RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brandy「Afrodisiac」
brd-afc.jpg


僅か15歳でデビューした才能あるベテランシンガーBrandyの通算四作目となる『Afrodisiac』を御紹介。もうちょっと顔が可愛ければもっと人気が出たかもしれないBrandy(失礼)、しかし女優業にも忙しくなかなか順調な仕事っぷりを見ると、やはりその実力人気は衰えていないみたいで何よりですね(拍手)。ですからこの『Afrodisiac』は久々のアルバムで、否応なしに期待は高まりましたよ。
それでは内容に触れてみましょうか……まずここで述べておきたいのが主軸Producer、これまでのBrandyといえばRodney "Darkchild" Jerkinsとのタッグが主だったんですが、本作ではRodney Jerkinsはノータッチ、彼に代わって奇才Timbalandが最多の9曲を製作しています。これはTimbaland的にもAaliyah以来の久しい仕事っぷりで、その点にも期待してしまいますよね。それではそんなTimbaland製作曲から御紹介していきましょう、まずは“はっはっはは♪”なるリフレインに跳ねたビートと子供の泣き声が配された、いかにもTimbalandらしい趣向の「Afrodisiac」。幾分か加工されたBrandyの歌声も美しさをより強調されていて、いつもと違った魅力が発揮されています。冒頭にちょっぴりTimbalandの声が入る「Who Is She 2 U」も、ピアノ音に重きを置いたトラックながらもどこか影のあるドラマチックな展開が素晴らしく光っています。Timbalandらしいドロッと重たいビートが渦巻く「I Tried」もカッコイイ、何重にも重ねられたBrandyの歌声が聴き手の感覚を麻痺させる中毒曲。パーカッション聴こえるトラックにひんやりと涼しい世界が拡がる「Focus」も、ベコボコベコボコと叩くビートに口音が絡み回る完全なるTimbaland製の変態トラック「Sadiddy」も、硬質なドラムパターンがちょっぴりオールドスクール回帰なアッパーカット「Turn It Up」も、民族楽器っぽい笛音がピーヒャラと鳴るアジアンテイストな「Come As You Are」(ソングライティングにSean Garrett参加)も、「Rock House Jail」なる曲をサンプリングした「Finally」も、そのどれもがTimbalandらしいクールで実験的なR&B曲ばかりで先鋭的、Timbalandにはやはりこういう女性R&B曲を沢山作って欲しいなと感じました。しかしそんなTimbalandの実験的試みが最も成功しているのが最後を飾る「Should I Go」、ここではColdplay「Clocks」を下敷きにした美しく神秘的な静寂トラックを提供。これがもう素晴らしい仕上がりで(Coldplayの原曲の持つ魅力)、Brandyの囁きかける様な歌声でより儚く優しい一曲に仕上がっています(癒)。とここまでがTimbaland製作曲、あとはまた腕のあるProducerが参加していまして。まずはTimbalandの次に多い2曲を手掛けたのがKanye West、Kanye WestもKanye Westらしい素晴らしい仕事っぷりで聴かせてくれるんですよ。「Talk About Our Love」ではそのKanye West自身がラップでも参加(ViolinでMiri Ben-Ariも参加)、Mandrill「Gilly Hines」下敷きのレトロでノスタルジックなトラックは流石の出来栄えで心の琴線に触れ捲くり(懐)。Kanye Westのラップもキマッてる、Kanye Westのラップもこれぐらいの援護射撃的な長さだと聴いてて飽きない(笑)。Kanye Westはもう一曲「Where You Wanna Be」も製作(ViolinでMiri Ben-Ariも参加)、Roberta Flack「Jessie」をサンプリングしたピアノ旋律の美しいメロウ曲、そこにT.I.の二枚目で紳士なラップがカッコ良くキマるナイスな組み合わせ。あとは幕開けを飾る伸びやかキラキラな「Who I Am」はWarryn "Baby Dubb" Campbellが製作、うん幕開けに相応しいです。ちょっぴり変わった音使いの「Necessary」は成程Organized Noiseによる製作曲、不思議な楽器使いでオリエンタルな雰囲気も混じっていたり。甘くも繊細で美しいバラード「Say You Will」はRon "Neff-U" Feemsterによる製作、思わず溜息吐きそうになる心地良さでなんとも素晴らしいスローに仕上がっています。

流石はBrandy、聴かせてくれます、Tmbalandとの相性もなかなか良かったのではないかと思います(太鼓判)。そして途中で挟まるTimbaland以外の鉄人によるトラックも良い意味で流れを変えていて素敵、やはりシンガーが良いとProducerも活き活きしますよね。Hip HopテイストのR&Bをここまでメジャーにしたのは、Brandyなどをはじめとする90年代シンガー達の賜物、その底力を如何なく発揮したナイスな一枚で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment