RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Toya「Toya」
toya-tyc.jpg


Arista Recordsが送り出したSt.Louis出身の女性シンガーToyaのデビューアルバム『Toya』を御紹介。African AmericanとPuerto Ricanの血を引く彼女、Nellyのマネージャー繋がりでデビューを勝ち取ったんだとか。そういえば映画『xXx』のサントラ収録のNelly「Stick Out Ya Wrist」にfeat.されていたのがToyaでしたね、あの曲ではなかなか魅力的な歌声を聴かせてくれていたので、かなり期待が高まります。
それでは早速と内容について触れてゆきますと……まず僕は幕開けを飾る「No Matta What(Party All Night)」で一発K.O.されました、Toyaの清涼感溢れる綺麗系の歌声に合わせて疾走するトラックはDavid Frankなる人物の製作でグッド。あとこの曲はその駆け抜け具合も最高ながら、フックでの“えいえいえいえい♪”だとか“えいよーえいよー♪”なんかのリフレイン技がキマッてる、今聴いてもしっくりくる(今だからこそ嵌り易い)ナイスな歌い回しです。「How Can I Be Down」はBam & Ryan Bowserのコンビが製作(Co製作にToya参加)のミッドチューン、細かく跳ねるエッジの効いたクールビートがカッコイイ、Toyaの歌声も尖ってて最高に嵌ってます。続く「I Do!!」もBam & Ryan Bowserのコンビが製作を担当、これも電子音を微振動させて突き進む先鋭的R&Bでクール、派手さはないけれどToyaの歌声には合っているかな。Bless & K-MackのSoul Diggazコンビが製作の「The Truth」はどこか懐かしいファンキーさが売りのバウンス曲、下敷きにZapp & Roger「So Ruff, So Tuff」を使ったギラギラソウルフルな一曲。Allstarが製作を担当した「Think」もメロウ系統なんだけど一筋縄でいかないシンセ使いで爽快、Bam & Ryan Bowserがまたまた製作を手掛けた「Don't Make Me」は良いんですが、先述の彼らの製作曲に類似しているのが難点。「Moving On」はSoulshock & Karlinの強力タッグが製作担当したバラード、別れた恋人を忘れられないと切なく歌う詞に彼らの作る透き通った美しいアコースティックギター主軸のトラックが素晴らしく美しい。先程までToyaの歌声はクールだと何度も述べましたが、Toyaの歌声はクリアで優しく可愛くもあるんです(胸染)。MultiMan & Copenhaniacsなるコンビによる製作曲「Untouchables」では、Toyaが叩きつける様な力強い歌声を披露、Penelopeなる女性MCのラップも肝が据わってて格好良いですよ。「Book Of Love」はまたもやBam & Ryan Bowser製作曲、ここでは元Bad Boy Records所属のLoonが援護射撃で登場。Toyaには悪いけれどここはLoonを楽しむべき、Loonの程よく脱力した鼻声ラップが僕はかなり大好きです(好物)。再びSoulshock & Karlinがギターサウンドをフルに使用した「What's A Girl To Do」は打って変わってスピーディでスペイシーなアッパー曲、これも先鋭的な電子音トラックでかなりポテンシャルが高い、相変わらず良い仕事してますわぁ(溜息)。その後はまたBam & Ryan Bowser製作の「I Messed Up」「Bounce」が続きます、どちらも電子音を複雑に交錯させてチキチキ鳴らせて激走する格好良いトラックばかり、でもやはり欲を言えば一曲ぐらい趣向の違うトラックをやっても良かったかなと。Dallas Awesome(Dallas Austinの別名)製作の「Fiasco」ではあのT.I.がゲスト参加、他曲と同様にバウンス出来る電子トラックながらも、やはりDallas Austin製は一味違うブランド物、またここでキザでカッコイイT.I.のラップが鳥肌モノで興奮します。最後を飾る「I Do Pt.2」はRamahn "Jer-Z" HerbertがPeter Brown「Do You Wanna Get Funky Me」を下敷きに製作、ここでSt.LunaticsよりMurphy Leeが参加しています。欲を言えばNellyの方がインパクト大だったかもだけど、それでもMurphy Leeも良い味出してるんで僕は好き、もっと出番を増やしても良かった気がします。

トラックもゲスト陣も申し分なく格好良く、そのうえこのToyaが歌唱力もきちんと持っていて、なかなか侮れない快作で御座いました。せっかくこんなにToyaが歌えるんだから、電子的バウンス曲ばかりでなく、しっとり聴かせるバラードをもう何曲か収録していればもっと高得点だったかもしれません。ジャケット見る限りでは顔はイマイチっぽいけれど(失礼)、また何処かで彼女の歌声は聴きたいですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment