RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Neptunes「The Neptunes Present... Clones」
np-clonc.jpg


数多くの特大ヒット曲を手掛けるSuper Producer TeamであるThe Neptunesのフルプロデュースアルバム『The Neptunes Present... Clones』を御紹介。もう御存知、Pharrell WilliamsとChad Hugoによるコンビで、彼らが手掛けたヒット曲なんか数えていたらキリが無いので省きます(笑)。僕はこのThe Neptunesが創る宇宙銀河系のトラックが大好き、そのうえ目立ちたがり屋のPharrellのあの絶妙な(微妙な)裏声使いが大好き、という事で本作も速攻で購入しました。
それでは内容はどうなっているかと言いますと……まずはThe Neptunesのアルバムみたくなっていますが、彼らが歌ったりラップしたりするのが主でなく、やはり彼らが作り演奏するトラックに豪華なアーティストを絡めたPresents的な物となっています。まずは元気爆発なキャラがぶっ飛んでて僕も大好きなBusta Rhymes召還の「Light Your Ass On Fire」が最高に熱い、べコベコと鳴るシンセの奇怪なビートとスカスカな空間、そこに絡むBusta Rhymesの喋る様なフロウ、そしてPharrellのクールなフックが絶妙で独特のグルーヴを生んでてたまらない(興奮)。鳴り響くホーンにスクラッチとハンドクラップが絡み行進する「Blaze Of Glory」は、The Neptunesが見出した兄弟デュオClipseにPharrellとAb-Livaが参加。Clipseはともかく好きだしThe Neptunesとの相性も抜群で文句無し、ここでのAb-Livaの活躍も個人的にはツボでした。「It Wasn't Us」ではLudacrisと彼の右腕ともいえるI-20が召還、ドカンドカンと暴れるトラックながらもどこか愉快な要素を含んだ電子トラックは完全なるLudacris仕様。I-20の相も変わらずな筋肉質な番人フロウもすっごい好き、I-20は個人的にオススメのMCです。そして僕の本作購入を即決定させた一曲がヒットシングル「Frontin'」、Pharrellの実質デビュー曲がコレです。初めてMTVで流れたの聴いた時に体中を電流が駆け抜けたのを今でも鮮明に覚えています、Pharrellの終始漂うファルセットにリラックスしたメロウなサウンド、The Neptunesのこういったメロウ側面が殊更好きだった僕には完璧なデビューでした(絶賛)。しかも客演にはKing Of N.Y.ことJay-Zを起用、もはや鉄板曲の仕上がりですよ(涙)。人によってはPharrellの歌は聴いてられないなんて言うかもですが、僕はPharrellのこのよれた軽いファルセットでの歌唱法がツボで、ラップしているよりも歌って欲しいんです(望)。だからこの曲はThe Neptunes製作曲の中でもかなりベスト、今でも繰り返し聴くお気に入りの一曲です。「If」ではThe Neptunesトラック常連のNellyを召還、これは普通のトラックなんですがやはりNellyのあのフロウで輝いてしまうから凄い。「Hot」はRosco P. Coldchainを主役に、Clipseの片割れPusha TとBoo-Bonicが参加。これまたThe Neptunesらしい限りなく音数を抜いたスッカスカなトラックで、ヒンヤリしたカッコ良さが光ります。「It Blows My Mind」はSnoop Doggが例のユルユルでダルダルなフロウが切り裂く宇宙曲、Snoop DoggもまたThe Neptunesとの合体は度々だから相性の良さは証明済み。「Loser」はPharrell WilliamsとChad Hugo、そして旧友のShae Haleyを加えたN*E*R*Dのロックテイスト溢れる一曲。奇怪な声が響き渡るガチャガチャと喧騒している「Put 'Em Up」はN.O.R.E.が参加、僕はどうもこのN.O.R.E.がそんなに好きにはなれません(笑)。パトカーのサイレン音が絶え間なく鳴り続く「Pop Shit」ではWu-Tang ClanのOl' Dirty BasterdことDirt McGirtが参戦、この曲なんかもガチャガチャしててふざけているんですが、それがDirt McGirtらしくて逆にしっくり来るから不思議です。最後を飾る「Popular Thug」はKelisとNasの恋人共演、これはこのカップルの持つクールな格好良さが一番の醍醐味、トラックもそこそこ素敵ですがね。途中の何曲かは触れません、誠に勝手ながらどれも僕の好みではありませんので(笑)。あ、しかしVanessa Marquezの「Good Girl」なんかは好きでしたよ(誉)。

The Neptunes大好きな僕でも途中でちょっとダレる感は否めません、後半(特に中盤辺りが退屈)飽きてくる可能性大かと思われます(辛口)。Pharrellを軸に豪華なゲスト陣を配するという形の方が僕個人は良かった(悔)、しかしPharrell「Frontin'」狙いで購入しても損はしませんよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment