RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Beanie Sigel「The B. Coming」
bs-bcomc.jpg


Jay-Z率いるRoc-A-Fella Recordsが誇る本格派MCで実質の二番手、Beanie Sigelの通算三作目となる『The B. Coming』を御紹介。あのNasもJay-ZとBeefを繰り広げていた頃、Beanie Sigelの事だけは実力を認めている旨の発言をしていた気がします。Jay-Zとの付き合いでいけばMemphis Bleekの方が長いですし、きっと二番手は彼なんですが、人気実力でいくとBeanie Sigelの方が勝っているのかもしれません。
そんなこんなで評価の高そうな本作の内容なんですが……やはりなかなか燻し銀の通な一枚に仕上がっていますよ。まずは悩ましいホーンが鳴り響く雰囲気抜群の「Feel It In The Air」でしっとり落ち着いた幕開け、Raphael Ravenscroft「Whole Lotta Something Goln On」使いの濡れたトラックはあのHeavy Dが製作という事で、黒い魂感じる納得の格好良さ(紳士)。Melissaある女性シンガーの艶っぽい歌声も色っぽくて素敵、気になりますねぇ。Aquaなる人物がGloria Scott「Love Me, Love Me Or Leave Me, Leave Me」を早回しして製作した「I Can't Go On This Way」ソウルフル度120%増量で最高にカッコイイ、しかも援護射撃にRoc-A-FellaよりFreewayとYoung Chrisが参加。僕個人としてはFreewayがかなりお気に入りのMCなので彼に要注目、出番少ないですが圧倒的なインパクトでぶちかまします。銃声響く「One Shot Deal」は僕の好きなB!nkが製作を担当、ジワリジワリと熱を帯びて加速するアッパーチューンに一緒になって絡むのはRedman、あの低いところから伸し上げるRedmanのごついラップがたまらない。「Gotta Have It」はChad HamiltonがThe Rose Royce「That's What's Wrong With Me」をサンプリングしたシンプルな打楽器ビートで跳ねて刺す一曲、ここでは同じくRoc-A-Fella出身のPeedi Peedi(以前はPeedi Crackだった)とTwistaが参加。トラックがシンプルだけにMC陣のラップが際立つんですが、そんな中でもBeanie Sigelの太い声とTwistaの高速ラップは光ってます、しかしそんな二人に負けじとPeedi Peediがちょっとナメた様なフロウで舞ってて、それが結構癖になります。続いてはThe Neptunes製作でSnoop Doggが客演参加の「Don't Stop」、The Neptunesのファンタジーハイな電子音に絡むSnoop Doggのメロウなフックが最高の相性、Beanie Sigel的にも珍しい試みで好きな一曲。DJ ScratchがKeith Sweat「In The Rain」を下敷きにしたポワワンと音が篭るしっとり濡れるスロー「Purple Rain」はUGKのBun Bが参加、Beanie SigelもBun Bも野太い声なんですがしなやかに情感たっぷりのラップを披露、Scarfaceなんかが出てきたらもっと最高だったかも。男性シンガーRellと女性シンガーMelissa Jayと二人を従えて煌びやかなメロディ物に身を委ねる「Change」はTy Fyffe製作、トラック自体が儚く美しくて聴き惚れてしまう、しっかしRellは歌が上手いのにデビュー出来ない(悔涙)。Just Blaze製作のシリアスさと危険さが入り混じる「Bread & Butter」では、あのBrand NubianよりGrand PubaとSadat Xが参加(驚)。Boola製作のMarvin Gaye「Poor Abbey Walsh」使いのダークネス曲「Flatline」では再びPeedi Peediが参加、このPeedi Peediは本当に癖のあるラップしますよねぇ(不思議)。「Look At Me Now」は通好みするBuckwild製作のソウルフルトラック、Greg Perry「Come On Down(Get Your Head Out Of The Clouds)」を使った雰囲気ばっちりの煙たいトラックに余裕のフロウを乗せるBeanie Sigelが凄まじくカッコイイ。そして個人的な注目曲はやはりJay-Zがマイクを握る「It's On」、製作はD.Dot(多分Deric "D-Dot" Angelettie)でサンプリングにCarrie「Questions」を使用した美しくもドラマチックなメロウ曲。ここでの曲展開の美しさは最高水準なんですが、何よりもやはりJay-ZとBeanie Sigelの相性抜群の掛け合いが素晴らしい、Jay-Zのフロウもどこか昔っぽいスタイル(より語り口調というか)で聴いてて痺れ上がります。最後を締め括るのはDa Neckbones製作でCam'ronが援護射撃の「Wanted(On The Run)」、Bon Jovi「Wanted Dead Or Alive」使いって事でどこかロキッシュなエッセンスがあってまた違った魅力がたっぷり、Cam'ronもなかなか渋い味出してます、悔しいですが。

全体的にトーンは暗めでシリアス且つ不穏な空気漂ってます、しかしそれがBeanie Sigelの囚人声にピタっと嵌っててとても聴き易いし、カッコイイんです。この落ち着き具合がやはりMemphis Bleekとは一味違うのかなとも思ったり、まぁ僕はMemphis Bleek好きですけどね。Jay-Z嫌いの方もこのBeanie Sigelは要注目だと思います、カッコイイですよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment