RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

T.I.「Trap Muzik」
ti-tmc.jpg


その端正な顔立ちで世の女性を虜にする“King Of South”ことT.I.の通算二作目となる『Trap Muzik』を御紹介。T.I.のこの人気はなにも顔だけでなく、そのラップ能力にもずば抜けた才能を持っているからで、あのJay-Zをして“次はお前だ”と言わしめたのも有名な話(The NeptunesのPharrellもT.I.を“Next Jay-Z”と賞賛していたとか)。そんなT.I.の若かりし頃の一枚、T.I.愛好家でもまだ所持していない方が多いのではないでしょうか。
それでは気になる内容に触れていきますと……やはり相変わらずの二枚目ラップでカッコ良さは抜群、今よりも若干だけど声質が高い気がします。まずはT.I.が別名のT.I.P.名義で製作した「Trap Muzik」で派手に幕開け、客演にはMac Boneyが参戦。挑発するようなT.I.の尻上がりのフロウに低く構えたMac Boneyのフロウが良い対比を成していて素敵。Benny "Dada" TillmanとCarlos "Los Vegas" Thorntonが共同制作した「I Can't Quit」はどこかブルージーながらもきちんとサウスのバウンスを残した一曲。「Be Easy」はT.I.作品には欠かせない盟友DJ Toompが製作を担当、Al Wilson「Somebody To Love」を下敷きにしたトラックはなかなかソウルフルで良い味出してる、いまやDJ Toompも大物Producerとして沢山のアーティストに楽曲提供している凄腕。San "Chez" HolmesがGary Wright「Can't Find The Judge」をサンプリング使用した緊迫感漂う「No More Talk」は冴えてます、T.I.の男前で落ち着いたフロウが思う存分堪能できる一曲。「Doin' My Job」はなんとあのKanye Westが製作を担当した渋過ぎるソウル曲、Bloodstone「I'm Just Doing My Just」をKanye West得意の45回転早回しした煌き輝くメロウトラックで、そこに紳士的に乗っかるT.I.のフロウも甘くて最高に痺れること間違い無し(極上)。続く「Let's Get Away」はJazze Phaが製作を担当した、これまたどこか土臭いメロウトラックで黒い魂がギラギラ光ってます。Aretha Franklin「Day Dreaming」を下敷きにしたトラックも最高にとろける甘さだし、そこに絡むJazze Phaと女性シンガーVerdiaの歌声も最高に熱っぽく情感溢れてて痺れ上がります(骨抜)。しっかしこういうメロウ物でのT.I.の落ち着いたフロウはメッチャ男前でカッコイイ、T.I.の声自体が良い塩梅で低めで良い味出してるんですよ。そんなメロウな流れを断ち切るのがDJ Toomp製作の「24's」、サウスらしいドロっとした重たいビートに重たいフックが乗っかる、僕的にはそんな盛り上がらない一曲(笑)。David BannerがLavell "DB" Crump名義で製作した「Rubber Band Man」はどこか可愛げ、途中で子供の歌声も挟まるもドシンズシンと重たいビートは相変わらずサウス流儀。「Look What I Got」はまたまたDJ Toompが製作、この音使いは完全にT.I.×DJ Toompが生み出す重量感で最高に冴えています(合致)。Furyなる人物がO'Jays「She's Only Woman」をサンプリングした「I Still Luv You」は、ピアノ旋律を断片的に残した哀愁漂うトラックが涙腺を刺激するナイスなメロウ(感傷)。「Let Me Tell You Something」は再びKanye Westが製作を担当(嬉)、Talkboxを使用したZapp & Roger「I Want To Be Your Man」をざっくり使った事で爽やかながらもどこか悩ましいトラックを完成。この味わいはやはり流石はKanye Westでないと創り得ない感覚、T.I.のゆったりとしたフロウもバッチリとキマッてて、この一曲はかなりポテンシャル高いです(絶賛)。「T.I. vs. T.I.P.」はT.I.P.ことT.I.が製作、この曲が後のアルバム『T.I vs T.I.P.』創作のモチーフになっています。「Bezzle」はDJ Toomp製作のスクリュートラックに、8 BallとMJG、それからUGKのBun Bが参戦した超重量級の一曲。このガッチリな援軍に負けじと、華奢なT.I.もバッチリ存在感を発揮、この面子なら負け無しですね(圧倒)。ゆったりと気だるく聴かせる「Kingofdasouth」、カラっと乾いた音に合わせて疾走するJazze Pha風味の「Be Better Than Me」、ブルージーなトラックにT.I.の高速フロウが風巻き起こす「Long Live Da Game」は全てSan "Chez" Holmesが製作を担当。

最近のT.I.では聴けない様な一枚ではないでしょうか、T.I.の影の出世作とも称されていますし、T.I.愛好家は是非押さえておかないと不味い一枚ですね。僕的にはKanye Westが製作を担当した「Doin' My Job」と「Let Me Tell You Something」がかなりお勧めですねぇ、この絡み自体これから先聴けるかどうか分かりませんし、かなりポテンシャル高いですよ(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment