RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wiz Khalifa「O.N.I.F.C.」
wiz-khalifa-onifc-cover-1459004016-590x590.jpeg

Pittsburgh出身で、久々に色濃く地元カラーを打ち出した楽曲「Black & Yellow」をヒットさせたWiz Khalifaの通算四作目となる『O.N.I.F.C.』を御紹介。なんだか期待の大型新人としてパッと登場したWiz Khalifaですが、もう新人といった感覚が無くなったのは、次々とニューカマーが生まれているHip Hopシーンの移り変わりの激しさを物語っていますね(焦)。前作『Rolling Papers』から約一年ぶり、短いスパンで出しているし、その間にMixTapeも出しているのでハードワーカーですね。骨身に近い痩身長駆にギッシリ彫られたタトゥー、かなりピッタリの細身のパンツに毛皮を羽織る、やはりなかなかのファッションセンスですな。ちなみに『O.N.I.F.C』とは、“Only Nigga in First Class”の略なのだそう。
それでは気になる内容はどうなっているのか・・・・・・まずはヤンワリと漂う肌に心地良い夜風みたいなスムージーなシンセが美しい「Paperbond」で幕開け、制作はID Labsなる人物が担当。ジワジワと光が漏れ出る様な幻想的な電子音の揺らめきはヒーリング効果バッチリで、その中をミストみたいな霞がかったWiz Khalifaの気だるくも円やかなフロウが漂います。Christopher "Drumma Boy" Gholsonが制作した「Bluffin」もやはりオーロラチックな光の屈折による色彩変化が艶やかで美しいメロディを構築、しかしそんな中にもなんだか土臭いアフリカンな打ビートがポコスカ組み込まれているのがナイス。まるで流星が彼方の地平線にスーッと堕ちてゆくような弧を描くWiz Khalifaのラップ、イイ感じにゆるくキマっていて心地良さは半端じゃない。Jo Aなる人物が制作(Co制作はID Labs)した「Let It Go」では、かなり御無沙汰なAkonが客演で参加。ゆったり間をとりながら壮大なアフリカンビート&メロディを辿る、躍動感とパノラマなスケールで圧倒させる電子音のフラッシュするトラックはカッコ良いし、なによりこういう土着的な曲だからこそAkonの哀愁とエナジーが滲むヴォーカルが活きます(策士)。キラキラと輝く電子音をちらつかせながらも、どこか退廃的で毒々しいダストチューン化しているのが燻し銀な「The Bluff」も最高にクール(麻痺)。制作はID Labsが続投、なんというか暗闇で仄かに輝く光の玉の連なりみたいな電子音の使い方、妖しくもロマンチックで思わずウットリ惹き込まれるんですよ(悪夢)。そのボワボワした光の向こう側ではWiz Khalifaがじわーっとニヤついて笑っているし、かと思えばかのCam'ronがヤクザで厳つくも暈けた声でギラギラ輝き出すという波紋、あっという間に捕まりますね(逃走不可能)。本作からの先行カットだった「Work Hard, Play Hard」はStarGateとBenny Blancoの黄金タッグが制作、これは野太いボトムスビートの効いたハードな鉄鋼チューンで、その上をゆるくモクモク煙たく絡み付くWiz Khalifaのフロウが面白い。またもやID Labsが制作を担当(Co制作をRykeyz)した「Got Everything」では、女性シンガーのCourtney Noelleが客演で参加。 まるで満天の星空がグルグル駆け巡るような煌びやかなシンセメロディが華やか、Wiz Khalifaの優しくマッタリ溶けるラップも良いし、Courtney Noelleのキュートに跳ねる呪文唱えるような歌フックも麗しくてナイスマッチング。@PopWanselと@Oakwud、それに加えて@Flippa123が共同制作した「Fall Asleep」は独特、ゆっくりジワジワ意識の奥底に垂れ堕ちるような雫シンセと、ブワブワと膨張しながら浸食する単細胞生物みたいなビートが混じり合う感触は病み付き度は高い。このインソムニア的なサイケトラックでのっぺり平坦伸ばしなフロウを巻き付けるWiz Khalifaの抜け具合、白昼夢的な朧げな進行が面白過ぎる。ID Labsが制作の「Time」もやはり彗星みたいにすーっと駆ける煌めきシンセがドリーミー、相性は抜群といえます。再びChristopher "Drumma Boy" Gholsonが制作の「It's Nothin」では2 Chainzが客演参加、おどろおどろしく緊迫したトラック上は得意な蜘蛛っぽい2 Chainz。The NeptunesのPharrellが制作し客演した「Rise Above」、他にもTuki Carterと奥方Amber Roseが客演で参加。ここはもう夜の帳を美しくピンク色の染め上げたPharrellの幻想的な電子音使い(そして柔らかくセクシーに響くサイケなパーカッション)の音創りが最高、すべてがこのアンニュイで眠れない深夜の澄んだ空気みたいなトラックに引っ張られている(昇天)。Sledgrenが制作した「Initiation」では自身のレーベルのお抱え美女、Lola Monroeを客演でお披露目。ドクドクンと脈打つような重厚なビート上で、Lola Monroeみたいなカワイコちゃんがラップを飛ばすのはやはり悶える(笑)。「Up In It」はなんとJim Jonsinが制作を担当(Co制作にはEarl & EとRico Loveという強力布陣)、トロトロと垂れ流す粘液性のシンセがなんだかスパイシーでもあるじわじわスロウで、程よくスウィートで妖艶な一曲でやはり侮れません。Nice RecとID Labsが共同制作した「No Limit」はなんだかWiz Khalifaっぽいタッチというか、ツカツカと無機質に叩き続けるドラムスビートにダートなエフェクトのかかった光速スピットが突き抜ける鋭い一閃曲。自身のレーベルへ引き入れた重鎮、Juicy Jを惜しげもなく投入した「The Plan」はID Labsが制作。トラックはなんてことないんですが、やはりJuicy Jのジューシーではなく硬派で脂の乗った野太いラップがカッコイイ。本作で最も注目なのはやはり、IllangeloとDpatが共同制作し、The Weekndが客演参加した「Remember You」で決まり。これはかのダークでサイコパス寸前な変態スロウ、Ginuwine「Tell Me Do U Wanna」をばっちりサンプリングした反則スレスレなスロウで、真っ黒な薔薇みたいに刺々しくもドロドロと美しい華麗なシンセが螺旋を描く中毒チューンで、途中で耳元で囁くようにトーンを落とすWiz Khalifaも、咽せ返るように芳しくも儚げなThe Weekndのヴォーカルがカッチリ連結した素晴らしい一曲。最後を締め括るのはChevy WoodsとJuicy Jが客演した「Medicated」、どことなくアラビアンでエキゾチックなトラックはDanjaが制作という事で納得。

なんとうか、Wiz Khalifaって煙たくていなたい印象なんけれど、意外とスタイリッシュでスマートなサウンドを好む傾向にあるといいますか。MixTapeは幾つかさらっとした聴いていないけれど、メジャーになってその洗練具合が顕著になっている気がします。でも嫌いじゃないし、前作よりも何故だか聴き易かった気もします。売れたには売れたんだろうけれど、やはりどうも前評判ほどにはどうもパッとしない感じのWiz Khalifa(不思議)。果たして息の長いアーティストになるのだろうか、少し不安でもありますが、個人的には応援している一人です。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment