RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

T.I.「Trouble Man: Heavy Is The Head」
ti-trouble-man.jpeg

“サウスの帝王”の名を欲しいままにし、どころかHip Hop界の若き帝王寸前まで登り詰めた男、T.I.の通算八作目となる『Trouble Man: Heavy Is The Head』を御紹介。いや、惜しかった、本当にT.I.は帝王の座に最も近い時期があったんです。しかし刑務所に収監されたのが痛かった、あの空白さえ無ければ、あのまま上昇して確固たる地位を築けたのに(と言いつつも、同じく刑務所休業が発生したLil Wayneは衰えた感は無いが)。と言いつつもきちんと作品はコンスタントにリリースしていますし、やはり安定感は抜群、しかも二枚目っぷりは健在ですしね(羨)。この西部劇の映画ポスターみたいなジャケットはなかなか乙ですな、アリですな(安堵)。
それでは肝心な中身はどうなってますでしょうか・・・・・・さあ、まずはMarvin Gaye「Trouble Man」をベッタリ甘酸っぱく漂わせた(サンプリングした)「The Introduction」でスタート、制作はK Tracks、Tommy Brown、Travis Saylesが共同制作。ただソウルフル風味はちょびっとだけで、渋めの電子音をグラインドさせて突き抜けさせ、T.I.が少し裏返るようなサグい声でフックを繰り返すのがカッコイイ一曲。The O'Jays「Shiftless, Shady, Jealous Kind Of People」を下敷きにした野太く唸る「G Season」はCardiakとElliot Stroudが共同制作、ボコボコと地雷が爆発するオフロードをズカズカと突進するようなタフなT.I.のラップは二枚目。客演には若手有望株のMeek Millが参加、相変わらずの金切り声寸前のキレキレなラップで援護射撃を放ちます。T.I.の盟友といえるDJ Toompが制作を担当した「Trap Back Jumpin」は、サウスの泥臭いバウンスをMAXに引き上げた、ドロドロと重油っぽいビートを破裂させたヘヴィーなミッドで、そんなモッサリしたトラック上でもナイフの様に斬れ味鋭いT.I.のラップの威力がグッド。No I.D.とBrian Kiddが共同制作したってだけで要注目な「Wildside」は、電子鍵盤上を指先でジャーッとなぞったエッヂ抜群のメロディと、砂塵のようなザラザラした礫ビートがチキチキと刻まれたラフなビート。こういうマイナー調でロウテンポなトラックでもT.I.は恰好良い、だけどここで客演しているA$AP Rockyがこういうスローモーションなトラックは巧く、少し抜けたような空気を含んだパフパフしたフロウが妖しくキマったナイス援護射撃。Lil Wayneが客演参加した鉄板チューン「Ball」、制作はRico LoveとEarl & Eが共同で担当。これはもうガチャガチャにビートとピコポコ電子音を乱打した電撃みたいな喧騒曲で、ノンストッップ息継ぎ無しで跳ね回る二人のラップが超ホット。かのAndre 3000を召還したシリアスでドラマチックな「Sorry」は、Jazze PhaとClef、Po Johnsは共同制作。ポロポロとひび割れながら壊れるようなピアノ旋律の儚げな音色と、厳めしくカチカチと硬く鳴るビート、終盤でのAndre 3000の旋風みたいに吹き抜ける、針みたいに尖った光速ラップが最高にキレキレ。Willie Hutch「I Choose You」を45回転早回しで下敷きにした、哀愁メロウな甘美バラッド「Can You Learn」はDJ Montayが制作。最近はこういう早回しでの甘酸っぱいソウル使いって極端に少ないから逆に新鮮、ゲストのR. Kellyが歌声を挿しているので余計にスウィートでまろやかな味わいでかなり美味。「Go Get It」はT-Minusが制作を担当、ズルズルと悪魔的に響き渡る濃霧のように息苦しく冷たいゾワゾワ電子音の中を、ステルスみたいにギラギラしたラップで切り抜けるT.I.のラップの痛快さ。続いてもT-Minusが制作(Co制作にはNikhil "Kromatik" Seetharam)した凍てつくドラマチックチューン「Guns And Roses」では、P!nkがそのすべての痛みを叩き壊すようなエモーショナルで骨太なヴォーカルで華を添えます。ここ最近でまたトレンドとなりつつある、ドロドロ腐敗させたスクリュー趣味な「The Way We Ride」はLamar "Mars" Edwardsが制作を担当。こういう爛れ落ちるようなバウンスビートの中で舞うT.I.というのは異様な美しさがあって、かえってその斬れ味が増す不思議な味わいがある(溺愛)。Lil Cが制作を担当した「Crusin'」ではT.I.がシュガーエフェクトも駆使して甘ったるく歌っている異色曲、このタイトルだからある程度はサッパリ清涼なメロディ物は予想したけれど、まさかNellyばりにT.I.が歌うと思わずかなり驚いた(感想はというと、僕はまあアリだと思う)。T-Minusがまたもや制作した「Addresses」はいかにもT.I.のバキバキ系の鉄鋼ビートが炸裂、ただ昔ほどのヤンチャさが無い気も。「Hello」はThe NeptunesのPharrellが単独で制作、それでもThe Neptunesだと分かる柔らかな電子音の暈けた明滅と、チキチキと細かく振動する機械ビート、それからほんのり甘くビターなソウルフルなメロディでたまらない(酔)。しかも客演には怪鳥Cee Lo Greenと来たから文句なし、フローラルで柔らかなメロディ&ヴォーカルでふんわり昇天してしまいます。再びDJ Toompが制作した凹凸凄まじい南部仕込みのバウンスビート「Who Want Some」は強烈、何よりもトラックの裏でT.I.の“あいっ♪あいっ♪あいっ♪あいっ♪”を連ねているのがズルイ。SanchezがElton Johnの名曲「Your Song」をサンプリングし、そのサビをAkonに歌わせたモロ反則な悲哀チューン「Wonderful Life」、Rock CityとJevon Hillが共同制作した「Hallelujah」(歌フックはNetta Brielle)と、アダルトな魅力も滲んで来たT.I.の侘び寂びが味わえるエンディングとなっております。

昔のサウス丸出しなギラギラした、脂の乗ったT.I.とまではいかないまでも、様々なスタイルを取り入れながらもシャープでサグいT.I.節は健在でやはり痺れますね。90年代のHip Hopに慣れ親しんだ三十路寸前の僕にとって、T.I.って新世代のMCだった筈なのに、今では昔ながらのファン気分なんですから、Hip Hopの流れが急激に変動しているのを痛感しますね。それこそA$AP Rockyなんかが招集されていて、そこでは渋味の違いを魅せつけてくれてて、互いにカッコイイ魔法が生まれているのも面白い。惜しむらくは、もう何曲かDJ ToompとT.I.の合体曲を聴きたかったかなー、まあでも充分にカッコ良くて満足で御座います(美味)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment