RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Avant「Face The Music」
avantfacemusic.jpg

NBAのスター選手Magic Johnsonが発掘したベテランシンガー、Avantの通算七作目となる『Face The Music』を御紹介。なんというかデビュー以来は爆発的に売れたり、とっても話題になるって事はないんですが、それでもある程度の良い間隔でコンスタントにリリースしているから凄いですね(感嘆)。Aを模したこのアルバムジャケットは結構好きだなー、なかなかカッコイイ。しかしAvantって昔はスマートな筋肉質ボディに、甘いマスクで二枚目担当だったのに、ここ最近はブクブク太ってしまってかなり残念です(余談)。
まあ音楽に体型は関係ありませんから感想に・・・・・・まずは本作の製作陣に関して一言、本作ではKajunなるProducerが大幅関与しており(そしてそこではCo制作にAvantとDre Henが参加)、全部で九曲ものトラックを手掛けております。まずはそのKajunが制作したトラック群から触れますと、スタートを切る「Toast To Love」から。ピアノ鍵盤のポロンポロンと転げるような音色とブアッと輝く彎曲シンセ、そこに裏で小さくがなる“あいっ♪あいっ♪”みたいなノリがナイス。Avantのなんともフルーティでスッキリしたテイストの高音が伸びる、Michael Jacksonもビックリのハイトーンな一曲。続く「80 In A 30」では、そのKajunがまるでDrakeを真似た様なケロケロ声でラップ挿みます。ピコピコと電子音が浮かび上がっては消え、そこにチキチキと硬質なビートがパラパラ降る隙間の多いスペイシーな一曲。喘ぎ声と漏れる吐息と共に出現するJ'Lynなる女性シンガーの歌声が色っぽく、もっとガッツリ濃密に絡んでも良さそうな惜しい人材。先行カットとなった「You & I」では、かのKeke Wyattとの豪華でシックな共演が実現。ゆっくりと柔らかにステップを踏む様な、そんなカシミヤ生地のソフトソウルバラードに、AvantとKeke Wyattの極めて上品でしなやかなハイトーンヴォーカルが華麗に舞う、ウットリして溶けてしまう一曲。Avantの甘酸っぱくてフルーティな歌声をリピートさせたフックに胸がキューンと詰まる「More」は、ヒラヒラはらりはらりと落ちる花弁の様なギター弦の音と、その柔らかなリフレインとで構築された王道R&B。じわわわわーっと光が漏れて交錯し、その屈折で色彩が生まれるような幻想的な艶やかスロウ「Don't Know How」も素晴らしい。こう、まるで霜が静かに降りた朝のような、凛とした輝きを放つ清廉とした一曲で、Avantの透明感と潤いたっぷりなファルセットがジーンとハートに沁みます。Raphael Saadiqなんかが好んでやりそうな復刻ヴィンテージなファンクソウル曲「Nobody's Buisiness」、Avantがやる意味があったかは別として、本作の流れの中ではアクセントになっているのも事実。普通に良いのですが、僕はこの流れとAvantの作品では不必要だったかなーと思ったり(辛口)。同じフレーズをユルユルと漂わせる「Best Friend」は、ヒンヤリ冷たくもフワッと溶けてほんのり酸味と甘味が残る、フローズンヨーグルト的な霜付きミッド(比喩)。ほんのりとホロ酔いでハイな気分になりそうなアルコール度数の「When It's Over」は、シャンパンゴールドなスッキリした輝きがキラキラと美しく、Avantのスベスベしたヴォーカルが鼓膜を撫でてくすぐったいナイススロウ(骨抜)。ドゥーワップって訳ではないけれど、最近はBruno Mursがやってそうな南国風味も混じった「NO」は、オールドソウルと壮大なアフリカンポップを掛け合わせた様な面白い一曲。とここまでがKajunの制作曲で、ハッキリ言って頑張っていい仕事していました(拍手)。そして残る三曲を制作したのは、なんとあの大御所コンビのTim & Bobという事でもう叫んでしまいます(笑)。まずはもう冒頭の音の鳴りですぐにTim & Bobの仕事だと直感した「Excited」、という訳で少し影のあるアコースティックギターと指スナップ、そしてやんわりと吹き抜けるそよ風みたいなキラキラ電子音がそよぐ、既出感のある一曲なんですがやはりたまらなくツボ(卒倒)。これまたオールドソウルをネタ使いした様なメロディが華やかで美しい「Like You」、Avantの紳士的で華麗なフルーティ声がとってもゴージャスでドレッシーな一曲(高貴)。そして最後を締め括る「Gratitude」もTim & Bobが制作、ちょっぴりボサノヴァっぽいリズムを奥行きある空間で静かに鳴らした感触が美しく、その中で軽やかにダンスするAvantの微熱まじりな吐息ヴォーカルが最高にセクシー(鳥肌)。

Avantらしいスッキリとした酸味の効いた、上質スウィートな一枚に仕上がっております(拍手)。こういう屈託なく素直にR&Bしてるのを聴くと、昔のR&B聴いて身悶えしていた頃を思い出せて、ぐっと来ます(笑)。まあ、悪く言うと月並みな一枚になってしまってるかもですが、Avant流儀ってタッチですんなり聴けて素敵です。なにも考えずにナイスなBGMになっちゃうフルーティでスウィートな一枚、Avantはこうでなきゃ。そしてTim & Bob、また仕事量が増えたらいいなー(願望)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment