RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Justin Timberlakeの知っておくべき名曲十選
IMG_9643.jpg

六年半ぶりの新作『The 20/20 Experience』のリリースが待たれる、Justin Timberlake。
新曲「Suit & Tie」では盟友であるTimbaland、 Jerome "J-Roc" Harmon、James Fauntleroyといった同胞ともいえる製作陣が脇を固めていて必勝状態。
しかも客演には王者Jay-Z、一度は拒まれた共演が遂に実現。
次に封切りとなった「Mirrors」も圧巻のクオリティ、これは当然なのだが期待大。

しかし、僕はかなり驚いている。
これほどまでにJustin Timberlakeの帰還を待っていた人が多いとは。
Twitter上でもかなり盛り上がっているけれど、ひとつ気になる点が。
皆が『FutureSex/LoveSounds』ばかり持ち出し、『Justified』の話はしないこと。
あれ?どうして?僕的には『Justified』の方が紙一重ぐらいで好きなのだが?
まあ、'N Syncの頃からのファンですし、そういう意味でもソロに転向して初の作品だった衝撃も、この作品への思い入れを強くしているのかもしれませんが(愛着)。

という訳で、Justin Timberlakeフリークである私、Queenが厳選。
シングル曲以外で重要なJustin Timberlakeの楽曲を十曲選びました。
これを機に新作が出るまで、もう一度みんなでJustin Timberlakeの楽曲を堪能しておこう。

10. 「(And She Said) Take Me Now」
アルバム『Justified』収録。Timbalandが制作、Co制作にはScott Storch、StringsにはLarry Goldというかなり厚い人選。あとは言わずと知れたJanet Jacksonがちょっぴり歌声を挟んだ一曲で、あの囁く様な天使(小悪魔)声で鼓膜を撫で回すJanet Jacksonに、Justin Timberlakeも思わず昇天気味のファルセットで舞い上がる始末。まだこの頃はTimbalandも十八番スタイルのチキチキ変態ビートを連打していて、そういう意味でも重要な一曲。

9. 「Worthy Of」
アルバム『Justified』収録。なんですがこの曲、実はUS盤にも国内盤にも未収録で、UK盤にしか収録されなかった幻級の一曲。この曲はなんとあのCarvin & Ivanが制作しているというのも味噌、爽やかにすーっと吹き抜ける春風みたいな柔らかなメロディに、繊細で滑らかなJustin Timberlakeの歌声がじんわり滲む素晴らしいミッド。

8. 「Think She Knows Interlude」
アルバム『FutureSex/LoveSounds』収録。これは「LoveStoned」と繋がったInterludeなんだけど、長尺でもっとしっかり聴きたいと切に願った程に好きな曲。TimbalandとNate "Danja" Hillsが共同制作でして、思えばこの頃はDanjaを過小評価していたなと、つくづく後で悔やんだ次第です。TimbalandとJustin Timberlakeのヒューマンビートボックスに乗せて、グングンと危険なぐらいにスピードを加速させるトラックが鳥肌モノ。

7. 「Losing My Way」
アルバム『FutureSex/LoveSounds』収録。この曲もTimbalandとDanjaのコンビが手掛け、StringsにLarry Goldが参加しています。この曲の持つ荘厳さ、酩酊感、ゴシックカラーがとても独特で中毒性が高い。なんというか、とてもグロテスクな美しさがギラギラと輝いているというか、終盤のクワイヤっぽい歌唱の挿入なども含めて、その重厚感に痺れ上がって倒れた灰汁の強い一曲。

6.「(Another Song) All Over Again」
アルバム『FutureSex/LoveSounds』収録。あの天才Rick Rubinが制作を手掛けた珠玉のバラード、Justin Timberlakeがただ一人の男として、ただひたすらと弱々しくも真っ直ぐに愛を告げるその詩に、ひざまついて哀願し見つめるようなJustin Tiberlakeの真摯な歌声に、胸を撃ち抜かれて動けなくなる一曲。Justin Timberlakeのシンガーソングライターとしての力量が、存分に爆発している。

5.「Last Night」
アルバム『Justified』収録。The Neptunesが制作したこの曲は、ちょっぴりスパイシーなメロディラインに、いかにもThe Neptunesらしいひんやり夜風みたいな電子音が頬を撫でるクルージンチューン。微妙な音程のズレで幾重にも織られたJustin Timberlakeの歌声がサクサクと突き刺さるミッドで、この解放感と滑走具合の溶け合いが絶妙。

4. 「Take It From Here」
アルバム『Justified』収録。これもThe Neptunesが制作、まるで風が吹いたり止んだりしながら、野原の香りを運ぶような、そんな優しく芳しいストリングスが流麗で美しい。これほどまでに優雅なソウル曲をThe Neptunesが創ってしまう、そんなメロディをJustin Timberlakeが引き出してしまうという魔法みたいなスロウ。なんだか呼吸をするように、ゆっくりじわりとハートに沁み込む素敵過ぎるラヴバラード。

3. 「Love Don't Love Me」
サントラ『Bad Boys II』収録。この曲はあのSean "P. Diddy" CombsとMario "Yellow Man" Winansが共同制作、つまりJustin TimberlakeはあのBad Boy Recordsの洗礼も受けている訳で。ズルズルと重たく引きずる電子音とバウンスの効いたロウなビート、その上を極端にいえばファルセットと地声の二重線で鮮麗なメロディを描き上げるJustin Timberlakeが壮絶にクール。これほど黒いスタイル&フィーリングを醸し出せる辺り、Justin Timberlakeは本物のシンガーだなと確信したあの頃。このサントラ盤でしか聴けないとうのも重要、聴き逃すのは惜しい。

2. 「Still On My Brain」
アルバム『Justified』収録。実質もう一位とかなりの僅差、それぐらいに大好きな一曲がコレ。制作はあのDamon ThomasとHarvey Mason, JrのThe Underdogsコンビ、これで良くない筈が無いですよね(断言)。柔らかに溶けてゆく繊細で流麗なメロディ、そしてそれ以上に繊細緻密にふわふわと漂うJustin Timberlakeのフローラルな歌声にただただズブズブと溺れてゆくばかり。終盤あたりでの張り裂けんばかりに昇天する力強いファルセット、あそこで毎度と僕は失神するのです(悶絶)。

1. 「Never Again」
アルバム『Justified』収録。これはもうベタなNo.1なのかもしれませんが、Justin Timberlakeの構築する歌世界を如実に表した傑作だと思います。制作はかのBrian McKnight、彼の弾く切なくて脆くて涙に濡れたピアノ鍵盤の音色も重要。Justin Timberlakeの今にも泣き崩れそうなファルセット混じりのヴォーカルもさることながら、やはり彼の書く痛々しくて神経質で女々しい詩が素晴らしい。こういう危険ギリギリなナーバスな感情を歌わせたら、Justin Timberlakeの右に出るシンガーはそういないのではないでしょうか。痛くて凍えそうな歌声が、震えるハートに突き刺さる珠玉の失恋曲。


という並びと相成りました。
いかがでしたでしょうか?
“そうそう、その曲もいいよね!”と思った方、かなりJustin Timberlake好き。
“は?そんな曲よりもコレだろ?”と思った方、貴方もJustin Timberlake好き。
という訳で、アルバム全体通してでなく、一曲ずつ切り取ったらば、僕はやはりどうしても『Justified』率が高くなってしまいますね。それぐらいに思い入れの強い作品、生涯の五枚に入ると思います。

新作を楽しみだけど、まだ『Justified』は聴いていないって方。
そんな方は希少だろうけど、是非聴いてみて下さい。




スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment