RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Think Like A Man Soundtrack: Music From & Inspired By The Film」
think-like-a-man-album-cover1.jpg

映画『Barber Shop』や『Taxi N.Y.』等で知られるTim Story監督が手掛けるラヴコメディのサントラ盤、『Think Like A Man: Music From & Inspired By The Film』を御紹介。このTim Storyって沢山のMVも手掛けていて、Tyrese「Lately」やJagged Edge「Let's Get Married」、はたまた'N Sync「I Drive Myself Crazy」なんかを監督しているのだとか。で本題のこの映画、ここ日本では公開されないままですね、こういうブラックムーヴィーって本当に公開されないなあ(悔涙)。この映画にはChris BrownやKelly Rowland、Keri Hilsonなんかも出演しているみたい、DVD化されるのを待ちます。
という訳で肝心の音楽の方に話を移しまして・・・・・・まずは本作からの先行カットとして充分に話題となった「Think Like A Man」、Jennifer HudsonにNe-Yoという鉄板なタッグに、熊髭様ことRick Rossが横槍を入れるという豪華なトリプルラン。制作はHarmonyことH-Moneyが担当したこの曲は、とってもほんやりスムージーなクラッシュアイスみたいな電子音が煌めく、スマートな流麗ミッドでとっても刺激的かつセクシーな仕上がり。Jennifer Hudsonが実力あり過ぎてたまーに重量オーバーしそうな分、Ne-Yoの甘酸っぱくライトなヴォーカルと混ざり合う事で素敵な後味となっててグッド。そしてRick Rossのバフバフしたフロウも全く邪魔をせずにキマっていて憎たらしい、きちんと成功しております。続いてはJohn LegendにLudacirsという初顔合わせで臨む「Tonight (Best You Ever Had)」の登場、制作はPhatboizなる人物が担当。勿論ソウルフルで格式張ったトラックにJohn Legendはお似合いなのだけど、僕はこういう電子音がキラキラ瞬き眩いゆるやかに幻想的な電気寄りトラックで聴かせる、John Legendの深くまろやかでビターな歌声がツボな取り合わせで痺れました。そのうえLudacrisがボワボワと明滅し弾け、転げるようなアクセントで捲し立てるファニーでお洒落なラップが効いていて最高にホット。僕的な注目曲で大好きな一曲が、Joseph "Lonny" Bereal制作の「Need A Reason」。これはKelly Rowlandに加えて、FutureとBei Maejorという僕の隠れお気に入りが脇を固めた最高に熱い共演が実現。清涼にして潤いたっぷりな水泡シンセが、プクプクと浮き上がるようにして音色を奏でる深層水トラックがとっても心地良く不思議な感触で好き(遊泳)。そんな潤いに劣らない圧倒的な浸透圧ヴォーカルで艶やかにゆらめくKelly Rowlandの透き通った歌声、ブクブクと泡を吐くようなエフェクト加工でクールにキメるFuture、そして鼻にかかったネッチリ声で揺らめくBei Maejorと、三者三様の魅力が爆発したナイスな一曲。SoundzとC. "Tricky" Stewartが共同制作した「Won't Make A Fool Out Of You」では、実力は折り紙付きの新人Marcus Cantyが登場。ボウンボウンと振幅の大きいビートが弓なりに響く、ゆったり空間のあるスカスカ寸前のトラックながら、結構アダルトでしなやかなMarcus Cantyの歌声が滑らかにその隙間を埋めゆくナイスミッド。アーバンシーンで要注目な男女デュオ、Quadronが登場する「Baby Be Mine」は早耳な方には嬉しい収録かな。当然とRobin Hannibal制作のトロトロと幻影のような電子音と溶け合いと、Cocoの妖しくも艶っぽい歌声は確かに魅惑たっぷり。「That's The Way Of The World」はかのEarth, Wind & Fireの75年の名曲を収録、ドリーミーで柔らかで華やかなホーンとコーラスは何年聴いても色褪せない、今こうやって聴いても素直にカッコイイし心地良いと思える名曲で御座います(畏敬)。「Freedom Ride」は麗しき美女Keri Hilsonの登場、Keri Hilsonの容姿によく似た華麗でいてスッキリ切れ味のあるビューティな歌声にウットリ。いかにもJerry "Wonda" Duplessis制作らしいトロピカルな熱をジワジワ放出するブイブイ音と、カラッと乾いた爽やかなメロディがやはり文句なしに気持ち良い。新進気鋭のシンガーソングライターBilly Wesが歌う「Shake That Jelly」は厚みこそは無いけれど、永遠に鳴る不気味な太鼓ビートと薄っぺらでヘロヘロ漂う霧シンセ、ロボチックにカクカクしたBilly Wesの歌声がまあまあの出来。Ne-Yoがバックアップする歌姫RaVaughnが歌う「Same Ol BS」は、Lil Ronnieが制作を担当。いかにもNe-Yo好みしそうなメロディを丁寧になぞりつつも、パワフルで芳しい凛とした歌声の持ち主で、Keyshia Coleを良い意味で薄めたようなテイスト。J Hypeが制作した「Fire」はBrandon Hinesが登場、彼もまたスマートでスウィートな中にも官能的で熱っぽいモノがあって要注意、思わず仰け反ってしまいそうな昇天ヴォーカルの持ち主。そして僕の今とってもお気に入りなFutureが単独で登場する「Motion Picture」はDJ Spinz制作、けして巧くない角張ったメロディをなぞるヘロヘロとゆらめく蜃気楼ラップが最高にクールで中毒性高い一曲。最後を締め括るのはもう言わずと知れた大名曲、Luther Vandrossの「Never Too Much」、この大円団はもはや間違いなしのキャスティングですね(高揚)。

往年の名曲を入れつつも、基本は新曲ばかりなので聴く価値は大いにアリですね。こういう黒映画のサントラ盤は無論おさえておくべきなんですが、どうかすると既出曲ばかりの寄せ集めな場合もある訳で、そういう意味ではこの作品は新人の曲もしっかり入れてありお買い得。まあ何よりも、Future関与の曲も二曲あるし、聴いて損は無いですよね(笑)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment