RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Solange「True [EP]」
tumblr_mckeyfDnEf1qdmc5po1_500_20130209230808.jpeg

モデルなどでも活躍する美形シンガー、Solangeの初となるEP作品『True [EP]』を御紹介。Solangeといえば、言わずと知れたBeyonceの実妹な訳ですが、Beyonceの七光りといった立ち位置ではなく、あくまで一人のアーティストとして独自のスタイルを模索している姿勢がR&B愛好家からも評価されている訳でして。Beyonceよりも早く結婚出産を経験し(今はシングルだが)、カワイイ男の子一人を育てる一児の母。なかなかアグレッシヴな音楽活動をしているんですが、本作はインディーズからの配給となっております。しかしこの御時世、なにもメジャー配給が必ずしも良いという訳でもないので、ゆっくり気ままに自分のスタイルを出せる現状が好都合なのかも。
そんな感じでザックリと適当な感想を書いちゃいますと・・・・・・まず本作を語る上で重要なのが、全曲の制作をSolange自身とDev Hynesの強固なタッグで手掛けている点。Dev Hynesは英国を拠点に活躍するシンガーソングライターで、他にもLightspeed Champion名義やBlood Orangeといった名義でも活動している人物。まずは“うわあーー♪”とはっちゃけた叫び声が始終バックでループする、アフリカ音楽っぽい乾きと壮大感が溢れるシングル曲「Losing You」で幕開け。大地の上の大空をゆっくりじんわりと旋回する鷲のような、そんな自由奔放で開放感たっぷりなスムージーな電子チューンに、Solangeの淡くて優しい色味のヴォーカルがふんわり乗っかります。Michael Jackson「The Way You Make Me Feel」みたいな軽やかさと鮮やかさが眩く輝く「Some Things Never Seem To Fucking Work」、艶やかな花畑を跳ねて歩いているうちに、静かで奥深い森の中に彷徨い込んだような錯覚に陥るシンセ使いは不思議な魅力いっぱい。スカスカな空間の中で静電気みたいにパチパチと明滅するビートがミステリアスさを加速させるヒリヒリ系の微弱アッパー「Locked In Closets」は、昔のKelisをミネラルウォーターで薄めて澄んだのどごしにした感触かな(意味不明)。けしてタフで骨太って感じではないけれど、それなりにグルーヴがあってサイバーファンクといった形容をしたくなる小気味よい一曲。ぼわぼわと輪郭の朧げなシンセが明滅しながら虚空に消える感覚が儚げで美しい「Lovers In The Parking Lot」、深みと慈愛に満ちたSolangeのエスプレッソみたいなヴォーカルがハートにじんじん沁みるサイバー風味のバラード。とっ散らかった電子音がキラキラ輝く不可思議なオモチャ曲「Don't Let Me Down」も、レトロなんだけれどヘンテコな電子音の瞬きがやけにアヴァンギャルドでもあったりして面白い。遥か深い海中で聴いているような、そんな電子音の振幅と蒼く澄んだ音色がじわじわとハートを浸食するヒーリングスロウ「Looks Good With Trouble」は素晴らしい、わずか一分半の短い曲なんだれど一気に引きずり込まれるんです(溺)。最後を飾るのは「Bad Girls (Verdine Version)」で、これなんかはモロにFrank Oceanっぽいネットリとピンクの靄がかったトローリ蜜味のスロウで、Solangeの吐息みたいなふんわり柔らかく官能的なヴォーカルが纏わりつくパルファム曲(魅惑)。

姉のBeyonceと比べても、それほど力強く芯のある歌声という訳ではないので、こういう柔らかな陰影のある光芒シンセのトラックにはお似合いかな。EPという事でたった7曲収録なんですが、これでかえって聴き易いから成功かもしれません。僕的にはデビュー当時の直球R&Bも好きなんで複雑な心境ですが、本作はレトロモダンな前作『Sol-Angel & The Hedley St. Drerams』とまた違った魅力でグッド。ハッキリ言って好みは分かれる、僕はかなり聴く場面を選ぶと思います(慎重)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment