RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Freeway「Philadelphia Freeway」
fw-pfc.jpg


Roc-A-Fellaが誇る顎鬚男ことFreewayの記念すべきデビューアルバム『Philadelphia Freeway』を御紹介。このFreeway、僕個人としましてはJay-Z率いるRoc-A-Fella軍団の中で、Jay-Zの次に好きなMCで御座います(寵愛)。それぐらいに僕は激プッシュしているFreeway、皆様もうお聴きになったでしょうか。このジャケットもカッコイイではありませんか、参加しているゲスト陣も半端じゃない豪華さなんで、そこも魅力の一つではあるんですが。
しかしその一番の魅力はというと……やはりFreewayのあの押し潰した様なしゃがれたフロウですよ(惚)、あれはもう唯一無二、あの全てを灼き尽くす様な焦げたフロウがたまらないです。まずはJust Blazeが製作したVicki Sue Robinson「Freeway Song」使いの「Free」で静かに幕開け、これがまたあの早回しした“ふりぃ~~♪”のフックが耳に残るトラックで、そこに語る様にラップを乗せるFreewayがジワリジワリ攻めてくる感じで丁度良い。そんな折に一気に爆発して猛進してくるのが「What We Do」で一気にテンションは最大限、Freewayも待ってましたと言わんばかりに一気にスロットル全開で驀進。Just Blaze製作のCreative Source 「I Just Can’t See Myself Without You」使いのちょっぴりキラめいたバンギンチューンももう鉄板の格好良さで跳ねるしかない、そこに帝王Jay-ZとBeanie Sigelの援護射撃が背後から飛んできてもう撃ち抜かれる以外に逃げ道はありません(即倒)。僕がこの作品を好きな理由はFreewayの魅力が第一ですが、次に大好きなJust Blazeが最多の10曲も手掛けているのも理由なんです、てな訳でまずはJust Blaze製作曲から触れておきましょう。シングルとしてヒットした超攻撃型武装トラック「Flipside」はもはや脅威、Freewayの荒く潰して激しく灼き尽くすフロウが火を噴き捲る(熱)、このドカドカなトラックも最高に熱くてJust Blazeの腕の良さを証明しています。そしてこの曲にはPeedi Crakk(現Peedi Peedi)が参加してまして、このPeedi Crakkのちょっと抜けたラップがまた良いエッセンスになっててグッド。「On My Own」ではNellyがフックで参加、常夏なブルートラックにNellyのあの歌うフロウが痛快に嵌っててグッド、Freewayもこういうトラックを軽々と乗りこなす巧者ぶり。バチバチとポッピンして跳ね回す「We Get Around」はSnoop Doggが客演参加、やはりFreewayとは全く違った味わいで、同じトラックでも全然アプローチが変わってきて面白い化学変化。しっかしNellyやSnoop Doggといった曲者と対峙しても全く喰われないFreewayの存在感って凄まじい、主役はあくまでFreewayなんですよ(感心)。Ultimate Music「To Get Love You Must Give Love」を早回しサンプリングした「Don’t Cross The Line」はFaith Evansが参加、Mary J. BligeでなくFaith Evansって辺りがまた心憎い演出に感じたりも。こういうループで聴かせるFreewayのリズミカルなフロウも聴いてて安心するし、Faith Evansもやっぱり歌が上手くてトラックも魅力を約30%増量させています。「Full Effect」ではRoc-A-FellaよりYoung Gunzが参戦、これはROCファンには聴き慣れた組み合わせでしっくり。Ronnie Foster「Mystic Brew」を下敷きにした爽快メロウ「Alright」では男性シンガーAllen Anthonyを起用、これがまたAllen Anthonyが程よく甘い紳士声でナイス、こうやって聴くとFreewayのフロウもライトでメロディに乗っても映えますねぇ(感心)。Just Blaze十八番の45回転早回し声が炸裂する可愛くユルーい「You Got Me」はMariah CareyとJay-Zも参加、というより元々はMariah Careyの曲をここに収録。こうやって聴くとMariah Careyの微細いブリッコ声も嵌る、Jay-Zは貫禄たっぷり余裕綽綽でゆったり乗ってカッコイイ(流石)、でもFreewayも全く引けを取りませんね。とここまでがJust Blaze製作曲でどれもが満足ゆく仕上がりでグッド、しかし残りの曲も手堅い作りなんですよ(贅沢)。「Turn Out The Lights(Freewest)」はKanye West製作、そこまで印象的でないながらもやはりKanye Westの風味が効いた彼らしいトラックに納得、フックではKanye Westもちゃっかり参加。そのKanye Westは「Hear The Song」も製作、これは何かをサンプリングしてそうな味わいなんですがしてないんですね(驚)。このトラックは完全にKanye Westが後の自身のアルバム『The College Dropout』で聴かせたアプローチと似てる、ノスタルジックでさらりと流れながらもインパクトのあるメロディ展開は素晴らしい。あとNate Doggを招いた「All My Life」は僕の大好きなB!nkが製作を担当、The Impressions「I Want To Go Back(aka "Man Oh Man")」を下敷きにしたトラック。下から沸々と沸いてくる様な感覚がネットリ、そこに絡むNate Doggの下手ウマな歌フックが絶妙にマッチング。B!nkはThe Spinners「We Belong Together」を下敷きに「Victim Of The Ghetto」も製作、ソウルフルで泥臭いトラックにRellの歌声を絡めた哀愁曲。

この作品は素晴らしいです、皆様是非とFreewayを宜しくお願い致します(宣伝)。Freewayってめちゃカッコイイですよねぇ、僕だけ?そんな事は無い筈、彼のあのクラッシュしたフロウに衝突って惚れずにいられる訳がないです(断言)。この一枚を聴けばFreewayの魅力がギッシリ詰まってます、激薦盤で御座います(墨付)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment