RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Black Eyed Peas「Elephunk」
bep-epc.jpg


同じ高校に通っていたwill.i.amとapl.de.apで当初結成されたHip Hopグループ、The Black Eyed Peasの通算三作目となる『Elephunk』を御紹介。最初は二人でAtban Klannとして活動、その後Tabooが加入して今のThe Black Eyed Peas(昔はBlack Eyed Peasで“The”は付いてなかった)が誕生しました。本作からは女性シンガーのFergieが参加、The Black Eyed Peasにとっても出世作となりました。
もう皆様所持しているであろう本作ですが……内容はといいますと良い意味でポップさを兼ね備えたHip Hopが展開されていて、初心者でも聴き易い一枚に仕上がっています。最初に書いておきますと、全曲をThe Black Eyed Peas(以降はBEPと表記)の頭脳であるwill.i.amが製作を担当しています、彼は本当にProducerとしても優れた才能の持ち主ですよね(感心)。まずは幕開けを飾る「Hands Up」、Yma Sumac「Do Mama」を下敷きにしたファンキーなホーンが鳴るトラックにメンバーの早口フロウが乗っかるナイススタート。「Labor Day(It's a Holiday)」ではThe Jbs「The Grunt」を下敷きにしたこれまたファンキーなトラックメイクで聴き手を乗せてくれます、ここにきてFergieの歌声がきちんと聴けて、彼女もなかなか歌が上手くて良い味出しているではありませんか。そんなFergieの力強く張り上げる歌声で幕を開ける「Let's Get Retarded」は最高に盛り上がる、力強いビートにこれまた分かりやすいフックが思わず一緒に口ずさみたくなるアッパー曲。しかし本作で最も強力な爆弾となったのはやはり「Hey Mama」、ちょっぴり民俗音楽(アジア~インド)っぽいエッセンスを加えたハンドクラップ鳴り続けるトラックが最高に熱いダンストラック。全メンバーの持ち味が充分に活かされて各パートを楽しめる、こういうメロディセンス(様々な要素を飲み込み消化した感覚)はwill.i.amの感性でしか成し得ない世界で、心も体も踊らずにはいられません(動跳)。「Shut Up」ではFergieを最も前面に押し出しそのボーカル魅力を伝える事に成功、ちょっぴり西部劇っぽい哀愁メロディも素敵。単純なループで上下してバウンスさせる「Smells Like Funk」も、爪弾くギターがスパイシーでスパニッシュな「Latin Girls」も、どこか遠くへと飛んでゆく伸びやかで広大なほぼFergieソロ曲の「Fly Away」も、電子的なバウンスでクールに疾走する先鋭的なファンク「The Boogie That Be」も、本作唯一のapl.de.apとwill.i.amによる共同制作曲であるThe Fugeesっぽいざらついた感触の哀愁曲「The Apl Song」も、あのPapa Roachをゲストに迎えガッチガチのロックトラックで縦横無尽に激しく暴れる「Anxiety」もカッコイイ、どれもがキャッチーで聴き易く、全ての聴き手に間口を広げた作り。そして世界中の人が聞いたであろう特大ヒット曲が「Where Is the Love?」、will.i.amとRon Fairが製作したこの世界平和ソングは多くの人々の胸を打ちました(涙)。メロディの綺麗なトラックはさることながら、ここはやはりフックを担当したJustin Timberlakeの歌声(ファルセット)があまりに優しく美しい、Fergieという歌い手がいながら敢えてJustin Timberlakeを起用したwill.i.amの慧眼さに感服です(天晴)。Justin Timberlakeのフィールドを大きく拡げたという意味でも非常に大きな意味を持つ一曲、勿論BEPにしても彼らをだ評する様な名曲誕生となりました。

何度も繰り返し言う様ではありますが、あまりHip Hopに慣れ親しんでいない方でもすんなり聴いて楽しめる一枚だと思います。世間様では“何故Fergieなんか入れたんだ”なんて声もあるみたいですが、僕は全然アリだと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment