音をスカスカに組み立てたスケルトンエレクトロで、だからこそカチコチにロボットみたいな二人のラップが面白く聴こえる一曲。Damien Leroyとwill.i.amが共同制作した「#thatPOWER」ではJustin Bieberをゲストにチョイス、これはもうJustin Bieberの(良い意味で)青臭い柑橘系のヴォーカルを、ちょっぴりデジタルでいじって二重線にし、それをヒラヒラさせつつ重低音効いたドシンドシン打ビートでwill.i.amがバウンシーなラップを飛ばすナイスコラボ。Freshm3n IIIにDamien Leroyが共同制作した「Great Times Are Coming」ではまるでUKロックとレゲエを円やかに融合させたような、不思議と穏やかで美しい滑らかメロディに、will.i.amが清廉と清らかな歌声を披露し空間を浄化する冒頭がグッド。と思いきや一気に転調しバチバチに電撃を走らせ、大蛇のようにウネウネ動くダーティなシンセが鼓膜にずっと通電を起こすエレクトロ展開。Dante Santiagoが客演参加した「The World Is Crazy」はwill.i.amが単独で制作、やはりwill.i.amが創るとオーケストラを大胆にあしらい高級感も出しつつ、良い意味で大味な壮大流麗チューンに仕上がっててクール。Dr. LukeにBenny Blanco、Cirkutというヒット請負打線が制作した「Fall Down」、客演には最近なんだか引っ張りだこなMiley Cyrusが参加。口笛吹きつつな西部っぽい荒んだメロディ軸に、ディスコチックなボンボン跳ねるシンセがキュートなポップチューンで、じっとり舐め上げる様な挑発的なMiley Cyrusのヴォーカルが乙ですな。今後の動向に注目集まるSkylar Greyをキッチリ起用している辺りがProducerらしい「Love Bullets」は、やはりwill.i.amが制作を担当。これもメロディの軸は完全にレゲエ風味、そこにブアブアと膨張し被さるアメーバ様シンセと、Skylar Greyのけしてクドくないベタベタなヴォーカルが違う味を持たせています。旧知の仲ともいえるNicole Scherzingerを客演に招いた「Far Away From Home」はwill.i.am単独制作、これはどちらも旨味を出し切っていない薄味な出来でとっても残念、もっとコテコテスリリングなダンスチューンにすべきだった(誤算)。Maejor Aliが制作を担当した「Ghetto Ghetto」は、6歳女児ラッパーのBaby Kaelyをゲストに起用。これはなんだか子供が関わったせいか、Jay-Zの名曲「Anything」(舞台『アニー』の劇中曲をサンプリング)を思い出させる一曲なんですが、Baby Kaelyにアーティスト性を感じないと面白くない一曲。

will.i.amは器用な人(Producerとしてもアーティストとしても)ですから、こういう作品でも全く違和感なくすんなり仕上げている点は凄い。それにこういうエレクトロポップをガンガン積極的に取り入れた(そして世界中で成功した)のはBEPだったし、will.i.amの得意分野でもあるんでしょう。あとはこのエレクトロポップのノリを素直に楽しめるか、飽き飽きしていないかどうか(笑)。確かにwill.i.amはベタベタなセンスの持ち主だけれど、それでも色んな音楽を雑多に噛み砕いたリズム重視なトラックで、まるで踊るようにラップするのを期待すると、肩透かしなのかなー。もっと軽快にファンキーに攻める事の上手い人だから、そっちの路線にそろそろ戻って欲しいかも。でも楽しめる一枚か、ドライブのBGMとかで流れれば間違いなく皆がシート上でポッピンする筈。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment