RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Young Gunz「Tough Luv」
yg-tlc.jpg


Roc-A-Fellaが送り出したYoung ChrisとYoung Neefから成るラップデュオ、Young Gunzのデビューアルバム『Tough Luv』を御紹介。Jay-Z作品だったりRoc-A-Fella楽曲だったりでマイクリレーに参加しており、その存在感を発揮していたこの二人。Roc-A-Fella所属という事で僕は当然と購入、内容もなかなか力強い一枚となっているんです。
それではどういった内容になっているかと言いますと……まず特筆すべきは製作陣、本作ではRoc-A-Fella専属ともいっていいProducerのJust Blaze氏がバリバリと働いている訳ではなく、Chad Hailtonなる人物が最多の9曲を手掛けており、そのどれもが驚くほどのハイクオリティなんです(墨付)。そんなChad Hamilton製作の楽曲群から触れますと、まずは軍団の先輩であるBeanie Sigelを招いた「Roc U」の緊迫感ある格好良さ、痺れます。「No Better Love」ではLuther Vandrossのヒット曲「Better Love」をスッキリと下敷きにしてスムージーに仕上げ、フックに男性シンガーRellを絡めた、歌モノ好きの僕にはたまらない一曲に仕上げています。Hall & Oates「Rich Girl」を下敷きにしたキャッチーで可愛さ溢れる「$$$ Girlz」ではJuelz Santanaが援護射撃、この曲調自体がどことなくDipset流儀な感じでJuelz Santanaが嵌りまくり(興奮)。というか僕がJuelz Santanaのラップが好きなんですよねぇ、あの低めの声が二枚目過ぎて痺れます。「Grown Man」ではL.T.D.「Don't Stop Loving Me Now」を嫌味なくサラリと使用、Chad Hamiltonは僕的にJust BlazeやKanye Westに負けないぐらいネタ使いが巧い、こういうサンプリング物に滅法弱い僕。そのセンスはFirst Choice「All I Need Is Time」を早回しした渋メロウ「Time」でも輝いているし、Isaac Hayes「They Long To Be Close To You」使いのトラックもさることながら、女性シンガーDenimを歌フックに甘酸っぱくもキュートに舞い上がる「Life We Chose」でも存分に輝きを放っています。しかし、僕個人として推したいのはやはりあのFreewayを援護射撃に突き進む行進曲「Parade」、The Temptations「I Need You」使いのシンプルなドラムパターンが武骨で荒っぽいビートで、そこでしゃがれた声で唾吐くFreewayに興奮せざるを得ません(汗)。とここまでがChad Hamilton製作曲、その他にも侮れない楽曲が盛り沢山。まずは幕開けを飾っている「Future Of The Roc」は僕の大好きなB!nkによる製作、ジワリジワリと熱を帯びていくこのトラックの元ネタはThom Bell「(Do It Do It)No One Does It Better」、巧いです。スクラッチ擦り上げてガンガンと盛り上げる「Friday Night」はJust Blaze製作曲、定番ネタであるRun D.M.C.「Peter Piper」を使った鬼鉄板なこのトラックは正にJust Blaze仕様、コレ聴いて盛り上がらない人は居ない。Just Blazeはもう一曲「Tough Luv」も製作、女性シンガーDenimを招いて哀愁たっぷりにドラマチックにキメてくれます。あとはScott Storch製作で社長Jay-Zがマイクを握る「Never Take Me Alive」、Ruggedness製作の不穏ビートにCam'ronの小憎らしいフロウが冴える「Look In Your Eyes」とバックアップもしっかり。しかし特筆すべきは最後を締め括るヒットシングル「Can't Stop Won't Stop」でしょうね、Darrell "Digga" Branch製作のスカスカピコポコな電子トラックだけでもインパクト大なんですが、そこにChingyのユル~く鼻に掛かったフロウが走る事でより強力になっています(化学反応)。

デビューアルバムとしては及第点以上を獲得していると思います、Young Gunzの二人ともなかなかカッコ良いラップを聴かせていると思いますし。最近はYoung Chrisが単独で客演している事もありますね、そのうちソロ出したりするのかな。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment