RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil Wayne「I Am Not A Human Being II」
lil-wayne-i-am-not-a-human-being-2_jpg_630x1500_q85.jpg

今や人気者集団となったYoung Money Entertainmentを率いる超ベテラン、Lil Wayneの通算十作目となる『I Am Not A Human Being II』を御紹介。前作『I Am Not A Human Being』から三年ぶり、まさかこのアルバムの続編を作るとは思わなかった、ってぐらいに前作はあまり評判は芳しくなかった気が(それでもセールスは当然良かった)。なんだか最近はレーベルメイトのDrakeの人気と活躍がめざましく、一時期程のWeezy加熱っぷりは陰ったかなーという気も。それぐらいに本作はしれーっとリリースされた気がする(同時期にJustin Timberlakeの新作が出たのも大きいが)、それでも初週で21万枚は売れたみたいなので相変わらずの好成績。ちなみに本作の深紅の我が浮き上がった様なジャケットは、Kanye Westが設立したデザイン会社“Donda Design”がプロデュース、これは本当にカッコイイ(痺)。
それではざっくばらんに感想を綴らせて頂きます・・・・・・まずはELEWが制作したピアノバラード「IANAHB」 でドラマチックに幕開け、まるで絹生地のようにスルスルと滑り抜ける繊細にして麗しいピアノ旋律が秀逸。そんな美しくも途中グロテスクなメロディに乗せて、ヘロヘロと立ち上るLil Wayneの毒っぽいフロウがカッコイイ。途中でスクリューを一瞬入れるなどの変態っぷりもあわせて、美しさと気味悪さの紙一重な奇怪な模様の蛾を連想させます。Detailが制作を担当した「Curtains」ではBooが客演、このBooはなんとあのBoo & Gottiの片割れのBooって点で驚き。ゆったりと濃霧のように冷たく閉ざされた電子音と、ボンボンと重たくズシンと響くビートの迫力がナイス。そんな中でエフェクトをかけて鬼火のように青白く燃え揺れるLil Wayneのラップは耳に残るし、Booの少し力の抜けたソフトなラップも久々に良い。Cool & DreがBarbara Lynn「Good Women」をサンプリングし制作した「Days And Days」、客演には2 Chainzがl参加。スカスカな部分にソウルフルな声で繋ぎ合わせビートを乱れ打ち、ジワジワと迫り来る二人のラップがやはり中毒性たっぷり。Gudda Guddaが参加した「Gunwalk」は、まさかのJuicy JとCrazy Mikeが共同制作。とにかくおどろおどろしく、爛れ落ちる様なマグマビートのドロドロ感はJuicy Jらしい持ち味。そんな中でチロチロと舌を出す爬虫類のようなLil Wayneのラップは相性抜群、Gudda Guddaもなかなか良い味出ています。続いてはDetailが制作&客演した「No Worries」で、これはゾワゾワと圧迫するような凍てつくシンセとグエグエ聞こえる変態声のこねくり方が面白い、昔のTimbalandを鋭くした様な一曲。ここでのひっそりと近づいて思い切り振り下ろすようなLil Wayneのラップ運びが面白く、やはり一筋縄ではいかない(笑)。Fabio Marascuilloが制作(Co制作をChristian "Davis" Stalnecker)した「Back To You」は、 Jamie Lidell「Compass」をばっちりサンプリングし、Lil Wayneが傾倒しているロック風味の一曲に。しかし骨太でバキバキな中にも、ブルージーで萎びたメロウさも兼ね備えていて格好良い。Lil Wayne以外もこの手のサウンドが取り入れ流行るかなーとか思ったけれど、それはさすがに起きなかったという(笑)。またまたJuicy JとCrazy Mikeが共同制作の「Trigger Finger」ではSoulja Boyが客演参加、Soulja Boyのゆらんゆらんとスローにまどろむラップも、途中でかかるドロリとしたスクリューもグッド。DVLP制作(Co制作をFilthy)のビヨビヨと蛇腹な電子音が蠢く奇怪なスカスカチューン「Beat The Shit」は、若手実力派のGunplayが客演参加。「Rich As Fuck」ではまたもや2 Chainzが参加、T-Minus制作の地を這い蔓延するような毒ガスシンセがダークでイルで格好良いミッド。Juicy JとCrazy Mikeが共同制作した「Trippy」はやっとこさJuicy Jが客演で参加、バウンバウンとバウンスするビートにシンプルにループするメロディが鼓膜にベットリこびり付きます。Mike Will Made-Itが制作した「Love Me」ではDrakeとFutureという強力布陣で臨戦態勢、ごつめのビートを使いつつも鉱石チックな朧げに明滅するシンセを駆使し、そこにFutureのヘロヘロに漂う歌フックとDrakeの低く囁くように歌うブリッジが絡んで、最高にドリーミー(悪夢という意味)で芳しいスロウに仕上がっています(蝕)。再びDetailが制作した「Romance」はLil Wayneが吐息洩らすように歌うフックが曲者、好き嫌いはハッキリ別れそう。「God Gless Amerika」は再びCool & Dreが制作、音を途切れさせずにずっと変調させてなぞる様な、色彩を持った熱気のような停滞寸前なシンセの蠢きがとってもクールで病的。個人的に好きなのはSoulja Boy制作のなんともチープで(良い意味で)子供騙しな三文トラックに乗っかる「Wowzerz」で、こういうなんとも阿呆っぽい腑抜けたビートで闊歩するLil Wayneは久しぶり。しかもここでは元恋人であるTrinaが援護射撃していて、昔の泥臭くもクールでギラギラした二人が戻って来ていて涙モノ。Shane Heyl客演の「Hello」は直球過ぎて少し恥ずかしいぐらいのロックチューンで、僕は今回はちょっと頂けない(苦笑)。とここまでが本編の内容で、ここからは豪華盤のみのボーナス収録。まずはNicki MinajとCorey Gunzという曲者を招いた「Lay It Down」、Hudson MohawkeとLuniceが共同制作(しかもCo制作にDiplo)のピューピューと気絶しそうな笛っぽい音がグルグル旋回するぶっ飛んだ一曲で、Corey GunzとNicki Minajの奇天烈な節回しもキレキレでナイス。Cool & Dre制作で、片割れのDreが客演参加した「Hot Revolver」 はロックチューンながらも、柔らかく清涼なふんわりした手触りと、二人のヴォーカルの疾走感ある掛け合いがナイス。最後はBig Seanが参加した「My Homies Still」は、StreetrunnerとRaymond "Sarom" Diazが共同制作したカラフル破裂ビートチューンで、これこそNicki Minajに暴れさせてあげたらと思ってしまうハチャメチャなアッパー。

僕は世間様ほどのWeezy崇拝者ではないので、やはり曲者としては好きだけれど、彼が王道みたいになっている風潮にはちょっとついてゆけない(苦笑)。やはり昔みたいな、なんだか一種異様なテイストでギラギラしてたLil Wayneが好きだったりする。とか言いつつも、本作でもやはりLil Wayneの特異さと突出したキャラは魅力たっぷりで、面白かったのも事実です(完敗)。だからこそこれだけ大勢の客演を迎えつつも、喰われずに面白い対峙が実現するのだろうけれど、やっぱりゲストは多過ぎかな(我侭)。ただ純粋に中毒性の一点で考えた時、2013年度の有力な一枚な事は間違いない(言切)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment