RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Nelly「Da Derrty Versions : The Reinvention」
nl-ddvc.jpg


片田舎であるSt.Louis出身の人気MCであるNellyのRemix集『Da Derrty Versions : The Reinvention』を御紹介。オリジナルアルバムを心待ちにしている間に届けられたのは今までの楽曲にほんのちょっと手を加えたRemix企画、当時はまだ学生で金銭的に余裕があったのでつい購入しちゃった一枚で御座います。
それではその内容はと言いますと……これがまぁ言うなれば手抜き的な一枚で、あまり愛情は感じられないアルバム、だからさらっと曲目に触れて終わりたいと思います。まずはシングルヒットしたNellyの出世曲「Country Grammar(Hot S**t) 」、曲自体には何も手を加えずE-40のラップを冒頭に挟んだのみのRemix。E-40にそんな思い入れが無いので、そんなテンションも上がらず。「E.I.」はあのDavid BannerがRemixを担当した掛け声満載のサウス曲、バッチリ熱くてDavid BannerらしいRemixでまぁまぁの仕上がりかなと思います。じゃらじゃら鳴らすギターサウンドがどこか爽やかで夏っぽくもある「Ride Wit Me」はCity Spudがゲスト参加、このCity SpidなるMCのラップはなかなか好きですが、トラック自体はやはりオリジナルを超える事は出来てなくて残念な限り。「Batter Up」ではMurphy LeeにAli、Chocolate Tai、King Jacob、Prentiss Church、TruとNellyの御仲間総出でマイクリレー、がしかしこれもあまり面白みが無い(迫力が無い)一曲でせっかくの大所帯が映えない感じ(惜)。「Hot In Herre」はBasement BeatsがRemixを担当しているんですが、これがオリジナルを作っているThe Neptunesがまるで作っているかの様なフィーリングでRemixっぽくない(驚)。てか原曲のワンフレーズを切り取って誇張しているのかな、だから全く違和感が無い感じ。「Dilemma」はあのJermaine DupriがRemixを担当という事でかなり期待大、なんですがそこまでの爆発はなく小規模なRemixに終わってます(悲)。Kelly Rowlandの歌声に加えてAliがラップで参加してまして、Aliは結構カッコイイ低音ラップで聴かせてくれるんでなかなか好きですけどね(助太刀)。「Air Force Ones」ではDavid Bannerが再びRemixを担当してRock風味を加味、荒っぽいビートに乗っかるのはNellyに加えてDavid Bannerと8 Ballという男臭いMC陣、これならMJGも参戦したらより強力だったのに(我侭)。「Work It」はScott StorchがRemixを担当、オリジナルの派手さを抜いたシンプルクールな電子トラックにリメイク。これといって変貌は遂げておらずやはり不満の残るRemix、Scott Storchなんだからもっと大きく改造してくれたら良いのに。しかしまぁより一層とJustin Timberlakeのオシャレなファルセットが体感出来て、その点は素敵な点かなと。「#1」もトラック自体には殆ど手を加えず、援護射撃にClipseとPostaboyを召還したRemix。ここはやはり一聴して分かる存在感のClipseのフロウが聴き所、せっかくならClipseと一緒にThe Neptunes製作の新曲にしてくれたら俄然興奮したのに~。「Pimp Juice」はJason "Jay E" Eppersonが手掛けたかなり要注目なRemix、ゆったりとJazzっぽく仕上げたトラックにあのRonald Isleyが悩ましく歌声を絡ませる妖艶曲、これは色気たっぷりでNellyの歌うフロウも活きてて好きですよ。あとは既出曲でBrian Mcknight『Superhero』にも収録されていた「Groovin' Tonight」、The Neptunes『The Neptunes Present... Clones』にも収録されていたThe Neptunes製作の宇宙曲「If」も収録、この2曲はクオリティ高くて両アルバムを所持してない方には嬉しい特典。あとは新曲の「Iz U」も収録、Jason "Jay E" Epperson製作のAlan Tew「Theme From People's Court」使いのぶち上げるトラックでNellyのフロウも熱があってなかなか良いです。

う~ん、必須所持アルバムでない事は確かですね、Nellyが好きな方ならまぁまぁ楽しめる一枚かなと思います。しっかしRemixといってもここまで創造性に欠けるともはやRemixではないですね、ここはやはりRemix開発者(自称)であるP.Diddy辺りにやらせたらもっと凄い一枚が出来たろうに。
スポンサーサイト



Comments

No title
個人的にRide Wit Meはこのリミックスの方がすきなんですよね~。あとはE.IとWork ItとE.IのSt.Lunaticsリミックスも好きですね~。何気にこのアルバムでGroovin’ Tonightを知ってルナティックスのアルバムに入ってて「この曲ルナティックスの曲なんだ~」って思ってたらマックナイトの曲だったんですね・・・。
No title
C.COOLさん、こんばんわ。

僕もこの記事を書くにあたって聴き直して、なかなか面白いRemixもあったんだなと感じました(笑)。

St.Lunaticsのアルバムは僕も好きです、彼らもなかなか個性的で各々が良い味出してますよねぇ。

ちなみにBrian McKnightは僕の最も好きな男性シンガーです(暫定)、彼のアルバムはどれもお薦めですよ!

Leave a Comment