RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Marcus Canty「This...Is Marcus Canty」
this-is-marcus-canty.jpg

アメリカの人気オーディション番組“The X Factor USA”の第一シーズンで第四位に終わった、Marcus CantyのメジャーデビューEP盤『This...Is Marcus Canty』を御紹介。ここ日本では放映されているかどうかも分からない“The X Factor”、きっと物凄い上手い人ばかりが登場するんだろうから、是非とも民放で観たいんですけどね(無茶)。その番組で四位という微妙な結果に終わったMarcus Canty、でもメジャーレーベルのEpicからEPが出ていて驚きました。この風貌とスッキリと抜けた純白感が、なんともフレッシュで好感持てますねー。Marcus Cantyといえば、先日紹介したサントラ盤『Think Like A Man』にも参加していましたっけ。
それではザックリした感想を書き書きしますと・・・・・・まずはHarmonyことH-Moneyが制作した「In & Out」で派手に幕開け、客演にはMMGよりWaleが参加というなかなか豪華な一曲。ちょっぴりダークでギラギラした直線電子音がザクザクと交錯するソリッドなアッパーで、Marcus Cantyの若いのになかなか渋く唸る抹茶声がナイス、Waleもいなたくもスッキリとカッコイイ援護射撃してて安心。Infinityが制作を担当(Co制作にTario)した「Don't Pass Me By」はキラキラと煌めく澄んだ水面みたいなメロディが綺麗、Marcus Cantyの少しこもり気味でエコーがかったまろやかなヴォーカルがその上を滑る、なんとも清涼でサッパリした瑞々しいミッド。またもやInfinityが制作を担当(Co制作にChris "TEK" O'Ryan)した「Used By You」もこれまた清廉として、とっても鮮明でコバルトブルーな電子音の細波感が心地良いミッド。Marcus Cantyのふわっと翻るファルセットも潤いたっぷりで、聴いているだけで何故か海辺で寝そべって陽光を浴びている様な気分になる淡い一曲。ピアノ鍵盤とアコースティックギターの優美な音色に心和む「Tongiht」は、Chuck Harmonyが制作という事で納得(Co制作にはClaude Kelly)。Ne-Yo程の爽やかさはなく、どこか靄のかかったような温もりと渋味が混じったソウルフルな歌声がバッチリお似合いなハートフルミッド。再びH-Moneyが制作を担当した「Three Words」もそんなMarcus Cantyの爽やかさとほんのり甘いテイストが爆発してて素敵、まるで大海原を雄々と吹き抜ける風のようなスッキリした爽やかさ。甘酸っぱいファルセットをリフレインさせる辺りは、まるで鴎が大空をクルクル旋回して飛んでいるみたい(妄想)。「Not Looking」はKenneth "Soundz" Cobyが制作を担当、ここでもクリアで透き通ったメロディに乗せてマッタリととろける甘美な声で柔らかく包み込みます。そして最後はもう極めつけ、なんとあのThe Underdogsが久々に制作を手掛けた屈指の濡れバラード「Stay In Love」、壮麗でありながらもけして大袈裟でない、ハートの小さなヒビに沁み入る、鮮明過ぎて痛々しいメロディが全てを焦がす名スロウ。Marcus Cantyの熱のこもった哀願ヴォーカルがまた切なくて刺さる、綺麗な想い出が一気に眼前に迫りそのまま一瞬にしてカラダを過ぎ去る喪失感がたまりません(崩落)。

第四位で終わったMarcus Cantyでこのクオリティ、思ったよりも豪華な制作陣が脇を固めてて驚くばかり(唖然)。特に最後にThe Underdogsを引っ張り出したのはかなりデカイ、それだけでも聴く価値あります。今となってはもう懐かしい、Ne-Yo全盛期の頃のR&Bを思わせる甘酸っぱく爽やかな一枚。これからも頑張って欲しいなー、別に個性とかキャラとかは要らないから、純粋に良いR&Bを歌い続けて欲しい。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment