RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Monica「The Boy Is Mine」
mnc-bimc.jpg


移り変わりの激しいR&B界において今なおその美声を聴かせ続けてくれるベテラン女性シンガーMonicaの通算二作目となる『The Boy Is Mine』を御紹介。Monicaといえば90年代R&Bシーンの中心人物、ShaniceやBrandyやTLCやLauryn Hillなど、この頃は女性シンガーが大活躍していましたね。Monicaは本当に綺麗な声で好きです、今も全く魅力は衰えません。以前にLauryn Hill『The Miseducation Of Lauryn Hill』が初めて購入した洋楽の一枚だと書きましたが、このMonica『The Boy Is Mine』は二枚目のアルバム(もっと詳細に書くとTLC『Fanmail』を同時に購入)で御座います、だから思い出深い一枚でもあったり。
そんなこんなで思い出に浸りながら内容に触れます……まずはタイトル通りにそれこそ交響曲調に厳かに幕を開ける「Street Symphony」はDallas Austinが製作を担当、こういう荘厳なトラックにもピタっと嵌るMonicaの表現力は脱帽モノです。そして早くも超特大ヒットシングルとなった「The Boy Is Mine」が登場、製作はRodney "Darkchild"JerkinsとDallas AustinとBrandyの三つ巴、そうですBrandyがデュエットで参加しています(興奮)。このMonica×Brandyの構図で、しかも二人が一人の男を取り合う喧嘩曲ってのが凄まじい迫力(冷汗)、少しヒンヤリとした空気の流れる脆い音がまた絶妙で、これは今聴き返しても存分に楽しめる名曲です(賛辞)。Dallas Austin製作のベル音がリンと鳴る「Ring Da Bell」もその隙間具合が素敵、カッコイイ。Diana Ross「Love Hangover」を下敷きにしたHip Hopテイストな切れ味の「The First Night」はJermaine Dupriが製作を担当、JDも本当にこういうちょっと暗めのHip Hop味が相当に巧い、こういう曲を聴くとJDってツボ押さえているなぁと痛感させられます。どこか懐かしい古ぼけたソウル曲「Misty Blue」は完全にレコード、こういうトラックもそつなく作る温故知新なDallas Austinに拍手。またこのトラックに乗せて忘れられない失恋を伸びやかに歌い上げるMonicaの懐の深さといったら、泣けてきます(涙)。運命の相手に出逢えた奇跡を美しくキラキラと歌い上げる「Angel Of Mine」はRodney Jerkinsが製作、ギター爪弾く青風を受けて駆け上がる爽快な一曲で、本作で僕の最もお気に入りの一曲(惚)。「Gonna Be Fine」はDallas AustinがRun-DMC「Run's House」を下敷きに使用、そこに最後に絡んでくるのがOutKastの二人だからテンション上がる。そんなガツガツ突き進まないあくまでクールなトラックが、またまたAndre 3000とBig Boiのぶっ飛んだラップをより鋭くしてグッド。Monicaの透き通った歌声がどこまでも壮大に広がってゆく美スロー「Inside」はDavid Fosterが製作を担当(ソングライティングにDiane Warrenが参加)で納得の仕上がり、“あなたは私を友達に出来ても、私の本心は忘れられないのよ”と、昔の恋人との思い出に溺れたままの未練を切々と歌い上げるMonicaにただただ胸を打たれるばかり(染)。もう定番中の定番ネタであるSting「Shape Of My Heart」をベッタリとサンプリングしたDallas AustinとLeslie Brathwaiteによる共同制作曲「Take Him Back」、これはもう想像通りの哀愁曲に仕上がっています(鉄板)。「Right Here Waiting」は再びDavid Foster製作の柔らかく繊細な美曲、それだけでも十分なのにここではあの112と爽やかハーモニーを聴かせてくれます(失神)。112はそんなに前に出ずあくまでMonicaの歌声を優しくサポート(包み込む)、それがまた絶妙なバランスで素晴らしい(絶賛)、こういう真っ直ぐなバラードは聴いてて本当に気持ちが癒される、David Fosterの妙技で御座います。The Fatback Band「I Like Girls」を下敷きにしたこれまたHip Hopテイスト光る乾いたアップナンバー「'Cross the Room」はDallas Austin製作曲、本当にこの頃のDallas Austinは最強のProducerだった、今でも絶対にそのセンスは残っている筈なんです、早く復活してほしい(熱望)。恋に堕ちる瞬間を優しく囁いて歌いかけるMonicaに癒される「I Keep It to Myself」はDaryl Simmons製作曲、彼十八番のギター音を散りばめたしっとりと透き通る好バラードで相変わらずグッド。最後を飾る「For You I Will」はDavid Foster製作(Diane Warrenがソングライティングを担当)、これもMonicaの澄んだ可憐な歌声がスーーッと静かに心の中に広がる美曲で、じんわりしんみりと胸に染み入ってちょっとした傷口なら完全治癒します(特効薬)。国内盤にはこれらに加えて、「The First Night(So So Def Mix)」「The First Night(Razor N. Mix)」の2曲がボーナストラックとして収録されています。

うん、これがMonicaの最高傑作だと言ってもけして過言ではないでしょう(決定)。あの頃のR&Bを存分に堪能できる歴史的な一枚、今こうやって聴き返しても懐かしさで涙溢れてきますからねぇ(感傷)。とにかくドライブに、夜ベッドで横になっている時に、小説を読んでいる時に、どんなシーンにも対応できるグッドミュージックの宝庫な一枚で御座います、御馳走様で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment